タッカーとデイル|ネタバレ考察やチャド生きてる説は?伏線回収や続編はどうなの?

全米騒然!

それは、悪夢すぎる事件だった!

若者たちが旅先で遭遇した不気味な2人組!

悪夢の予感!

外見サイコキラーA『タッカー』でも、ごく普通の中年

外見サイコキラーB『デイル』実は、ただのデブ

勘違いのスクリーム!パラノーマルな悪循環!偶発的スプラッター!

『死霊のはらわた』×『悪魔のいけにえ』

ホラー映画の古典を見事にトリビュートした大爆笑問題作!

『チェーンソー賞』(アメリカ)脚本賞

『サウス・バイ・サウスウエスト映画祭』(アメリカ)ミッドナイト部門観客賞

『ファンタジア国際映画祭』(カナダ)審査委員賞

『ファンタスポア』(ブラジル)監督賞

『シッチェス・カタロニア国際映画祭』(スペイン)パノラマ部門作品賞

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』(日本)観客人気投票1位

『ショーン・オブ・ザ・デッド』以来の傑作コメディ・ホラー映画!(フィラデルフィア・インクワイアラー)

ファイナル・デッドなオヤジたちの運命は?!

タッカーとデイル|ネタバレ考察やチャド生きてる説は?伏線回収や続編はどうなの?

紹介していきたいと思います。

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』ネタバレ考察やチャド生きてる説は?※ネタバレあり

事件の立入禁止現場に侵入する、女性リポーターと男性カメラマン。

2人は、突然現れた『顔に大きな火傷のある男』に、鉄パイプで殴られる・・・

この男は、誰なのか?

3日前。

『ウエストバージニア州アパラチア山脈』

都会から来た男女の9人の大学生達が、車で走っていると、2人組の男が乗る車が追い抜いて行く。

1人の女子大生が『あいつらの目付きを見た?』と驚く。

大学生達は、ビールを買い忘れた事に気付き、ストアに立ち寄る。

そこには、先程の男が買い物をしていた。

気のいい中年男2人組、タッカーとデイルは、幼なじみの親友同士。

コツコツ貯めて買った別荘を手に入れた2人は、別荘の修理と釣りを過ごしにやって来た。

『デイル』は、都会から来た『アリソン』を見て綺麗だと思っていた。

『あっちは金持ちで、オレは便所工事業だ』と諦める。

『タッカー』は『話し掛けて劣等感を克服しろ』『笑顔を忘れるな自信を示すんだ』

デイルは、緊張の余り大釜を持ち『君たちはキャンプに行くのか?』と、引きつった笑顔で話し掛ける。

そこへ、リーダー格の『チャド』が現われる。

『近寄るな。面倒はお越したくない』と、空手のポーズで威嚇。

『オレは、タッカーのように女の人と話せないんだ』

『バカでデブの手が汚い男だからさ』と自分を卑下するデイル。

タッカーは『お前は劣等感が強すぎるんだ』

『人生は短いんだ。自分の力で切り開け』『待ってるだけじゃダメだぜ』

途中、パトカーに車を停められ、免許証を確認される。

モリス湖のほとりの別荘に行く事を告げる。

保安官に『言っておくが、あそこは非常に恐ろしい場所だぞ』と警告を受ける。

辿り着いた別荘は、古びたボロ家でホコリ汚れだった。

2人は、壁に貼られた古びた新聞の切り抜きを見つける。

『生存者1名』『10代殺害される』『被害者続出』『大虐殺』

2人は『チャビーのホットドッグ店』『3個買うと2個おまけ』に目を取られる。

キャンプ場に着いた大学生達は、焚火をしながら、チャドの話に聞き入る。

『実際に、この場所で起きた話だ。まさにこの森でな』

『20年前の今日の事だ。大虐殺事件が起きた』

『被害者は、オレらみたいな大学生たち』

『森へ遊びに来た彼らは知らなかったんだ。自分達以外にも人がいた事をね』

『そして、生存者は1人だけ』

その夜、2人は湖で釣りを楽しんでいる傍らで、大学生達が泳いでいた。

アリソンは、デイルが思わず発した言葉に驚き、高い場所から足を滑らせて湖に落ちてしまう。

デイルは、アリソンが浮いて来ないので、慌てて救い出す。

その様子を遠くから見ていた仲間達は、アリソンが捕まったと勘違いして逃げ出す。

2人は仕方なく、アリソンを介抱する為、別荘へ連れ帰る。

翌朝、意識を取り戻したアリソンは、デイルが心優しい親切な男だと知り、自然に打ち解ける。

仲間達は、アリソンを『殺人鬼』達から、救い出そうとする。

しかし、次々とアクシデントで、3人が事故死する。

2人は、大学生達が、自殺協定で集団自殺していると勘違い。

助けを求めにいった1人が、保安官を連れ戻って来る。

チャド以外の3人をパトカーに乗せ、保安官は、2人を訪ね別荘へ向かう。

2人から事情を聴いていた保安官は、アリソンが中へいる事を聴き、別荘へ入る。

アクシデントで意識を失ったアリソンの容体を確認、過失致死罪2件の容疑者に内定だと言う。

保安官は、弱っていた支柱に手を置くと、崩れた柱の釘が刺さり、事故死してしまう。

男子学生の1人が、保安官の銃を取り、2人に向けるが、安全装置の外し方が分からずに自分に向け発砲してしまう。

大学生達は、2人を完全に殺人鬼と見なして、全面的に戦いを挑む。

チャドは、デイルの愛犬『ジャンガース』を『犬質』に取る。

デイルがネイルガンで威嚇する隙に、タッカーが裏から周りジャンガースを助ける。

タッカーは、逃げて隠れるが、チャドに捕まる。

チャドは、タッカーの中指と薬指を切断して、メモと共に、デイルに送り付ける。

言動が、徐々に常軌を逸して行くチャド。

メモには『今度は我々が友達をを預かった。助けに来い』

怒ったデイルは、タッカーを助けに行こうとする。

アリソンは、事態を悪化させたらダメと、デイルを止めようとする。

『応戦するなと?』

『私を守る気なのよ』

『何故、オレが危害を加えると?』

『初めにストアで会った時、2人を不気味だと思った。私たちの勘違いよ。ごめんなさい』

『知っとくべきだった。オレが君みないな子に話したら殺されるとね』

デイルは、タッカーを助けに向かう。

罠を間一髪でかわし、吊り下げられていたタッカーを助ける。

その間に、アリソンを助けにチャドと女子大生の1人が、別荘へ向かう。

助けに来た2人に『これは大きな誤解なの。彼らは誰も傷つける気はないの』とアリソン。

チャドは、別荘を焼き払おうとガソリンを部屋に撒く。

『奴らは不気味な悪魔なんだ。報復は当然の報いさ』

アリソンは、誤解を解こうとするが、ストックホルム症候群になったと勘違いされる。

そこへ、2人が駆け付ける。

落ち着いて話し合うようにと、アリソンは、チャドとデイルを椅子に座らせる。

チャドは、自身の過去を語り始める。

『オレが生まれる前の事。両親は、奴のような田舎男に襲われた』

チャドの母親は、20年前の大虐殺事件の唯一の生き残りだった。

同じ場所にいた父親の遺体は、今も行方不明のままだった。

助かった母親は妊娠していて、チャドが生まれる頃には、施設に収容されていた。

胸中に溜めていた殺人鬼に対する憎悪を露にするチャド。

何も知らずに、残りの2人が助けに来るが、またもアクシデントで、3人が事故死する。

別荘は、爆発して炎上。

辛うじて逃げ出したタッカーとデイル、アリソン。

顔に大きな火傷を追い、生き残ったチャドが、アリソンを連れ去る。

タッカーに励まされたデイルは、ジャンガースの案内で、閉鎖された製材工場へ辿り着く。

チャドは、アリソンを、回転ノコギリに向かう板に、ロープで縛り付ける。

デイルは、チャドと格闘。

アリソンが、回転ノコギリに切断される寸前で、デイルが斧を投げロープが切れる。

鉄パイプを振るチャドに、デイルはチェーンソーで応戦。

2人は、隙を付き屋根裏へ逃げる。

デイルは、武器になる物を探し『カモミール・ティー』を見つける。

アリソンは、発見した古い新聞に目を留め、驚愕の事実を知る。

20年前の大虐殺事件の犯人の顔が、チャドにそっくりだった。

唯一の生存者が犯人情報を警察に提供

生存者は虐待を受けたとされ精神鑑定を受けている

母親は、囚われ虐待され、チャドを身ごもった。

犯人は、チャドの父親だった。

そこへ現れたチャドに、父親が殺人鬼である事を伝えるアリソン。

『あの話しは嘘か?親戚の連中め!』

『あなたを気遣ったのよ』

チェーンソーで、デイルに襲いかかるチャド。

チャドに、カモミール・ティーの茶葉を投げ付けるデイル。

記憶力の良いデイルは、チャドが喘息持ちで、アレルギー体質である事を思い出した。

お茶の成分で、時に急性アレルギーを引き起こす『アンテミス・ノビリス』

チャドは、窓から転落。

事件は『精神的に不安定な大学生の集団自殺と異常な殺人犯』として扱われる。

殺人犯のチャドの遺体は、行方不明だった。

3日後に、女性リポーターと男性カメラマンを襲ったのは、生きていたチャドだった。

タッカーは、切断された指(本人の指ではない)を、繋ぐ手術に成功。

デイルは、アリソンをボウリングデートに誘い、想いを伝える。

『私も同じ気持ちよ』

2人は、キスをする・・・

監督・脚本イーライ・クレイグ(Eli Craig)
出身アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルス
生年月日1972年5月25日
経歴2012年『チェーンソー賞』脚本賞
2011年『フレイトメーター賞』脚本賞
2010年『ファンタスポア』監督賞
2010年『サウス・バイ・サウスウエスト映画祭』ミッドナイト部門観客賞
2010年『ファンタジア国際映画祭』審査委員賞
2010年『シッチェス・カタロニア国際映画祭』パノラマ部門作品賞
2010年『ポート・ヒューニーメ国際映画祭』作品賞
2010年『アルバータ・フィルム&テレビ賞』作品賞
2011年『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』観客人気投票1位
『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

主な監督作品
2010年『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』兼脚本
2017年『リトルデビル』兼脚本

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』キャスト

デイル『タイラー・ラビーン』

名前タイラー・ラビーン(Tyler Labine)
出身カナダ・オンタリオ州・ブランプトン
生年月日1978年4月29日
経歴2012年『チェーンソー賞』俳優賞(ノミネート)
『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』
2013年『ブリティッシュコロンビア俳優組合賞』俳優賞(ノミネート)
『Cottage Country』
母親の勧めで、タレント事務所に入る。
地元の劇団の芝居や、数多くのCMに子役として出演。
1991年、カナダのドラマ『Street Legal』にて、本格的に俳優として活動。
2005年~2006年『Invasion -インベイジョン-』
2007年~2009年『REAPER デビルバスター』など、ドラマを中心に活動。
2008年、弟『キャメロン』の監督・脚本、映画『Control Alt Delete』主演。
2010年、ホラーコメディ『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』主演。
『デイル』役を演じ、各映画祭で賞を受賞。高評価を得る。

主な出演作品
1999年『天使といた夏』『テールライトは眠らない』
2000年『Trixie』『Marine Life』『Here’s to Life!』『追撃者』
2001年『サベイランス -監視-』2002年『Lone Hero』
2003年『セレブな彼女の落とし方』『Evil Alien Conquerors』
2004年『ヘッドハンター』2005年『Aurora Borealis』
2006年『フライボーイズ』『Extreme Walking』
2008年『恋するポルノ・グラフィティ』『Control Alt Delete』
2009年『The Zero Sum』
2010年『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』『Fathers & Sons』
2011年『A Good Old Fashioned Orgy』『猿の惑星:創世記』『Sisters & Brothers』
2012年『Best Man Down』
2013年『Cottage Country』『Rapture-Palooza』『That Burning Feeling』
2014年『Someone Marry Barry』『Mountain Men』
2015年『The Heyday of the Insensitive Bastards』『Weepah Way for Now』『Zoom』
2016年『メリッサ・マッカーシー in ザ・ボス 世界で一番お金が好き!』『Funeral Day』
2017年『リトルデビル』『Big Bear』2018年『Super Troopers 2』『Broken Star』
2019年『エスケープ・ルーム』

タッカー『アラン・テュディック』

名前アラン・テュディック(Alan Tudyk)
出身アメリカ・テキサス州・エルパソ
生年月日1971年3月16日
経歴2013年『アニー賞』最優秀声優賞
『シュガー・ラッシュ』
2016年『アニー賞』最優秀声優賞(テレビ・アニメーション部門)(ノミネート)
『悪魔バスター★スター・バタフライ』
2017年『エミー賞』男優賞(ショートフォームコメディ・ドラマシリーズ部門)
(ノミネート)『Con Man』
ディズニー映画『シュガー・ラッシュ』のヴィランズ『キャンディ大王』役で、
アニー賞最優秀声優賞を受賞。
これを機に『アナと雪の女王』など、ディズニー長編映画アニメーションに、全作出演。

主な出演作品
1998年『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』
2000年『28DAYS』『ワンダー・ボーイズ』
2001年『ROCK YOU!』『アトランティスのこころ』
2002年『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』
2004年『ドッジボール』
2005年『セレニティー』『ザ・カオス』
2007年『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』
『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』『3時10分、決断のとき』
2010年『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』
2011年『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
2012年『リンカーン/秘密の書』
2013年『42 〜世界を変えた男〜』
2015年『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年『デッドプール2』
2021年『Eat Wheaties!』

アリソン『カトリーナ・ボウデン』

名前カトリーナ・ボウデン(Katrina Bowden)
出身アメリカ・ニュージャージー州・バーゲン郡・ワイコフ
生年月日1988年9月19日
経歴2012年『チェーンソー賞』助演女優賞賞(ノミネート)
『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』
2006年『ABC』長寿昼ドラマ『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』
ブリトニー・ジェニングス役で、ゲスト出演。女優デビュー。
2006年~2013年『NBC』ドラマ『30 ROCK/サーティー・ロック』
セリー役で、レギュラー出演。

主な出演作品
2008年『Sex Drive』
2009年『Ratko: The Dictator’s Son』『The Shortcut』
2010年『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』
2012年『ピラニア リターンズ』『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』
『ホーンテッド・プリズン』
2013年『ムービー43』『Scary Movie 5』
『A True Story. Based on Things That Never Actually Happened. …And Some That Did.』
『マッド・ナース』
2016年『LOCKDOWN ロックダウン』『Hard Sell』『The Last Film Festival』
2018年『Fishbowl California』
2019年『The Divorce Party』
2020年『Killing Diaz』『The Orchard』『Definition Please』
2021年『Born a Champion』『Great White』

チャド『ジェシー・モス』

名前ジェシー・モス(Jesse Moss)
出身カナダ・ブリティッシュコロンビア州・バンクーバー
生年月日1983年5月4日
経歴2011年『フレイトメーター賞』助演男優賞
『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』
1991年から、主に声優として活動を始める。
ドラマ『暗黒の戦士 ハイランダー』『スターゲイト SG-1』『新アウターリミッツ』
『ダークエンジェル』『トゥルー・コーリング』『スーパーナチュラル』
などに、ゲスト出演。

主な出演作品
1998年『Nightmare in Big Sky Country』
2000年『Ginger Snaps』
2001年『私は「うつ依存症」の女』
2004年『Love on the Side』
2005年『アメリカの森 レニーとの約束』
2006年『ファイナル・デッドコースター』
2007年『Partition』
2008年『Free Style』
2009年『ゲスト』『初体験 ハイスクール・チェリーパイ』
2010年『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』『Dear Mr. Gacy』
2011年『ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して』
2013年『人造人間13号』『ヴァイキングダム』
2014年『エクストラ テレストリアル』『ウルフ・コップ』
2017年『Still/Born』
2018年『リベンジ・タイム』

Sponsored Links

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』伏線回収や続編はどうなの?

本作は、各国映画祭では、成功を収めました。

しかし、興行収入は、思ったような成果は、収められませんでした。

その後、アマゾンプライム・ネットフリックスなどの動画配信、ブルーレイ・DVDの発売で、作品が大ヒットします。

2014年に、続編企画が進行中である事を、主演『タイラー・ラビン』と『アラン・テュディック』が、

アメリカ・アイオワ州・シンシナティで行われた、ホラーファンイベントで明かしました。

アランは、他のイベントで『続編なんてあるわけない』と語ったことが記事になった後、

プロデューサー陣から『僕たちは話をしなくてはいけない』というメールが届いたと、笑いながら明かしました。

メールには『すでにアウトラインはできているし、本当に続編を作りたいと思っている』と、続編企画が進行している事を発表。

タイラーも、プロデューサー陣が続編を今年中に製作したいと考えている事を明かして、喝采を浴びました。

2人は『クソみたいな続編には絶対にしない!』と、クオリティーの高い作品にする事をファンに誓っていました。

それ以来、続編に関するニュースは、有りませんでした。

そして、2017年『サンディエゴ・コミコン・インターナショナル』にて、

2人は、続編が製作に至らない状況を明らかにしました。

理由は、ただ脚本が良くなく、標準にも達していなかったので、続編が前進しなかったと率直に説明。

最終的に、続編の進捗を妨げているのは『カルト映画』としてのステイタスです。

2人は、自分達が作った作品を誇りに思っており、その重要性の為でした。

アラン『くだらない続編をして、最初を台無しにしたくない』

『通常のハリウッド・ルールでは無いが、私達は、その道を辿っていて嬉しい』

タイラー『本当に期待しているのは、完全性だけです』

『大規模な公開では無く、大規模な金儲けでも有りません』

『興行収入を得る為の続編にする事は、悪い考えのように思える』

アラン『タッカーとデイルは、素晴らしいキャラクターであり、またやりたいと思っています』

『続編の脚本が良ければ、そうなると思います』

タイラー『作家のせいにする事すら出来ない。続編を作るのは難しい』

『そう言っても、私達は、何かをしたい!』

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』の続編は、難しいと思われます。

しかし、良いニュースとして、プロジェクトは、完全には終わっていないという事です。

続編で、伏線を回収するには、生きていたチャドの登場、デイルとアリソンその後などが描かれるはずです。

良いアイデア、良い脚本を思い付く事が出来れば、タッカーとデイルに再び会える日が来るかもしれません。

Sponsored Links

まとめ

映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』を、まとめてみました。

各動画配信・レンタルにて、視聴出来ます!

ブルーレイ・DVD好評発売中です!

タイラー・ラビンとアラン・テュディックの演技を、堪能してください!

映画ファンや映画評論家に支持され、カルト映画として語り継いで行かれる作品です。

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)