ジュディ(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評価や主演キャストの演技評価など!

主演『レネー・ゼルウィガー』

『第92回 アカデミー賞』主演女優賞

『第77回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)

スポットライトの中、愛を求めて・・・

47歳で散った、伝説のミュージカル女優『ジュディ・ガーランド』

主演『オズの魔法使』

17歳でスターになって始まった、波乱の人生!

誰も知らない、その後のジュディ・・・

人の心にまっすぐに届く歌声と、エモーショナルなパフォーマンス!

没後50周年を迎え、いよいよ日本にも熱い旋風を巻き起こす!

感動と慟哭の実話!

ジュディ(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評価や主演キャストの演技評価など!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『ジュディ 虹の彼方に』ネタバレ・あらすじ

1939年、ハリウッド黄金期を象徴する映画『オズの魔法使』

主役『ドロシー』役に大抜擢された『ジュディ・ガーランド』

17歳にして、一躍スターダムを駆け上がる。

だが、華麗なるキャリアのスタートは、波瀾万丈の人生の幕開けでもあった。

ジュディは、幼い頃からスレンダーな体形をキープさせられて、

何時間も眠らずに働けるようにと、映画スタジオから薬漬けにされていた。

彼女を支配下に置く為の、様々なハラスメントを受けていた。

その結果、不朽の名作『スタア誕生』で、

1955年『アカデミー賞』主演女優賞にノミネートされるなどの栄光と、

不眠症や不安神経症に悩まされ、入退院を繰り返すという闇を、幾度となく往復していた。

かつては、ミュージカル映画の大スターとして、ハリウッドに君臨していたジュディ。

1968年、窮地に立たされていた。

度重なる遅刻や無断欠勤のせいで、映画出演のオファーも途絶える。

今では、巡業ショーで生計を立てているのだが、住む家もなく借金は膨らむばかり。

まだ、幼い娘と息子をやむなく元夫に預けたジュディ。

ロンドンのクラブで、5週間にも及ぶ連続ライブに出演する為に、独り旅立つ。

英国での人気は今も健在だったが、いざ初日を迎えると、プレッシャーから『歌えない』と逃げ出そうとするジュディ。

だが、一歩ステージに上がると、たちまち一流エンタテイナーと化して観客を魅了する。

ショーは、大盛況でメディアの評判も上々。

新しい恋とも巡り合い、明るい未来に心躍るジュディ。

だが、子供たちの心が離れていく恐れと、全存在を歌に込める疲労から追い詰められ、

ついには、舞台でも失態を犯してしまう。

そんなジュディが、47歳の若さで亡くなる半年前、1968年の冬に行われたロンドン公演の日々が今、明かされる。

ジュディの知られざる苦悩、子供たちへの深い愛情。

『ミッキー・ディーンズ』(ジュディの5番目かつ最後の夫)との恋。

まるで命を燃やし尽くすようだったと証言される、ミュージカル史上最高峰の女優の最後のショーの全貌とは・・・

監督ルパート・グールド(Rupert Goold)
出身イングランド・ロンドン・ハイゲート
生年月日1972年
経歴『ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー』アソシエイト・ディレクター
『アルメイダ・シアター』芸術監督などを歴任。
『ローレンス・オリヴィエ賞』2度受賞。
フリーの演出家として『ガラスの動物園』(アポロ・シアター)
『TIME AND THE CONWAYS』(ナショナル・シアター)
『トゥーランドット』(イングリッシュ・ナショナル・オペラ)
『オリバー!』(ドゥルリーレーン・シアター・ロイヤル)など、話題の舞台を演出。
主演『レイフ・ファインズ』舞台『リチャード3世』
2016年、世界中の映画館で、ライブビューイングが実施。
2015年『トゥルー・ストーリー』長編作品デビュー。
2017年、演劇への功績を讃えて『大英帝国憲章』授与。

主な監督作品
2012年『嘆きの王冠 ~ホロウ・クラウン~/リチャード二世』兼脚本
2015年『トゥルー・ストーリー』兼脚本
2019年『ジュディ 虹の彼方に』

『ジュディ・ガーランド』Judy Garland(1922年6月10日~1969年6月22日)

20世紀を代表する天才エンタテイナー。

1939年『オズの魔法使』少女『ドロシー』役で、ブレイク。

他の追随を許さない、圧倒的な演技力と歌声。

17歳にして、スターとなる。

その後『スタア誕生』などで、抜群の歌唱力を披露。

1940~1950年代のハリウッドを代表する女優になる。

一方で、少女時代から受けていた、映画スタジオによる薬物コントロールが原因で、

不眠や神経症に悩まされたり、5人の男性と結婚と離婚を繰り返すなど、波乱に満ちた生涯を送る。

1969年、薬物の過剰摂取により、47歳で急逝。

『オズの魔法使』で彼女が歌い、スタンダードとなった名曲

『オーバー・ザ・レインボー/虹の彼方に』終生のテーマソングとなった。

アメリカやイギリスでは、今なお絶大な支持を集め、CD・DVD・伝記本が頻繁に発売されている。

1955年『ゴールデン・グローブ賞』最優秀女優賞『スタア誕生』

1966年『生涯功労賞』受賞。

『グラミー賞』受賞2回、1999年『生涯功労賞』受賞。

映画・テレビのデータベースサイト『IMDb』(インターネット・ムービー・データベース)

『偉大なハリウッド女優100人』『第24位』

長女の『ライザ・ミネリ』は、女優・歌手。

1963年、ブロードウェイでデビュー。

1965年、ブロードウェイミュージカル『Flora the Red Menace』

『トニー賞』主演女優賞受賞。

1967年、女優として本格的に活動する。

1972年、映画『キャバレー』で、主演を演じる。

1973年『アカデミー賞』主演女優賞『ゴールデングローブ賞』主演女優賞のダブル受賞。

歌唱力と演技力が高い評価を受ける。

Sponsored Links

『ジュディ 虹の彼方に』キャスト

ジュディ・ガーランド『レネー・ゼルウィガー』

名前レネー・ゼルウィガー(Renée Zellweger)
出身アメリカ・テキサス州・ベイトン
生年月日1969年4月25日
経歴『第10回 インディペンデント・スピリット賞』新人俳優賞(ノミネート)
『レニー・ゼルウィガーの 危険な天使』
『第12回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞(ノミネート)
『草の上の月』
『第2回 放送映画批評家協会賞』ブレイクスルー賞
『ザ・エージェント』
『第58回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
『ベティ・サイズモア』
『第74回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第59回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)
『第55回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『ブリジット・ジョーンズの日記』
『第75回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第60回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
『第56回 英国アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第9回 全米映画俳優組合賞』主演女優賞
『シカゴ』
『第76回 アカデミー賞』助演女優賞
『第61回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞
『第57回 英国アカデミー賞』助演女優賞
『第9回 全米映画俳優組合賞』助演女優賞
『第9回 放送映画批評家協会賞』助演女優賞
『コールド マウンテン』
『第62回 ゴールデン・グローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)
『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』
『第64回 ゴールデン・グローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)
『ミス・ポター』
『第92回 アカデミー賞』主演女優賞
『第77回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)
『第73回 英国アカデミー賞』主演女優賞
『第35回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞
『第26回 全米映画俳優組合賞』主演女優賞
『第25回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞
『ジュディ 虹の彼方に』

主な出演作品
1993年『バッド・チューニング』
1994年『リアリティ・バイツ』『エイト・セカンズ/伝説の8秒』
『レニー・ゼルウィガーの 危険な天使』
1995年『悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイス』
『The Low Life』『エンパイア レコード』
1996年『草の上の月』『ザ・エージェント』
1997年『ライアー』
1998年『しあわせ色のルビー』『母の眠り』
1999年『プロポーズ』
2000年『ベティ・サイズモア』『ふたりの男とひとりの女』
2001年『ブリジット・ジョーンズの日記』
2002年『ホワイト・オランダー』『シカゴ』
2003年『恋は邪魔者』『コールド マウンテン』
2004年『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』
2005年『シンデレラマン』
2006年『ミス・ポター』
2008年『かけひきは、恋のはじまり』『アパルーサの決闘』
2009年『New in Town』『たった一人のあなたのために』『ケース39』
2010年『My Own Love Song』
2016年『砂上の法廷』『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
2017年『奇跡の絆』
2018年『Blue Night』
2019年『ジュディ 虹の彼方に』

シドニー・ラフト『ルーファス・シーウェル』

名前ルーファス・シーウェル(Rufus Sewell)
出身イングランド・ロンドン
生年月日1967年10月29日
経歴『第71回 エミー賞』ゲスト男優賞(コメディシリーズ)(ノミネート)
『マーベラス・ミセス・メイゼル』
2006年『英国アカデミーテレビ賞』主演男優賞(ノミネート)
『シェイクスピア21-じゃじゃ馬ならし』

主な出演作品
1991年『21/Twenty-One』
1994年『マン・オブ・ノー・インポータンス』
1995年『ヴィクトリー/遥なる大地』『キャリントン』
1996年『ハムレット』
1998年『娼婦ベロニカ』『ダークシティ』
『マーサ・ミーツ・ボーイズ』『天井桟敷のみだらな人々』
2000年『ブレス・ザ・チャイルド』
2001年『ROCK YOU!』
2002年『EX エックス』
2005年『レジェンド・オブ・ゾロ』
2006年『トリスタンとイゾルデ』『パリ、ジュテーム』
『ホリデイ』『アメイジング・グレイス』『幻影師アイゼンハイム』
2008年『変態島』
2010年『ツーリスト』
2012年『リンカーン/秘密の書』
2013年『デッドゲームシティ』
2014年『ヘラクレス』
2016年『キング・オブ・エジプト』
2019年『ジュディ 虹の彼方に』
2020年『The Father』
2021年『Untitled Elvis Presley Project』

バーナード・デルフォント『マイケル・ガンボン』

名前マイケル・ガンボン(Michael Gambon)
出身アイルランド・ダブリン
生年月日1940年10月19日
経歴1993年『サターン賞』主演男優賞(ノミネート)
『トイズ』
1987年『英国アカデミーテレビ賞』主演男優賞
『The Singing Detective』
2000年『英国アカデミーテレビ賞』主演男優賞
『Wives and Daughters』
2001年『英国アカデミーテレビ賞』主演男優賞
『経度への挑戦』
2002年『英国アカデミーテレビ賞』主演男優賞
『Perfect Strangers』
2003年『ゴールデングローブ賞』主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)
(ノミネート)
2002年『エミー賞』主演男優賞(ミニシリーズ・映画)(ノミネート)
『ジョンソン大統領/ヴェトナム戦争の真実』
2010年『エミー賞』助演男優賞(ミニシリーズ・映画)(ノミネート)
『Emma』

主な出演作品
1985年『海に帰る日』
1988年『パリスbyナイト』
1989年『レイチェル・ペーパー』『白く渇いた季節』
『コックと泥棒、その妻と愛人』
1991年『モブスターズ/青春の群像』
1992年『トイズ』
1994年『探偵ボーグ/わたし、忘れてます。』
『マン・オブ・ノー・インポータンス』
1995年『国際諜報員ハリー・パーマー/Wスパイ』
『ナッシング・パーソナル』
1996年『謀殺』『ジキル&ハイド』
1997年『鳩の翼』
1999年『プランケット&マクレーン』『インサイダー』
『スリーピー・ホロウ』
2001年『ゴスフォード・パーク』『シャーロット・グレイ』
2002年『アリ・G』
2003年『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』『シルヴィア』
2004年『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『華麗なる恋の舞台で』
『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』『レイヤー・ケーキ』
2005年『ライフ・アクアティック』 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
2006年『オーメン』『アメイジング・グレイス』『グッド・シェパード』
2007年『恋愛上手になるために』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
2008年『情愛と友情』
2009年『ハリーポッターと謎のプリンス』
2010年『ザ・ウォーカー』『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
『英国王のスピーチ』
2011年『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
2012年『カルテット!人生のオペラハウス』
2017年『キングスマン:ゴールデン・サークル』
『英国総督 最後の家』『ヴィクトリア女王 最期の秘密』
2018年『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』『King of Thieves』
『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』
2019年『ジュディ 虹の彼方に』『Cordelia』

ミッキー・ディーンズ『フィン・ウィットロック』

名前フィン・ウィットロック(Finn Wittrock)
出身アメリカ・マサチューセッツ州
生年月日1984年10月28日
経歴2015年『エミー賞』助演男優賞(リミテッドシリーズ・映画)(ノミネート)
2015年『放送映画批評家協会テレビ賞』助演男優賞(映画・リミテッドシリーズ)
(ノミネート)
2015年『チェーンソー賞』テレビ助演男優賞(ノミネート)
『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』
2018年『エミー賞』助演男優賞(リミテッドシリーズ・映画)(ノミネート)
『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』

主な出演作品
2010年『TWELVE トゥエルヴ』
2014年『ニューヨーク 冬物語』『ノア 約束の舟』
『不屈の男 アンブロークン』
2015年『My All American』『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
『The Submarine Kid』
2016年『ラ・ラ・ランド』
2017年『Landline』『A Midsummer Night’s Dream』
2018年『意表をつくアホらしい作戦』『Write When You Get Work』
『Locating Silver Lake』『ビール・ストリートの恋人たち』
2019年『The Last Black Man in San Francisco』『Plus One』
『ジュディ 虹の彼方に』『Semper Fi』
2020年『Deep Water』

Sponsored Links

『ジュディ 虹の彼方に』海外の評価や主演キャストの演技評価など!

本作の海外評価、主演『レネー・ゼルウィガー』の演技評価は、御存じの通りだと思います!

『第92回 アカデミー賞』主演女優賞

『第77回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)

『第73回 英国アカデミー賞』主演女優賞

『第35回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞

『第26回 全米映画俳優組合賞』主演女優賞

『第25回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞

『2019年9月27日』アメリカ461館で、限定公開。

上映館数が一桁多い作品群と肩を並べ『ボックスオフィス』週末興行成績『第7位』を記録します!

孤独と喪失、観客の前に立ち続けた偉大なパフォマーの圧巻のステージ。

迫力のラストに、観客を引き込む監督の手腕にも脱帽。『フロントロウ』

『ボヘミアン・ラプソディ』『ロケットマン』に続く、新たな伝記映画。傑作!『タイムズ』

ゼルウィガーは、ジュディを見事に演じ切り、愛と共感を与えてくれた。『ヘラルド』

輝く才能に恵まれた少女が、いかに業界に子ども時代を奪われたのか、

アイコン的スターが、いかに勇気を振り絞って最後の舞台に立ったのか、ジュディの真実を目撃する。『デイリーテレグラフ』

珠玉の映画体験、忘れ得ぬ夜となった。『デイリーメール』

本作は、批評家から、高評価を得ています。

映画批評集積サイト『ロッテン・トマト』

現在、310件のレビューがあります。

平均点『10点満点/6.97点』批評家支持率『82%』トマトメーターが75%以上の『フレッシュ認定』です!

批評家の見解の要約です『レネー・ゼルウィガーの迫真の演技のお陰で『ジュディ』は多くの人々から愛されたエンターテイナーの晩年を曇りのない目で捉えることができた。』

『そこには、ジュディ・ガーランドへの同情の念が込められている。』

映画・ゲーム・テレビ番組・ミュージックの評価レビュー集積サイト『メタクリティック』

現在、46件のレビューがあります。

『メタスコア』(加重平均値)は『66/100』と高評価です。

シネマスコアは『A-』です。

『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ『シカゴ』『コールド マウンテン』

数々のヒット作に出演、オスカーを獲得した『レネー・ゼルウィガー』

2010年10月公開『ケース39』から、映画出演もなく、公の場所に、ほとんど姿を現さなくなります。

2016年、公開作品までの『空白の期間』

彼女に何があったのか・・・

オンラインマガジン『デッドライン』ファッション誌『ヴォーグ』のインタビューに答え、

『表舞台』から遠ざかっていた理由を明かしました。

『スケジュールに追いかけられていて、自分を大切にしていなかった。』

『疲れ果てていて、必ずしも健全とは言えない選択をすることもあった。』

『そういうものから離れる必要があったのよ。』

『他のことに挑戦する必要があった。』

『長い間、私が尽くしてきたスケジュールには入りこむ隙がなかったものにね。』

キャリアを考えれば、休みを取ることを躊躇しそうになるが、

『素晴らしくクリエイティブな仕事を断るのに、いいタイミングなんてない。』

『それでも成長しなくてはいけなかったし、これまでとは違ったやり方で自分自身に挑戦して目的を見つけなくてはと思ったの。』

『撮影現場や映画の宣伝、ドレスやハイヒールの世界の外で生き、本当の意味で人と交流したかった。』

何年間も業界から離れたが、それは彼女にとって『良い選択』だったという。

『そう、人間らしく人々と交流できたわ。』

『それに人生経験がないと、良きストーリーテラーになるのは無理。』

『自分以外の人間を理解することもね。』

Sponsored Links

まとめ

映画『ジュディ 虹の彼方に』を、まとめてみました。

『2020年3月6日』全国ロードショーです!

『レネー・ゼルウィガー』の演技が楽しみですね!

厳しいレッスンの末、全曲を自ら歌いあげて、ジュディ役に持てる全才能を注ぎ込みました。

ラスト7分!魂の『オーバー・ザ・レインボー』

虹の彼方どこか遠く空がとても青くて

そこではどんなに大きな夢も必ず叶うらしい

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)