魔女がいっぱい(映画)ネタバレやあらすじ!原作の評判や海外の評価はどうなの?

おばあちゃんは僕に教えてくれた・・・「この世には魔女がイッパイいるんだ」よ、と。

少年はひょんな事から魔女の集会を覗き込み、魔法でネズミの姿に変えられてしまった!

『魔女がいっぱい』は、ネズミの姿に変えられた少年が、自分の身体を取り戻すため魔女たちと攻防戦を繰り広げます。

果たして少年は自分の身体を取り戻せるのか?!

原作はロアルド・ダールの『ザ・ウィッチズ』

本作はイギリスの児童文学作家ロアルド・ダールの小説「魔女がいっぱい」をロバート・ゼメキス監督が映画化しました。

1973年に発表された原作は7歳の少年が魔女たちの集会に出くわし、そこで話し合われていた怖ろしい計画を知るという物語。

児童文学の巨匠として知られるダールの作品は、ブラックユーモア溢れる短編集と子供から大人まで胸躍るような楽しい童話の数々があります。

これまでダールの著書の映画化作品には、ジョニー・デップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」をはじめ「ファンタスティック Mr. Fox」「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」「マチルダ」などがあります。

ロバート・ゼメキス監督が脚本を執筆する新作は、原作に近い内容になるようで、すべての魔女たちを統率する大魔女役をアン・ハサウェイが演じます。

あらすじ

主人公の男の子の両親が不幸な事故で死んでしまい、ノルウェーのおばあちゃんと2人暮らしになった。

おばあちゃんは僕に教えてくれた ”この世の中には魔女がイッパイいて、普通の女の人とまったく変わらない格好をしているから、皆気づかないだけだよ”、と。
そして、魔女の見分け方も教えてもらいました。

ある日、おばあちゃんと旅行で老舗ホテルに泊まりました。

その豪華ホテルに、見た目は誰よりもオシャレで上品な美女が現れた。

しかしその中身は、誰よりも危ない邪悪な大魔女「グランド・ウィッチ」だったのです!

彼女たちはいつまでも若く、そしてオシャレが大好き!いつも素敵な帽子をかぶりゴージャスな長い手袋をしている。

魔女たちの存在は誰も知らない・・・もし正体に気づいた人間は動物にされちゃうのです。

ホテルに来た大魔女は、そんな魔女軍団たちを集めて”ある計画”を目論むのでした。

少年は偶然魔女の集会にまぎれこみ、その計画を知ってしまった!

少年は捕まってしまい大魔女は計画を知った少年を、魔法でネズミの姿に変えました。

ネズミの姿に変えられた少年は、自分の身体を取り戻すため魔女たちと攻防戦を繰り広げていきます。

そして、驚きのラストが待っているのです・・・。

キャスト

1990年に公開された『ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!』ではアンジェリカ・ヒューストンが魔女を演じました。

ふたたび実写化された本作ではアン・ハサウェイが大魔女のグランド・ハイ・ウィッチ役を演じその恐ろしすぎるアンの変貌ぶりに「怖すぎ!」「さすがオスカー女優の演技」「トラウマレベル」と言った声が寄せられるほどです。

ほかにも、オクタヴィア・スペンサー、スタンリー・トゥッチが脇を固めています。

原作の評判

児童文学作家 ロアルド・ダールの作品はイギリスをはじめ世界中で評価され、愛される作家となっています。

ダールの作品は独特の世界観をもち、風刺の効いたブラックユーモアが凄いのです。

ダールの描くストーリーは非現実的でワクワクする展開の物語が多く、『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす』は巨大なガラスのエレベーターに乗って宇宙に飛び出したり、『こちらゆかいな窓ふき会社』では動物たちとタッグを組んで窓拭き会社を始めたり、『ぼくのつくった魔法のくすり』は、指から魔法を出して隣人を鳥に変えてしまうお話です。

原作本は児童書らしく、子供が引き込まれて楽しめる内容です。

登場する子供たちも、賢くて勇敢な子供もたくさん出てきます。

『魔女がイッパイ』に登場する少年も、頭を使って勇気をだして魔女と戦っていく姿が描かれ、”最後までドキドキワクワク感が止まらない”とのコメントがあります。

海外の評価

本作は児童文学の実写化だが、ストーリーもさることながら大人が見てもかなり”ビクッ!”となってしまう映像が盛りだくさんと話題になっています。

それは魔女の大ボスを演じるアン・ハサウェイにフォーカスした特別クリップが公開され、魔女の特徴を説明する特別映像では、口が耳まで裂け牙をむきスキンヘッドのアンが映し出されているのです!

その特殊メイクされた魔女ぶりが「ガチ怖い!」「トラウマ級の凄さ!」と評価を超えた話題となりました。

これまでプリンセスや、ファッションエディターを演じてきた彼女の変身ぶりに注目が集まっています。

まとめ

この世の中には、魔女がイッパイいるんだ!

そのへんの女の人とまったく変わらない格好をしているから、みんな気づかないだけ。

『魔女がいっぱい』は、ネズミの姿に変えられた少年が、自分の身体を取り戻すため世界中の魔女たちに戦いを挑みます。

『魔女がいっぱい』2020年12月4日公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)