孤狼の血(続編)ネタバレあらすじやキャスト一覧も!ロケ地や撮影場所の目撃情報も!

新人刑事は、粗暴な先輩刑事(孤狼の大上)に言われるがまま、メチャクチャな捜査に協力する!

やがて”孤狼”の血は、新人刑事に徐々に承継されていく・・・。

第1作目『孤狼の血』は、警察と暴力組織に関わる様々な人間模様を巧みに描きだしたヒット作で、公開直後に続編の製作が発表され大きな話題を呼びました。

その続編となる映画『孤狼の血Ⅱ』は、前作から3年後が舞台の物語。

数々の映画賞を総なめ!

映画『孤狼の血』は、第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子氏の小説を実写映画化し、警察と暴力組織に関わるさまざまな人間模様を巧みに描き「第42回・日本アカデミー賞」をはじめ、数々の映画賞を総なめにしました。

第1作目『孤狼の血』は、役所広司や松坂桃李をはじめとする豪華キャストと共に「正義とは何か?」を原作小説以上にドライなタッチで描き、本能を刺激する物語でした。

その続編となる映画『孤狼の血Ⅱ』は、前作から3年後が舞台となり、広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡の “その後”の姿が、原作にはない“完全オリジナルストーリー”で描かれます。

ざっくりあらすじ

シリーズの原作は、第1作目「孤狼の血」・第2作目「凶犬の眼」・第3作目「暴虎の牙」が刊行され、本作は第2作目の「凶犬の眼」を原作とする続編です。

「凶犬の眼」の主人公は日岡秀一であり、前作の大上章吾から日岡秀一にバトンタッチされたのです。

舞台は、前作から3年後の広島・呉原市。

広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上章吾は亡くなった。

大上の亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一は権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた。

しかし、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく・・・。

前作から続く『孤狼の血』だが注目したいのは主人公・日岡の成長ぶり!大上の遺品のライターを使うためタバコを吸うようになり、広島弁で話すようになったり、日岡は一段と「大人の後継者」らしく成長しました。

Sponsored Links

『孤狼の血Ⅱ』キャストは!

第1作目『孤狼の血』は、松坂桃李と役所広司がW主演を務め、『第42回日本アカデミー賞』では、役所が最優秀主演男優賞、松坂が最優秀助演男優賞に輝きました。

松坂桃李が演じる新人刑事は理想に燃える真っ当な人間で、汚い事も平気でやる大上の捜査に難色を示したり、時には正義感を持って行動したりと、とにかく“普通”なのです。
しかし映画が進むにつれて、役者・松坂桃李の演技が進化し、凄みと狂気的な面が徐々に垣間見えるようになっていきます。

もう1人の主人公であるベテラン刑事役の役所広司が、2つの暴力団を相手に一歩も引かずに渡り合う超無頼漢刑事を演じています。
風態からして汚いし、行動も言動もメチャクチャで、「警察じゃきい、何をしてもえぇんじゃ」と狂犬のような捜査を展開します。
演技派・役所広司が目的の為なら手段を選ばないタイプの“ほぼ悪人”を演じきっていました。

本作での見どころは”孤狼”の刑事・大上にたぎった「血」が、コンビを組んだ日岡へと徐々に継承されていく点がポイント!『孤狼の血Ⅱ』で、その血が煮えたぎるのか!

また前作では脇を固める役者陣も豪華絢爛で、真木よう子・江口洋介・中村獅童、ピエール瀧・竹野内豊、・橋蓮・滝藤賢一・音尾琢真・駿河太郎・中村倫也・阿部純子・矢島健一・田口トモロヲなどなど、人気と実力を兼ね備えた個性派俳優ばかりが顔を揃えました!

続編となる『孤狼の血Ⅱ』は、亡くなった大上章吾から日岡秀一にバトンタッチされ主役は日岡秀一、つまり松坂桃李ということになります。

気になる続編の脇を固めるキャストはベールに包まれたままだが、自らの信念と覚悟をぶつけ合う強烈なキャラクター21人の主要キャストを”チラ見せ”したポスターが公開されました。

ロケ地情報

本作は前作同様、オール広島ロケを敢行し、作品の8割以上がレトロを感じさせる呉市内の各所でロケ撮影されたほか、広島市や廿日市市などでも9月29日から35日間にわたって撮影が行われました。

撮影は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けながらも「スタッフ全員がロケの開始前にPCR検査を受ける」・「毎日の体温報告を行う」・「ロケ地などで消毒を行う衛生班を設置する」といった制作陣による努力が実を結び、感染者をひとりも出すことなく、大人数のキャスト・スタッフを快く受け入れた呉市をはじめとする広島県、地元の人々の協力によって、チャレンジングなロケが実現しました。

Sponsored Links

まとめ

『孤狼の血』続編じゃけぇ! 再び広島が舞台じゃけぇ。

『孤狼の血Ⅱ』は、前作から3年後の広島が舞台の物語で、伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一の “その後”の姿が描かれます。

『孤狼の血Ⅱ』2021年公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)