それでも僕らは走り続ける(Netflix)6話ネタバレあらすじ!ダナとヨンファの関係は?ソンギョムがミジュに告白!

5話でミジュがウシクのインタビューを翻訳した記事がアメリカのスポーツ誌に掲載されます。

その記事を読んでウシクが引退することを知ったソンギョムはウシクを探します。

そんなソンギョムの前にミジュが現れ抱きしめます。

「それでも僕らは走り続ける」6話ネタバレあらすじは?

ミジュの家に行くソンギョム

ソンギョムはウシクに連絡します。

そしてホテルを用意したからおばあさんと一緒に来てと言います。

しかしウシクは少し時間をくださいと答えます。

ミジュはカフェで仕事をしています。

その時ダナが店に来ます。

そしてヨンファの絵を買いたいと言います。

しかし店にある絵は買ったわけではないので作者と話してもらえますかと言われます。

ダナはだったら諦めようとつぶやきます。

その後ダナのもとにソンギョムがやってきます。

ダナはソンギョムとの契約解除の書類を渡します。

その話を聞いていたミジュは思わず声を出します。

そしてミジュはソンギョムを引き取ろうとします。

しかしソンギョムは他に行くところがあると言います。

ソンギョムは人生に退屈を覚えたことはない、なぜなら自分の人生に興味がなかったから、どうして自分を愛せないんだろうと思います。

そしてソンギョムはミジュのところに行き本当に行ってもいいですか?と尋ねます。

数日間だけでもというソンギョムにミジュは行きましょうと答えます。

ソンギョムはミジュとメイが暮らす家に行きます。

しかし2人は昼夜逆転しているのでなかなか会うことは出来ません。

ダナは異母兄弟の兄と美術館に飾る絵のことで言い争いになります。

そしてその時ヨンファの絵が思い浮かびます。

ソンギョムは買い物をしている時にヨンファと出会います。

ヨンファは買い物を奢ってくれたソンギョムを兄貴と呼んでなつきます。

家に帰ったソンギョムらミジュの部屋を見学します。

そこでソンギョムはミジュに3食きちんと食べないのは問題ですよと言います。

これにミジュはお暇なようでと答えます。

ソンギョムは僕と遊んでくれる約束は?と尋ねます。

ミジュは私だって遊びたいけど仕事がと答えます。

ヨンファに絵を頼むダナ

しかし翌朝ミジュは私も走ります、走る理由を知りたくてと言います。

ミジュはソンギョムにコーチをしてもらいながら一緒に走ります。

そして走りがあなたの言語だったんですねと言います。

ダナは以前自分の秘書を蹴った兄を蹴ります。

秘書はなぜご存知でと尋ねます。

これにダナは仕返ししてあげたのにお礼もなし?と答えます。

秘書は代表のものが傷ついたら代表が仕返しするのが自然かとと答えます。

ヨンファは秘書に呼ばれてダナの会社に行きます。

ダナはカフェの絵を売ってほしいと言います。

僕の絵が気に入っているんですねというヨンファにダナは絵に私の時間を感じると答えます。

ヨンファはあれはカフェのための絵なので他の場所には合いませんと言います。

ソミョン美術館でもとダナは尋ねます。

これにヨンファはそれなら新しく描きますと答えます。

ダナはラフスケッチは1週間以内にと言います。

これにヨンファは返しますねと紙袋を置いて帰ります。

紙袋には50万ウォンとヨンファの母親から送られてきた蜂蜜が入っていました。

その時ダナにヨンファから両親が養蜂をしているんです、プライベート用の携帯で返信してくださいとメッセージがあります。

ソンギョムはミジュとかつての恩師に会いに行きます。

そして陸上部の監督を引き受けてほしいと頼みます。

しかし監督な私は今の生活を気に入っていると断ります。

これにミジュはなぜ陸上界に戻りたくないのかと尋ねます。

監督は2人に出ていってくれと言います。

酔っ払ったミジュは私を好きになってとソンギョムに言います。

ソンギョムはこれにもう好きだけどと答えます。

「それでも僕らは走り続ける」6話感想は?

6話は大きな展開はありませんでした。

ただダナとヨンファの間が少し進展した気がします。

これから2人の関係がどうなるのが楽しみです。

そしてソンギョムはミジュに好きだと答えます。

これから2人の関係は進展するのでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「それでも僕らは走り続ける」6話をお送りしました。

ソンギョムとミジュの関係は進展するのでしょう。

次回が待ち遠しいです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)