ハリエット(映画)ネタバレやあらすじ!タイトルの意味や海外の評判は?

第92回アカデミー賞の主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた話題作『ハリエット』。

アフリカ系アメリカ人女性で初めて新20ドル紙幣に採用された

奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの波乱な人生が描かれています。

主演は、『ホテル・エルロワイヤル』などの映画でも活躍するミュージカル女優の

シンシア・エリボが務め、さらに主題歌もシンシアが担当。

そして、『女王陛下のお気に入り』のジョー・アルウィン、

『ドリーム』のジャネール・モネイらが周りを固めています。

監督は『プレイヤー 死の祈り』の女性監督ケイシー・レモンズ。

今回は、そんな『ハリエット』のあらすじ、キャストなどをご紹介していきます。

是非ご覧ください。

Sponsored Links

『ハリエット』のあらすじは?

1849年、アメリカ中部大西洋岸のメリーランド州ドーチェスター郡。

“ミンティ”ことアラミンタ・ロスは、ブローダス家がもつ農園の奴隷として、

物心つく頃から過酷な生活を強いられてきました。

そんなミンティの夢は、自由の身になり、家族と人間らしい生活を送ることでした。

ある日、奴隷主のエドワードが急死してしまい、借金の返済に迫られたブローダス家は

ミンティを売りに出すことに。

遠い地の南部に売られてしまったら、永遠に家族に会えなくなってしまうと

察知したミンティは、脱走を決意。

読み書きのできないミンティは、神の導きと夜空に力強く輝く北極星だけを頼りに、

奴隷制が廃止されたペンシルベニア州をたった一人で目指したのでした。

なんとかフィラデルフィアの反奴隷制協会にたどり着いたミンティは、

ハリエット・タブマンという新しい名前で、メイドとして働くようになります。

やがて、ハリエットは奴隷制度廃止運動家たちの秘密組織の一員となり、

奴隷の逃亡を手助けする“車掌”として活躍し、多くの奴隷たちを救うように。

いつしかハリエットは、ユダヤの民を率いてエジプトから脱出したモーゼに重ね合わせて

“黒人たちのモーセ”と呼ばれるようになったのです。

『ハリエット』・予告

『ハリエット』・公式サイト

https://harriet-movie.jp/

Sponsored Links

『ハリエット』キャストは?

シンシア・エリボ/アラミンタ・ロス(ハリエット・タブマン)役

奴隷解放運動家のハリエットを演じるのは、シンシア・エリボさんです。

シンシアさんは、イギリスの女優であり歌手でもあります。

ブロードウェイミュージカル『カラー・パープル』で主人公セリーを演じたことで有名になり、

トニー賞で主演女優賞やグラミー賞、エミー賞などを受賞しました。

ミュージカルだけではなく、『ホテル・エルロワイヤル』や『ロスト・マネー偽りの報酬』などの

映画にも出演し、キャリアを着実に踏んでいます。

1987年生まれ。

レスリー・オドム・Jr/ウィリアム・スティル役

ハリエットが出会う奴隷制度廃止運動家のウィリアムを演じるのは、

レスリー・オドム・Jrさんです。

レスリーさんは、アメリカ出身の俳優、歌手です。

ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』でトニー賞とグラミー賞を受賞し、

その名を広めました。

そして映画『オリエント急行殺人事件』などに出演し、

ミュージカルだけではなく映画界でも活躍されています。

1981年生まれ。

ジャネール・モネイ/マリー・ブキャノン役

女性実業家のマリーを演じるのは、ジャネール・モネイさんです。

ジャネールさんは、女優だけではなく、歌手やモデルとしても活躍されています。

ゴールデングローブ賞とアカデミー賞を受賞した映画『ムーンライト』で

初めて女優デビューを果たし、

その後も『ドリーム』など精力的に女優業も行っています。

1985年生まれ。

Sponsored Links

『ハリエット』タイトルの意味は?

作品のタイトルは、実在するアフリカ系アメリカ人女性のハリエット・タブマンの

名からとった“ハリエット”です。

アメリカで有名な歴史的人物ハリエットさんは、奴隷解放運動家として活躍され、

南北戦争後、奴隷が解放されたあとも、黒人と女性の権利のために講演などの活動をしました。

その功績から2020年に発行される20ドル札で、アフリカ系アメリカ人として

初めてアメリカドル紙幣にデザインされる事が決まっています。

Sponsored Links

『ハリエット』海外の評判は?

日本では、2020年3月27日からの公開となりますが、

アメリカやその他国では既に公開されています。

そこで、海外での評判を調べてみました。

訳:昨晩、映画『ハリエット』を観た。本当にいい映画!ハリエット・タブマンの勇気や強さ、、なんて力強い人間だったんだろう。

訳:『ハリエット』を観て、彼女の強さに驚いた。この映画にそれが隠されている。100マイルの恐怖を想像してみて。音、風、野生の動物、犬の遠吠え、あらゆる恐怖。捕まったら、どうなるのかという恐怖まである。

訳:ついに『ハリエット』を観た!なんて励みになる人物なんだ!

ハリエットの勇気ある行動に感動されている方が多くいました。

また、アメリカの苦くて重い歴史である奴隷制度について、

考えさせられているという声も多くありました。

まとめ

ここまで、映画『ハリエット』のあらすじやキャストなどをご紹介してきました。

アカデミー賞にノミネートされ、世界的に注目されている作品です。

日本での公開はこれからですが、日本でも注目されている方が、たくさんいらっしゃいました。

主演のシンシア・エリボさんの力強い演技にも注目ですが、主題歌賞にノミネートされた主題歌も注目です。

気になる日本公開日は、2020年3月27日公開予定です。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)