姉ちゃんの恋人|9話(最終回)ネタバレ考察と感想!同時多発ラブ完了!幸せの地球儀?

桃子(有村架純)と真人(林遣都)に幸せのメリークリスマスを手に入れてほしい!

誰もがそう願ってしまうこれまでのストーリーでしたが、とうとう最終回です。

日南子(小池栄子)と悟志(藤木直人)、みゆき(奈緒)と和輝(高橋海人)の恋もいよいよクライマックス。

みんなの幸せが地球を救う!それでは最終回をご紹介します。

姉ちゃんの恋人9話(最終回)ネタバレ

同時多発ラブ完了へのカウントダウン

桃子が真人を連れて家に帰ってくると、弟たちが出迎え、みゆきと真人は初めて顔を合わせて挨拶をします。

優輝(日向亘)や朝輝(南出凌嘉)たちがクリスマスパーティーの準備を終えると、桃子が挨拶をして、パーティーが始まります。

食事が進み、安達家恒例の悩みや心配事を言い始めます。

和輝は就活、優輝は進学、朝輝は姉ちゃんと和輝に恋人が出来て家族がバラバラになるのが心配だと告白します。

みゆきは仕事がない事が怖い、真人は自分のせいで好きな人をたちに嫌な思いをさせたくない。

桃子は今が幸せのピークだったら嫌だと心配して、みんなの心配事はみんなで受け止めます。

話し終えると、プレゼント交換が始まり、みんなが笑顔になります。

和輝はみゆきに”弟の彼女”のたすきをかけ、真人には”姉ちゃんの恋人”のたすきをかけて、安達家のクリスマスパーティーはみんな笑顔で終わります。

夜のBARでは、悟志が社長であることを知った日南子が1人で飲んでいると、悟志がやってきます。

日南子は悟志の横顔に恋心をトキメかせますが、相手は社長だと気持ちを落ち着かせながら悟志と話します。

朝、職場では桃子たちが社長が代わる話をしています。

弁当屋「藤吉」では真人が職場のクリスマスパーティーに貴子(和久井映見)と藤吉(やついいちろう)を誘います。

夜のデートで和輝はみゆきとプレゼント交換をしますが、お互い同じマフラーをプレゼントして驚きます。

年の差を気にしていたみゆきは和輝と同じ気持ちになれた事を喜んで、改めて和輝に好きだと告白します。すると、和輝はマフラーの中でみゆきにキスします。

12月24日、ホームセンターでは新社長の挨拶が始まると、モニターに写った悟志に桃子たちは驚きます。

桃子はメールで社長のあいさつ動画を真人に送ると、寝ていた真人も驚きます。

沙織(紺野まひる)は日南子に悟志の事を聞きますが、日南子は悟志が自分に近づいたのは社内調査だったと説明します。

しかし、悟志は売り場に花束を持って現れ、みんなの前で日南子にプロポーズすると、日南子は仕事を続けることを条件にプロポーズを受けます。

日南子と悟志はみんなに祝福されて、抱き合います。

幸せの地球を見つめて

ホームセンターでは女の子がサンタの恰好をしている新之助(井阪郁巳)にプレゼントを持ってきます。

省吾(那須雄登)も女性客からカウントダウンパーティーに誘わます。

臼井(スミマサノリ)には子供の頃に捨てられた椅子の写真がメールで送られてきます。その証拠にその画像の椅子には臼井が子供の頃に書いた落書きがあります。

臼井は日南子に事情を説明して、仕事を抜けて捨てられている場所に急いで行って、椅子に座って写真を撮ります。

真人は菊雄(光石研)と河原でキャッチボールしながら、桃子と付き合うことが出来た事を感謝します。

職場ではクリスマスパーティーのためにみんなが家族や大切な人を連れて集まっていて、悟志が壇上に立って手短なあいさつをするとパーティーが始まります。

悟志はいつもの調子で真人にじゃれ合い、遅れてやってきたみゆきは仕事が決まって桃子に抱き付きます。

パーティー会場ではいろんな幸せに溢れますが、真人は桃子を連れて誰もいない売場ホールに行きます。

ホールにあるクリスマスツリーの前で、真人は話しにくそうに話し始めます。

真人が「キスしていいかな」って聞くと、桃子は「それ聞く?」と答え、「お願いします」言うと、真人は桃子にキスします。

次の日の夜、ホームセンターではニューイヤーイベントへの入れ替えが行われ、大きな地球がホールに吊り上げられると、桃子と真人は見上げ、みんなが盛大な拍手をします。

昼、道を歩く真人は桃子に車恐怖症を少しずつ乗り越えていこうと話しかけ、浜辺に座って、海を眺めます。

桃子のかばんには地球儀のキーホルダーがついています。

真人は桃子に「桃子みたいな人は、ふわふわとか、ふにゃふにゃとかしている男と結婚するのがいいかもね、例えば俺みたいな」と少し照れながら言うと、桃子は笑います。

桃子にはみんなと家で笑顔が溢れる楽しい食事をしたい夢があります。

Sponsored Links

姉ちゃんの恋人9話(最終回)感想

同時多発ラブが見事に大成功!

最終回だけでなく、林遣都さんの演技がとても良かったです!このサイトではオロオロ真人として揶揄(やゆ)していましたが、それがすごく良かったです。

素直で、純粋、まっすぐに生きる真人と桃子には絶対に幸せになってほしい!

日南子と悟志の大人の恋、みゆきと和輝の若者の恋、貴子と藤吉の熟練の恋(こちらはこれからかな)、たくさんの恋があって、とても良かったです!

ドラマを見てるだけで幸せ気分になれました。

最後に2人をつなげるきっかけとなった地球儀が登場して、平和を願ってる感あふれまくり!

ハッピー&ピース!!

小さな幸せが集まった素晴らしい最終回でした!

 

Sponsored Links

姉ちゃんの恋人9話(最終回)のネットの反応

皆さん、幸せな気持ちになれて、ご満悦のようです

林遣都さんの演技に見入ってしまいました。最後は真人が笑顔になって、期待を裏切らないいいドラマでした。

Sponsored Links

姉ちゃんの恋人9話(最終回)まとめ

凄くよかった!みんな幸せで、見ている私も幸せ。本当に真人が笑顔になって良かったです。

笑っている桃子と真人を見ていると私も幸せになった気分になりました。

ハッピーメリークリスマス!!もう一回はじめから見よう!!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)