危険なビーナス|10話(最終回)ネタバレ考察とあらすじ!遂に犯人登場!楓の正体判明!

すべての謎が明らかになる!!

・失踪した明人の行方?
・禎子の死の真相は?
・楓の正体は?
・明人を誘拐した犯人は誰か?
・”貴重なもの”は見つかったのか?

謎だらけの物語も遂に終幕!そして、矢神家の行方は・・・。

危険なビーナス10話(最終回)ネタバレ

遂に犯人登場!

親族会議が始まると、牧雄(池内万作)が後天性サヴァン症候群の研究記録を持って部屋に入ってきますが、伯朗(妻夫木聡)は記録は偽物だと見破ります。

祥子(安蘭けい)は佐代(麻生祐未)が母を殺したと逆上すると、波恵(戸田恵子)は一括して騒ぎを制止します。

次に佐代が波恵の過去をみんなの前で公表します。

君津は波恵の前の夫の子供だというと、波恵は康之介(栗田芳宏)と君津のDNA鑑定書を見せて佐代たちを納得させます。

波恵は康之介を恨んでいて、過去に康之介を殺して、矢神家を崩壊させようとしていたが、伯郎と明人を見てそれを止めました。

伯朗は波恵に明人を誘拐した犯人からのメールを見せて、”貴重なもの”を探して明人を助けると断言します。

伯朗は兼岩家に行き順子(坂井真紀)に会って、小泉の家や禎子について聞いて、一清(R-指定)の作品の写真が1枚抜けたアルバムをみせます。

伯朗は楓(吉高由里子)と小泉の家に行って庭を掘り始めます。すると、一緒に来ていた勇磨(ディーン・フジオカ)が後天性サヴァン症候群の研究記録を持ってきます。

勇磨は以前、伯朗が探した押し入れの天井裏から見つけました。

伯朗が犯人にメールすると、犯人から”動物病院のポストに次の指示を入れました”と返信が来ます。

伯朗たちが小泉の家を出ますが、再び小泉の家に戻るとそこには兼岩憲三(小日向文世)がいます。伯朗は憲三が”寛恕の網”を探している事に気づいていました。

憲三はなくなっていた写真を伯朗と楓に見せます。一清が描いた”寛恕の網”は数学者のウラムの螺旋より緻密で完璧な法則性を持っていました。

寛恕の網には素数の配列の秘密が隠されていて、素数はセキュリティシステムの暗号に使われて、世界中のセキュリティシステムを解除できる可能性があります。

憲三は禎子が亡くなる前から寛恕の網を探していて、明人に気づかれることなく寛恕の網を手に入れたかった。

憲三が牧雄の命を狙ったのは牧雄が寛恕の網の価値に気づくと思ったからで、禎子(斉藤由貴)を殺したのも寛恕の網を探している時に見つかったからでした。

禎子は寛恕の網の秘密を知っていて、憲三には渡しませんでした。

楓の正体判明!


明人を誘拐したのも憲三でした。憲三は伯朗たちの隙をついて、楓を人質に取って、家に灯油をまいて、火をつけようとします。

憲三は伯朗に絵を見つけるように指示しますが、楓が憲三の隙をついて逃げ出すと、火のついたライターが畳に落ちて、家が燃え始めます。

伯朗は憲三を連れて逃げますが、昔、明人とふすまに切紙を貼ったことを思い出して、部屋に戻ります。

伯郎がそのふすまを破ると、中から寛恕の網が出てきて、炎の中で取り出そうとしますが、突然、明人が現れて伯朗を助けます。

寛恕の網は家とともに燃えます。

翌日、警視庁で伯郎は明人から話を聞きます。

10月2日、明人は父の容態が悪化したと聞いて日本に戻ってきましたが、空港で警視庁の刑事が待っていて、明人を一週間換金すれば報酬100万円と書かれたメールを見せられました。

刑事は明人を拉致監禁して、相手の出方を伺おうと考え、明人はその提案に乗りました。明人は犯人は矢神家の誰かだと考え、禎子の死が関係していると警察に再捜査を頼みました。

そこで、警察では潜入捜査が決定された・・・、と話していると、楓が部屋に入ってきて、刑事が楓は捜査一課の刑事だと紹介すると、伯朗は驚いて苛立ちます。

明人が伯朗に黙っていたのは刑事からの頼みでしたが、勇磨には盗聴されてバレていました。昨日、小泉の家に明人が現れたのは明人が伯郎と楓をつけていたからでした。

説明を受けても伯朗は納得しない表情でしたが、「明人が無事でよかった」と明人を抱きしめます。

明人と刑事が部屋から出て、伯朗と楓は2人になります。

伯朗はすべて芝居だったのか楓に尋ねると、楓は「はい」と答えます。伯朗は楓に今まで何だったのか責めます。

楓は伯朗の前では明人の妻になり切っていました。楓の話を聞く伯郎の目には不条理さに涙が溢れますが、楓が謝ると伯朗は「お勤めご苦労様です」と言葉を残して警視庁を出ます。

楓は伯朗からもらった禎子の形見を見つめながら伯郎とのやり取りを思い出して涙を流します。

伯朗は兼岩家に行き、禎子の仏壇の前で順子と話します。順子が「憲三の事を嫌いになれない」と泣きながら話すと、伯朗は「それでいいんじゃない」と優しく答えます。

日が過ぎ、動物病院ではこれまで通りの日々が過ぎています。

夜、焼き鳥「鶏四季」で、楓がお酒を飲んでいると、元美(中村アン)が現れて、伯朗とデートすることになったことを話します。

元美には楓の行動がすべて演技だったとは思えません。

矢神家の庭で伯郎と明人が話します。

禎子が寛恕の網を残していたのは一清と伯郎の最後の思い出だったからで、貞子は寛恕の網を伯朗に渡したかった。

禎子は伯郎と明人を平等に愛していたと伯朗と明人はお互いに話します。

明人は百合華と結婚しますが、伯朗は矢神家には戻らず、手島のまま生きていきます。

屋敷に入った伯郎は波恵から楓に渡した禎子の形見を受け取ります。

波恵は矢神家が以前より風通しが良くなったと感じています。

遺産はすべて明人が引き継ぎ、研究記録は勇磨が手に入れました。

伯朗は元美とのデートのつもりで行ったホテルのディナーの部屋で、元美の代わりに来ていた楓に再会すると、楓の話を聞くこともせずに楓を抱きしめます。

Sponsored Links

危険なビーナス10話(最終回)感想

謎解きのドラマですが、美女の誘惑に弱い伯郎の妄想も目が離せない。男ってほんと、妄想しますよね。

”何てことにならないとは限らない”、最後まで可能性を見出してしまう・・・。

最後の最後でも手てきましたね。最後は可能性を信じてよかった!

さて、危険なビーナスの題名に見合うように、全編を通して楓がガンガン、ぐいぐい引っ張る展開が続きました。

でも、単純で人を信用しやすい伯郎とは違い、狡猾な勇磨は一足先に楓の正体に気がつきましたよね。でも、これも伯郎のいいところですよね。

私は勇磨より伯郎派です。

SNSではディーン・フジオカさんかっこいい!コメントがたくさんありましたが、妻夫木聡さんの素直な伯朗が大好きです!

真犯人はかなり意外な人物でしたが、こういうのもありですね。

最終回ですべての謎が解けましたが、麻生祐未さん(57才)の若さの謎は解けませんでした。

やっぱり子供がディーン様なら母親も気合が入って若返るのでしょうか。

Sponsored Links

危険なビーナス10話(最終回)のネットの反応

意外な真犯人に驚いた人が多いようです。確かに、禎子を殺害したのが憲三さんだったなんて。

競馬なら大外から飛んできた!野球ならデッドボールでサヨナラ勝ちって感じです。

Sponsored Links

危険なビーナス10話(最終回)まとめ

ほんとに謎が多かったです。

楓が本当に明人の妻なのか?から始まって、話が進むほど謎が深まるばかり。

すべては最終回のために!って感じの見事な謎解きドラマ。

めちゃくちゃ楽しめました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)