ガンズアキンボ(映画)ネタバレあらすじや海外の評判は?ラドクリフの演技評価も気になる!

目が覚めた男の手には、ナント!両手に拳銃がボルトで固定されていた!

両手に銃ではパンツもズボンもはけない・・・警察官の前で銃を捨てようにも捨てられない。

『ガンズ・アキンボ』は、魔法界のヒーローで名を上げたダニエル・ラドクリフが銃を両手にボクサーパンツで逃げ回るアクションコメディ。

アキンボとは?

一般的なアキンボスタイルとは「両肘を張って、両手を腰に当てたポーズ」を意味するが、この姿がまるで西部劇のガンマンが両方の腰に掲げている銃のホルスターに手を当てている様な姿に見えることから、アキンボ=二丁拳銃の意味が誕生しました。

二丁拳銃で戦う映画スタイルは少ないが、1998年のマカロニウエスタン『荒野の二丁拳銃』では孤独なガンマンが、二丁拳銃で目にも止まらぬ早撃ちガンファイトを見せています。

『バイオハザード』ではミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリスがハンドガンからサブマシンガン、ショットガンと多種多様な銃を二丁拳銃で使いこなしています。

そんなヒーローのガンファイトはカッコイイが、ラドクリフの二丁拳銃は強制的に両手に固定されズボンもはけないザマなのです。

映画『ガンズ・アキンボ』は、両手にハンドガンを骨にボルトで打ち付けられたダニエル・ラドクリスが死のゲームに強制参加させられ、最強の敵と戦う姿が描かれます。

本作はコミカルでダーク、アクションもふんだんに詰め込まれ軽いノリとテンポで人がどんどん死んでいくのデス。

『ガンズ・アキンボ』あらすじ

ゲーム会社のプログラマー”マイルズ”は恋人と別れ、仕事でも行き詰まりネット掲示板や動画配信サイトのコメント欄に過激な書き込みをする「ネット荒らし」で鬱憤を晴らしていた。

そんなある日、彼は酔っぱらって違法のゲームライブ闇サイトの“スキズム”に煽るような辛辣な投稿をしてしまう。

この投稿がサイトの首謀者”リクルート”を激怒させ、マイルズの手を強制しゲームに参加させる事にした。

“スキズム”は人々が殺し合うデスマッチゲームで、その様子はネットストリーミングで配信され視聴者はライブで観戦できるという闇サイト。

マイルズが目を覚ますと両手にはハンドガンがボルトで骨に直接固定され、手放すことができないようなっていた!

両手に銃をくっ付けられたマイルズはその手でトイレにいったり、ズボンもはけない!油断すれば引き金を引いてしまうし、警察に銃を捨てろと言われても捨てられない。

更に別れた彼女も人質にとられ、“スキズム”に参加し凶悪な殺し屋ニックスと戦って勝てと命令される。

そして、マイルズの対戦相手となるトリガーハッピー”ニックス”が彼の前に現れた!

果たしてマイルズは2丁拳銃=アキンボを武器に、このゲームを攻略し彼女を救うことができるのか!?

キャスト

本作で、主人公の冴えないオタク・マイルズを『ハリー・ポッター』シリーズで知られるダニエル・ラドクリフが演じ、凶悪女の殺し屋ニックスを、全米大ヒットを記録した花嫁と親戚一同がバトルロイヤルを繰り広げる『レディ・オア・ノット』で主役をつとめたサマラ・ウィーヴィングが演じます。

ほかにも、ネッド・デネヒー、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ、リス・ダービーらが出演。

監督は映画『ホビット』シリーズの特殊効果を手掛けたジェイソン・レイ・ハウデンがメガホンをとる。

ダニエル・ラドクリフの演技評価

ラドクリフは、ハリー・ポッターの主役に起用された時は「原作のハリーにイメージがマッチしたから」という、ルックスありきで選ばれ可愛い男の子のイメージが固まりました。

ハリー・ポッター以降は演技者に変貌し、2013年公開『ホーンズ 容疑者と告白の角』では突然角が生えた男を演じたり、『スイス・アーミー・マン』では孤独な青年を助ける便利な死体役を演じたりと、さまざまな役柄に果敢に挑戦しています。

2017年の『ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡』でも、壮絶な遭難体験役をホロコーストのような悲惨な姿で演じました。

本作の公開された海外版予告編を観ていても、アニマルスリッパにボクサーパンツで逃げ回る姿を披露したりと、明らかにあの頃演じたハリーとは大違い!

ハチャメチャなコメデイを演じた本作でも、ラドクリフの新境地を示す演技が楽しめそうです。

海外での評判

本作は、昨年開催されたカナダの第44回トロント国際映画祭のプレゼンテーション部門で初上映されており、話題を呼びました。

またアメリカの映画評価サイトIMDb(インターネット・ムービー・データベース)でも、★7.5のスコアを記録するなど高評価を得ているようです。

まとめ

コミカルでダーク、軽いノリで人がどんどん死んでいくデスゲームが開幕した!

『ガンズ・アキンボ』は、魔法界のヒーローで名を上げたダニエル・ラドクリフが両手に銃をくっ付けられ、ボクサーパンツで逃げ回るアクションコメディ。

『ガンズ・アキンボ』2021年2月公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)