危険なビーナス|8話ネタバレ考察!天才を生む後天性サヴァン症候群!牡蠣が伯朗と楓を引き離す?

矢神の遺産30億より価値のある康治(栗原英雄)の研究記録。

研究の対象となっていたのは伯郎(妻夫木聡)の父・一清(R-指定)だった。

牧雄(池内万作)ははじめからその研究記録が狙いだったが、とうとう勇磨(ディーン・フジオカ)も研究記録の価値に気がつきます。

クライマックスに向けて展開が加速する第8話をご紹介します!

危険なビーナス8話ネタバレ

佐代と楓の駆け引き!

牧雄が伯郎の家で、康治の研究記録を見つけてほしいと頼みます。勇磨や牧雄を突き落とした犯人も研究記録を探している。

伯郎は研究の事について教えてもらう事を条件に依頼を受けます。

康治は一清の脳腫瘍を治すために、脳に電気刺激を与えていました。結果は上手くいっていましたが、副作用として一清は幾何学的な模様を描くようになります。

これは数学や音楽の分野で天才的な能力を発揮するサヴァン症候群の兆候であることに康治は気がつきます。

この実験結果が正しければ、意図的にサヴァン症候群、つまり天才脳を生み出すことができます。

これは人類にとって画期的な実験だったが一清は死に、その後動物実験では上手くいかず、ある日突然、康治は同研究していた牧雄にも理由を告げずに研究をやめてしまった。

牧雄は研究記録は伯郎の母・禎子(斉藤由貴)が持っているはずだと言います。

牧雄が帰った後、伯郎は楓(吉高由里子)に連絡しますが、楓と一緒にいた勇磨は伯郎も絵の意味に気づいたことを知ります。

昼食を食べる伯朗に波恵(戸田恵子)から康治が危篤になったと連絡が来て、伯朗は矢神家に行きます。

伯郎が康治の部屋につくと、危険な状態は過ぎていた。波恵は隆司(田口浩正)たちを部屋から出し、伯朗は康治に一清の事を聞きますが、返事はありません。

楓も矢神家にやってくると矢神家の親族会議が始まります。みんなが楓が明人の妻か疑っていると、勇磨が楓をかばいます。

会議後、伯郎は勇磨の行動を疑います。伯郎と楓はフラクタル図形、後天性サヴァン症候群について話します。

佐代も勇磨の行動を不信を感じ、勇磨と楓の間で何があったのか聞きますが、勇磨はまともに答えません。

 

禎子が実験記録を持っていたはずと考える伯朗は高校時代、禎子の親友だった佐代の部屋に行きます。

佐代は康之介(栗田芳宏)の部屋に伯朗を連れていきます。

伯朗は実験記録の事について聞きますが、佐代は明人(染谷将太)がどうなっているのか教えてほしいと交換条件を提示します。

伯郎は楓との約束を破り明人は行方不明だと答えますが、佐代は実験記録については本当に知らないと答えます。

ただ、佐代は生前の禎子が康治から貴重なものを頂いた事を聞いていた。さらに、佐代は勇磨と楓がつながっていると話します。

伯郎と楓は研究記録が小泉の家にあると考え、家に向かいます。

もう一人の後天性サヴァン症候群の遺族!

小泉の家で伯郎と楓は研究記録を探しますが、楓はタブレットでフラクタル図形をアップしているブログを見つけます。

絵を描いたのはブログを書いた人の父親で30年前の絵です。

楓はブログの人に会おうとしますが、伯朗は康治が父を殺し、禎子も黙認していた可能性があるとして、この件に消極的になっています。

しかし、翌日、楓はブログのメールに返信して、会うことになり、伯郎も一緒に行きます。

伯郎と楓はブログを書いた仁村香奈子に会います。

香奈子の父はある日、事故で脳に損傷を受け、フラクタル図形を書き始め、矢神康治は父の主治医からその話を聞いて香奈子の家にやってきた。

その時、康治は他にも同じ症状の人がいて、自分の治療で人を殺してしまったことも話していた。

その後、息子のために動物を実験台とした後天性サヴァン症候群の実験はやめたことを香奈子に話しにきていた。

動物実験にショックを受けていた伯郎はその話を聞いて嬉しくなります。

香奈子が帰った後、伯朗は楓に香奈子に会わせてくれたことを感謝します。

牡蠣が伯朗と楓を引き離す?

楓を信用した伯朗は佐代に明人が行方不明になったこと、楓を疑ったことを謝ります。

伯郎と楓は明人が帰ってきたら3人で食事をする約束をしますが、伯朗は明人が牡蠣を食べていた話を聞きます。

池田動物病院に戻った伯朗に波恵から明日、緊急の親族会を開くと連絡が来ます。議題は楓が明人の妻かどうか。

伯郎は波恵に子供の頃に牡蠣を食べれなかった明人が大人になって食べれるようになったのか聞くと、波恵は明人は牡蠣を食べれないと答えます。

伯郎は楓に会うために明人の家に行きます。

伯郎は玄関で楓に明人が牡蠣が嫌いだった話をします。すると、奥から勇磨が現れ、楓と勇磨は部屋に入っていきます。

酒を飲んで動物病院に戻った伯朗に看護師の元美(中村アン)は最近の伯郎の仕事への熱意が足らない事を話すと、伯朗は「僕はダメな男だ」と抱きつきます。

明人は誘拐犯から母親が譲り受けた貴重なものがどこにあるのか教えなければ、殺すと脅されます。

 

危険なビーナス8話感想

勇磨が単独行動で楓に近づいています!矢神家の親族会議でも勇磨が楓を助けて、最後には楓と家の中に消えた!

妻夫木聡さんvsディーン・フジオカさんの戦いが面白くなってきました。

せっかく、牡蠣で楓のウソを暴けると思ったのにとても残念でしたが、思わぬ展開にビックリです。

伯郎は元美にも突き放されて、みじめな男になっています。最後に元美に抱き付くところもだらしない男丸出しでした。

弱った伯郎の起死回生に期待したい。

 

危険なビーナス8話のネットの反応

たくさんの方が楓と勇磨の事を呟いてましたが、中村アンさんを出しに使っているご指摘もありました。

この意見、私も大賛成!!

ちょっと、元美が可哀そう。伯朗にはもっとしっかりしてほしい!!

危険なビーナス8話まとめ

伯郎&楓、勇磨&佐代のコンビに亀裂が入りました。伯朗は楓を疑い、信じ、再び疑い、最後に裏切られ、と散々な目に!

しかし、伯郎も楓が明人の妻ではないことを理解したはず。

人をだまし続けることは難しいようです。”牡蠣”で楓が明人の妻でないことに分かった伯郎ですが、精神的にはボロボロです。

これから伯朗はどうなるのか?楓は親族会議をどう乗り切るのか次回がとても楽しみです。

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)