先生を消す方程式|6話ネタバレ考察とあらすじ!復讐の義経ゾンビ!義経は生きたまま埋められていた?

伊吹命(秋谷郁甫)の蘇生術が効いたのか、刺されて埋められて死んだはずの義澤経男(田中圭)が生き返った!

でも、どこか変?

土の中から義経が這い上がってきてチョー驚き!!のシーンで終わった前話(5話)。

これから、義経の倍返しが始まるのか?そして、刀矢(高橋文哉)は弓(久保田紗友)を消すのか?頼田朝日(山田裕貴)の反応は?

どんな展開になるのか、第6話をご紹介します。

先生を消す方程式。6話ネタバレ

蘇った義経に異変!?

命が義経が埋められた場所で蘇生術を行うと、雷が落ちて義経が土の中から蘇りますが、義経は自分を殺した刀矢たちへの恨みで満たされています。

義経を殺したことを自首しようとする弓が夜の学校で刀矢たちに命を狙われますが、そこへ義経が現れます。

しかし、いつもの生徒想いの義経と違い、刀矢、弓、力(高橋侃)や薙(森田想)の4人は逃げます。

義経は校内で4人を追いかけます。

静(松本まりか)の病室では、朝日が寝たきりの静に怪しげに近づき、話しかけながら、昔、静から優しく声をかけられたことを思い出します。

学校の調理室では逃げた刀矢たちに義経が迫り、義経は弓の首をロープで絞めますが、刀矢が義経を殴り倒し、再び4人は逃げます。

義経は生きたまま埋められていた?

刀矢たちは別の部屋に隠れますが、刀矢の自分勝手な行動に弓が逆らうと、義経がドア越しに弓たちを追い込みます。

ドアを開けようとする義経は「人を不幸にした子供は消えるべき、怯えた顔、嫌いじゃないです」と声をかけドアを開けると、義経は突然姿を消して、刀矢たちは助かります。

次の日、刀矢たちは義経が蘇ったことを朝日に報告しますが、朝日は刀矢たちの話を信じません。

刀矢たちは義経が頼朝を殺すために蘇ったと説明しても、朝日は死んだ義経が生き返るわけがないと言い返します。

刀矢たちは義経を殺したのは朝日だと言うと、朝日は義経は埋める前、義経には脈があったと告白します。

刀矢たちは朝日に騙されて、生きたまま義経を埋めさせられていた。朝日は義経を殺したのは刀矢たちだと言います。

その話を義経は天井裏に隠れて聞いています。

Sponsored Links

先生を消す方程式。6話感想

ホラードラマと思わすような内容でした。

でも、土の中から出てきた義経が、サイバイマン(ドラゴンボール)に見えて、ヤムチャがやられた懐かしい名シーンを思い出しましたね。

もう私には義経を人間と見ることはできません。戦闘能力はサイバイマンと同じ1200だとすると、地球人の中では敵なしです!!

でも、最後に義経が生きていたからくりが分かって、何だ、サイバイマンじゃなかったんだ。と私の中で丸く収まりました。

Sponsored Links

先生を消す方程式。6話のネットの反応

SNSの意見も、ドラマと同じく乱れています。

その中でも、すべての元凶が静のあざとさにあったという意見には私も賛成ですね。

Sponsored Links

先生を消す方程式。6話まとめ

義経が生き返ったと思われましたが、生きたまま埋められていた事が判明しました。

しかし、それでも土の中から出てきた義経の生命力には驚きです。

刀矢たちへ復讐を始めた義経でしたが、本当に復讐だったのか、それともいつもの懲らしめだったのか。どっちだったのでしょうか?

そして、朝日にどんな復讐をするのか、次回が楽しみです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)