スタートアップ|9話ネタバレあらすじと考察!ついにダルミが真実を!ジピョンはダルミに告白する?

8話でドサンたちは視覚障害者向けのアプリを開発します。

そしてダルミの機転によりモーニンググループからの投資を受けることに成功します。

そんな時、ダルミはドサンの手紙の字とジピョンの字が同じことに気づきます。

「スタートアップ」9話ネタバレあらすじは?

昔を思い出すドサンは?

ドサンは数学オリンピックで幼い頃、優勝した頃を思い出していた。

実は唯一わからない問題があったが風でその問題を解いた回答がドサンの目に飛び込んできた。

ドサンはそれを幸運と思い見た答えを書いた。

しかしそのことはドサンに重くのしかかっていた。

サンサンテックの事務所にインジェを訪ねてきた男が来ます。

ダルミは向かいの事務所だといいその男を案内します。

男はハウン建設の人間でインジェを見ると手に持っていた卵を投げ俺たちをクビにする気かと抗議します。

ダルミはとっさにインジェをかばいます。

それを経済部の記者が見ていました。

ソナクはそのことをインジェと話します。

担当しているチョンハン銀行の機械警備の導入で警備員がデモをしているようでした。

インジェはその行為を愚行と言います。

これにソナクはこれはリスクだと答えます。

一方、ダルミはヌンギルについてジピョンと話します。

ジピョンはモーニンググループの他の顧客を得るべきだとアドバイスします。

そしてサービスを宣伝してこそ多くの顧客を得ることことが出来ると言います。

両親に事実を打ち明けるドサン

翌日インジェの会社に対するデモが報道されます。

そしてサンサンテックのニュースも視覚障害者向けのアプリもニュースになります。

そこでドサンの両親はサンサンテックの代表がドサンではなくダルミだと言うことを知ります。

そのことを知ったドサンはチョルサンたちと両親に打ち明けるシュミレーションをし酔っ払ってしまいます。

チョルサンたちはダルミを呼び出します。

そこに偶然ジピョンが車で通りかかります。

ダルミと酔っ払ったドサンはジピョンにダルミの家まで送ってもらいます。

ドサンとジピョンはそのままダルミの家に泊まります。 

そこでドサンは夜中にダルミがヌンギルのコメントに返信する姿を見ます。

朝ドサンはダルミの家にいませんでした。

その時ドサンからダルミにウォンドクと3人でデートしようと電話がきます。

ドサンはコメントを見てウォンドクに海を見せようとしていました。

そこでダルミはウォンドクに15年前と今のドサンどっちが好きか聞いたでしょと尋ねます。

そして2人は別人かしら、好きすぎて聞くのが怖いと言います。

ドサンは家に帰り両親に数学オリンピックでカンニングしたことを話します。

ドサンの母親は大事なことだからあなたの口から聞きたかった、水くさいわね親子なのにと言います。

ジピョンが打ち明けた想いとは?

その時ジピョンはダルミとのことを考えていました。

そしてウォンドクからダルミがドサンのことを疑っていることを聞きます。

ウォンドクがダルミを信じさせるための策を話しますが、ジピョンはやりたくないと答えます。

ジピョンはダルミが好きだと言います。

ウォンドクは今更好きになってはダメだと答えます。

これにジピョンはおばあさんと再会したのが間違いだったとウォンドクを責めます。

その後ジピョンはウォンドクにダルミが巣箱に入れた手紙を取りに行きドサンに渡すとメールします。

ジピョンが巣箱に行きダルミの手紙を読んでいるとそこにはダルミがいました。

実はダルミとウォンドクの携帯は入れ替わっていました。

ダルミはジピョンからのメールが気になりここに来ていました。

そしてジピョンにあなたは何者なのかと尋ねます。

そこにドサンから連絡があるます。

ダルミはドサンに15年前に手紙のやりとりをした場所を尋ねます。

しかしドサンは答えることができませんでした。

そのままダルミの電話は切れてしまいます。

「スタートアップ」9話感想は?

とうとうダルミが真実を知ってしまうのでしょうか。

またジピョンはウォンドクにダルミが好きだと宣言します。

ジピョンはダルミに自分の気持ちを打ち明けるのでしょうか。

やはりドサン、ジピョンどちらと上手くいっても切ないです。

次回の展開が楽しみすぎます!

Sponsored Links

まとめ

ここまで「スタートアップ」9話をお送りしました。

次回ついにダルミは真実を知るのでしょうか。

10話が待ち遠しいです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)