危険なビーナス|3話ネタバレ考察とメモの筆跡は楓?春乃役を演じた元AKBの大和田南那が話題に?

牧雄が突き落とされたと思ったら、今度は楓が何者かに突き落とされる場面で終わった、2話。

果たして、楓を突き落としたのは誰なのか?

そして、勇磨と佐代のたくらみとは?

矢神家の遺産を狙う争いが、今夜も続く!

「危険なビーナス」3話ネタバレ考察

誰かに突き落とされて、楓が病院に運び込まれたと連絡があった。

楓は軽傷だったので、すぐに家に帰ったが、突き落とされた時の匂いが女性の香りだった、といった。

楓は矢神家にいって女性陣の匂いを嗅ぎに行った。

同じ匂いだったのは、康治の専属看護師を務めている杏梨だ。

だが、杏梨にはアリバイがあり、匂いの確認がとれていないのは、百合華だけだった。



楓はもしかしたら伯朗のことが好きな、助手の蔭山が狙ったのではないか、とも考えた。

しかし楓がシャンプーの匂いを嗅いだことを怪しんで、楓に伝えた蔭山。

「私はあなたのことを突き飛ばしていませんよ」

それを聞いて、楓はにこりと笑う。



翌日、楓のマンションで待ち伏せをしていたのは勇磨だった。

勇磨は楓と、ボディーガードとしてついてきていた伯朗を夕食に誘う。

勇磨はその席で、楓のことを突き落としたのは、百合華ではないか、といった。

「百合華は明人に対して、恋心を抱いていた、親戚以上に。」

そして、明人と百合華の友人だという女性たちを、勇磨は紹介してくれた。

その友人たちをホームパーティーに誘った楓と伯朗。

楓が席を外したうちに、

「本当に楓さんは明人の妻だと思うか?」

と伯朗が言うと、友人2人はそろって

「明くんは、あんな人選ばない。

本当は明くんと、百合華が付き合ってると思ってた」

と漏らす。


地下室に閉じ込めたのは百合華?

翌日、伯朗は百合華を病院に呼び出す。

百合華は診察に入ってくるや否や、親族会のときに楓を地下室に閉じ込めたのは自分だったと明かす。

親族会に現れた楓が、明人のタイプとは真逆で、自分の知っていた明人ではないことに嫉妬を感じたため、閉じ込めたと証言した。

そして、髪の毛の匂いも、楓が嗅いだ匂いとは違う。

シャンプーの件を百合華に明かすと、同じシャンプーを使っている友人がいる、と。

それは先日話を聞いた友人の1人、春乃だった。

急いで電話をかけると、春乃は今、楓と一緒にいる、と明かす。

焦る伯朗と百合華は、家に向かう。


そのころ、春乃は

「あなたって本当は明くんの妻じゃないでしょ?」

と詰め寄っていた。

その現場に突入してきた伯朗と百合華。

その音に驚いた春乃は近くにあったナイフを手に取り、楓の首に突き付けた。

伯朗はそれを見ると

「明人の兄が保証する。

彼女を守るっていっちゃったんだ。」

といって、にじり寄った。

そして、春乃の手からナイフを奪い取る。



本当は春乃も明人のことが好きだったが、百合華が相手だったら、とあきらめていた。

しかしいきなり現れた楓が妻だと言い張り、伯朗とじゃれて抱き合っていたところを目撃した春乃は衝動で、突き落としてしまった。

春乃を警察に突き出そうとしていた伯朗だったが、楓はそれを止める。

「こんなことがあったと、明人くんが知ったら、哀しみます。彼を傷つけたくないんです。」

伯朗がどんなに楓のことを想って行動しても、楓はあくまで明人の妻だ。



翌日、伯朗の病院に再び百合華が訪ねてきた。

「相談にのってほしいことがあってきました。

実は、母が行方不明なんです。」

そうして百合華は書き置きを見せた。

「しばらく出かけます」と書かれたその紙は、明人が失踪したときに残したメモと似ていた。


Sponsored Links

メモの筆跡は楓?

今回、

「明人が失踪した時に残したメモ」

「祥子が失踪した時に残したメモ」

「楓が伯朗に渡した手紙」

が一瞬映っていました。

最初は「伯朗の料理シーンいる?」って思いましたが、最後のメモにつながるための重要なシーンでしたね。

筆跡を見てみると、綺麗で整った文字の筆跡がとてもよく似ています。

特に「て」の書き方は同じですね。

「て」の前にある文字「の」と「せ」が「て」に対してサイズが小さいのもそっくりです。

これを見ると、メモの筆跡は3つとも楓のもので間違いなさそう。

いったい、楓は何者なのでしょうか?

Sponsored Links

春乃役を演じた元AKBの大和田南那が話題に?

今回、春乃役を演じていたのは、

元AKBチームAのメンバー「大和田南那」さんでした!

明人のことが好きな友人として、楓にナイフを突きつける重要な役でしたね。

吉高さんや、堀田さんの美しさとは対照的に、かわいらしい顔立ちなのが印象に残っています。

3話では非常に重要な役どころで、後半は出演シーンも長かったので、ファンの方がSNSで盛り上がっていましたね。

どうもファンのあいだでは「なーにゃ」と呼ばれているようで、「危険なビーナス なーにゃ」と書かれたツイートが多かったです。

AKBを辞めてからは、グラビアアイドル・女優として活躍しているみたいです。

他には「チア☆ダン」や「親バカ青春白書」にも出演していたようですよ。

まとめ

まさか突き落としたのは、矢神家と関係のない人物だった!

そして勇磨もその事実を知ってしまいました。

しかしあのタイミングで、明人と百合華の友人を紹介してきたということは、もしかしたらその事実を知っていた可能性も考えられます。

勇磨と佐代は怪しい雰囲気しかありませんね…。

でもあえて、あの2人を怪しく見せているんだと思います。



そして再び失踪者が!

今回は次女の祥子(百合華の母)がいなくなってしまいましたが、書き置きの筆跡が明人のときのものと似ていたような…?

その字が楓の筆跡とも似ていましたね。

もしかして、すべては楓の仕業…?

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)