ハワイファイブオーシーズン1(7話)あらすじとネタバレ!娘への愛と、事件の真相!

ハワイの景色がきれいすぎる!

特に6話の屋上で、容疑者候補を引き渡されるときの、青空と虹が最高でした…。

幸せの国、ハワイ…パラダイス…!!!

そんなハワイでも、もちろん事件はあるわけで、それを解決してくれているのが、少数精鋭の「FIVE-0」

さて、今日はどんな事件でしょう!

Sponsored Links

HAWAII FIVE-0シーズン1 7話 あらすじとネタバレ

犯人は俺じゃない

元海軍で妻を殺害した容疑がかけられている男性・ブラハムが戦艦に立てこもった。

戦艦ではツアーが行われており、一般人も多く人質としてとらえられてしまう。

ブラハムは、立てこもるとき、追いかけてきた警官に

「俺はやっていない、妻を殺していない!」

と叫びながら、船に入っていった。

そこで招集されたのが、 FIVE-0!

特にスティーヴは、ブラハムと同じ、海軍にいたことから、知事が直接依頼をしてきたのだ。

ブラハムは、真犯人を捕まえることを希望している。

緊迫する侵入劇

スティーヴは陸がダメなら、海から侵入する、といって泳いで海から侵入した。

船に潜入すると、ツアーを担当していたスタッフの男性が、隠れていて、スティーヴと接触。

彼は、パールハーバーでスティーヴの祖父と共に、戦っていた。

そのころ、コノは犯行現場に隠れていた、夫婦の娘に接触していた。

ベッドの下に隠れていた娘は、何も語らなかったが、コノの距離の詰め方に、少し笑顔を見せた。

ダニーとチンは、犯行現場に行き、証拠を探していると、手書きの日記と、貸金庫の鍵が見つかる。

そして処方されたが飲んでいない薬も。

それはPTSDの治療に使われる薬で、今回のグラハムが処方されていたのだった。

スティーヴは逃げ遅れた人質のフリをして、グラハムの前に現れて捕まえられる。

容疑者の心の傷

薬を処方された医師のもとを訪ねると、戦地で受けた心理的な傷で、激高すると記憶を失ってしまうことがある、といった。

本来ならば、薬でそれを止められるはずだが、判断力が鈍るから、という理由でブラハム自身が服用をやめていた。

人質のひとりが、ブラハムに向かっていったとき、助けようとしたスティーヴの動きに、ブラハムは怪しさを感じる。

そこで、スティーヴは

「ブラハムと誰にも邪魔されず話をしたかった。

俺の仲間たちが、今きみの事件について一生懸命調べている。

娘もしっかり保護している。

僕ももともと海軍にいた。」

と明かし、ブラハムの警戒を解いた。

ブラハムに許しをもらい、人質が受けた傷を快方しながら、スティーヴはゆっくりと、ブラハムに妻との馴れ初めを聞いていく。

事件の朝

リリーは妻の連れ子で、事件のあった朝、妻と言い合いになった。

精神科医の勧めで、イライラしたときは近所を散歩してから、家に帰りなさい、というアドバイスを受けていたため、グラハムは家を出た。

落ち着いて家に戻ると、そこには倒れた妻がいたのだ。

残されていたのは、娘のリリーだった。

蘇生しようとしていたが、そこに警官が現れて、状況から見て自分が怪しまれるため、逃げたのだといった。

しかしそれが心理戦だと気づいたグラハムは、スティーヴをトイレに閉じ込めた。

次の狙いはリリー

亡くなった妻はロシア出身で、「過去を捨てたい」といって名前も変えていた。

そこに怪しさを感じるスティーヴ。

トイレからどうやって出ようか考えていると、そこに先ほど会った祖父の同僚が現れる。

彼はこっそり隠れていたが、スティーヴの危機を知って、助け出してくれたのだった。

その時、コノは娘のリリーから

「パパがいない時に、男の人がきて、

わからない言葉でママと話して、ママを殴った」

という証言を聞き出していた。

するとそこへ、知らない男が現れて、

リリーを連れ去っていった。

妻の真相

また、グラハムが持っていた凶器のナイフに、グラハムのでもない指紋がついていた。

妻の残した日記の翻訳が終わると、そこには妻のロシア時代の結婚生活について、記述があった。

元夫は暴力をふるうことがあり、それを恐れて妻とリリーは逃げ出した。

彼は、妻とリリーを取り返しに、ハワイに来ていたが、妻はそれをつっぱねた。

しかしグラハムは「元夫は病死した」と聞いていた。

なぜ黙っていたのか、とグラハムは不審に思うが、スティーヴは「自分の過去に関わらせないための、彼女なりのウソだったのでは」と伝える。

そして、元夫はリリーを連れて、飛行場から飛び立とうとしていた。

急いで駆けつける、FIVE-0のメンバーたち。

飛行機を止めると、そこから元夫とリリーが出てきた。

リリーを無事に保護すると、コノはリリーを抱きしめたのだった。

銃撃戦の末

真犯人が捕まえられたが、グラハムは

「あの時、自分が外出していなければ」

と自分を責めていた。

そこへSWATが突入。

銃撃戦が行われ、グラハムに多くの銃が突き付けられる。

グラハムは後に引けず、銃を強く握るが、そこへスティーヴが体当たり。

SWATへ発砲することなく、身柄を拘束された。

娘への想いをくみ取って

手錠をつけられたグラハムが船を降り、パトカーへ向かって歩いていると、後ろから着いていっていたスティーヴは、FIVE-0がリリーを連れているのが見える。

すると、スティーヴはほかの警官に

「手錠無しで、娘に会わせてやってほしい」と頼む。

警官たちはそれを了承し、グラハムはリリーのもとへ駆け寄った。

リリーは嬉しそうにグラハムに抱き着くと

「一緒に帰ろう」と声をかけた。

それを聞いたグラハムは少し寂しそうに

「パパは病気なんだ。

でも必ず治るから、もう少し待っててくれ」

と言って、さらに強く抱きしめた。

その後ろから、FIVE-0に向かって歩いていくスティーヴ。

最後までグラハムの潔白と、娘の想いをくみ取ってくれたスティーヴの背中を、グラハムはじっと見た。

 

Sponsored Links

まとめ

この7話の最後、星条旗がたなびき、リリーが走り寄る姿で、泣きました。

でもここで手錠外してあげるのは、アメリカっぽいよね。

ここで逃げたらどうすんねん、っていう気持ちと、FIVE-0に囲まれてるし大丈夫、という気持ち(笑)

ダニーが日ごろから娘への想いを、スティーヴに語っているからこそ、この流れになったかと思うと、それもまた泣ける~

グラハムがリリーを抱きしめている姿を見て、満足そうなダニーの顔も印象的でした!

今のところ、この7話が1番好き!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)