お終活(映画)ネタバレやあらすじ!ロケ地・撮影場所やキャスト一覧も!

人生百年時代の到来! これからの、長き自分の人生をどう生きるべきか!?

どう生きるべきか?と、考え始めた時・・・一つの答えとして「終活」に注目が集まっています。

映画 熟春!人生、百年時代の過ごし方『お終活』は、“もう一度人生を整理して、新たな気持ちでやってみよう!” と言うメッセージが込められた作品です。

終活とは

終活とは自分の死と向き合い「人生の終わりについて考える活動」を略した造語で、生きているうちに人生の整理を行ない、新たな気持ちで残された次の人生に臨む事とされています。

また、今のライフスタイルを見つめ直し、これからの人生を実り多いものにするためのきっかけともなるかもしれません。

終活にはさまざまな形があり、定年退職を迎えた人はこれからの生活をどうやって充実させようかと考えるでしょうし、また自分の老後について今から準備をしておきたいと考える方もいるでしょう。

映画『お終活』は、“終活”をテーマに葬儀屋の新入社員と熟年離婚寸前の夫妻を軸に、それぞれが新たな人生を歩むために自身と向き合っていくさまが描かれます。

終活の背景と高齢化

終活は、2009年に終活に関する書籍が出版されたことを機に徐々に広がりはじめ、2011年の映画『エンディングノート』の公開や、2012年の「ユーキャン新語・流行語大賞」でのトップテン選出などを経て、「終活」という社会現象を巻き起こしました。

映画『エンディングノート』は、40年以上務めた会社を退職した67才の熱血サラリーマンがステージ4の胃がんが発見され、人生総括のプロジェクトに挑んだドキュメンタリー映画です。

また、当時は「第一次ベビーブーム」と呼ばれる1947年から49年の3年間に生まれた人たちが定年退職を迎えるなど、日本の高齢化を象徴する時代だったという背景も存在します。

映画『お終活』では、喧嘩ばかりしている熟年夫婦がある事をきっかけに、自分たちの人生を振り返りお互いを見つめ直す姿が描かれます。

あらすじ

大原夫妻は、結婚40年以上にもなる熟年夫婦。

夫の真一の定年退職後は、夫が自宅にずっと居ることで妻の千賀子は「夫源(ふげん)病」と呼ばれる、夫在宅ストレス症に陥っていた。

長年のサラリーマン生活から解放された夫はワガママになり、妻への気遣いもなくなり毎日が麻雀通い。

妻の千賀子は健康コーラスに通って主婦仲間にお互いの愚痴を言い合う、熟年離婚寸前の夫婦であった。

そんな折、娘の亜矢は自分が営むキッチンカーの客で葬儀社に転職したばかりの菅野と出会う。

菅野から終活フェアに誘われた亜矢は、母親の千賀子に行くことを勧めた。

終活フェアに行った千賀子は最新の終活情報を得て、積み重ねた人生を一度整理する大切さを感じるようになった。

そして、フェアでの抽選が当たり菅野があるサービスを提案に大原家に来ることに。

しかし真一は終活には否定的で、葬儀の関係者が自宅に来ること自体、縁起が悪いと菅野を罵倒し追い払ってしまう。

その後も、菅野は大原家と関わることで自身の家族へのトラウマも蘇り、更には真一と千賀子にも新たな危機が発生し、それぞれが新たな人生へ向き合うことになっていく・・・。

キャスト

本作で、剛力彩芽が6年ぶりで映画出演しています。

菅野涼太役/水野勝

東海エリアを中心に人気沸騰中のユニットグループ「BOYS AND MEN(通称:ボイメン)」のリーダーでもある水野は、2011年に入ってから『ストレートドライブ!』で主演を務める機会が増え、映画やテレビドラマでも活躍しています。本作では、葬儀屋の新入社員役を演じています。

大原真一役/橋爪功

橋爪功さんは、その高い演技力で数多くのドラマや映画に出演し、幅広い層からの支持を集めています。

大原千賀子役/高畑敦子

女優の高畑淳子さんは、最新映画「山中静夫氏の尊厳死」をはじめ、舞台・映画・ドラマなど多方面で活躍しています。

大原亜矢役/剛力彩芽

剛力彩芽さんは、全日本国民的美少女コンテストをきっかけにモデル・女優としても活躍し
数々の映画にも出演していますが、本作で6年ぶりの映画出演となります。

桃井梓役/松下由樹

女優として活躍する松下由樹さんは、代表作といわれるドラマ『ナースのお仕事』のベテラン看護師役や、長年務めている『フジパン』のCMでおなじみです。

Sponsored Links

ロケ地・撮影場所

撮影地は、千葉県流山市を中心に流山市のホテルで行われました。流山市はフィルムコミッションを宣言し、数多くのTVドラマ・映画等に撮影のためのロケ地を提供し、撮影がスムーズに進行できるよう様々なサポートを行っています。

本作の撮影場所は、明治時代から100年以上の歴史を持つ名古屋の葬儀会社・一柳葬具總本店が葬儀シーンの監修やロケーション撮影などで協力しています。

葬儀屋の社員を演じる演じる水野は実際に一柳葬具總本店に足を運び、セミナーに参加してマニュアルを読み役作りを行いました。

Sponsored Links

まとめ

本作は、終活をモチーフに葬儀社に勤務する主人公が、離婚危機にある熟年夫婦と知り合い、積み重ねた人生を一度整理する大切さを教えながらも、自身も絶縁していた父親との関係を見つめ直すというストーリー。

人生百年時代の到来!今、「終活」に注目が集まっています。

熟春!人生、百年時代の過ごし方『お終活』2021年春公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)