DIVER|5話(最終回)ネタバレあらすじと考察!佐根村が黒沢を撃つのか?裏で操っているのは阿久津?

ついに最終回を迎えた「DIVER」!

5話で完結となると寂しい気もしますが、最終回に期待が高まります。

黒沢と阿久津本部長の関係や、テロ事件の最後はいったいどうなるのか?

本当の黒幕は…?

「DIVER」5話(最終回)ネタバレ

リトレイド貿易の密輸現場で、佐根村を逃がす代わりに、警視庁に拘束されてしまった黒沢。

警察の取調室で、阿久津本部長と話をするが、警察庁に渡った身柄を、どうにかすることはできない。

阿久津からの情報で、黒沢たちD班の存在については、警察庁の遠藤の仕業だと知った。

阿久津の手柄を取り上げることで、実績を残してきた阿久津を引きずりおろそうとしたのだ。

その翌日、黒沢は護送車で輸送されることになった。




しかし移送中に、黒沢は手錠を外し、脱走する。

逃走した黒澤は、テロ騒動に終止符をつけるため、身をひそめる。

だが、D班は黒沢の行方を追う。

すると監視カメラに映った黒沢が何か口を動かしていた。

それをヒントに調べると、最初にテロを起こしたといわれていた真下は、既に昨年亡くなっていた。

黒沢たちD班をあぶりだすために、わざわざ真下の仕業だと思わせていたのだ



そして国際会議の日がやってきた。

警戒している警備を潜り抜け、黒沢も会場にこっそりとやってくる。

警備をしていた阿久津本部長に、黒沢から電話がかかってきた。

「あの防犯カメラの映像は真下でも、遠藤でもなかった。

そして俺が逮捕された後、渡辺と契約していたとされている田島を誰も逮捕しない。

そもそもあの男は、田島でもなかったんだ。

じゃあ渡辺は誰と取引したんだろうな?」

それを聞いた阿久津本部長は

「全部、遠藤の仕業ね」

と答えた。

すると黒沢は

「さて嘘つきは誰でしょう?

俺が邪魔で、片付けようとしたのは…?

全てはテロに見せかけて、遠藤を仕留めるため。

そうだよな、阿久津さんよぉ」

と言うと、電話を切った。

そのころ会場の地下では、マスクをかぶった男がエアコンから怪しい液体をまいていた。

そして、電話を切った黒沢が爆弾のスイッチを押した。


テロの実行犯は?

黒沢と阿久津の話を盗聴していた伊達は、急いで阿久津のもとに向かう。

阿久津は、黒沢との過去を伊達に話した。

黒沢はかつて、岡本という刑事と共に、潜入捜査をしていた。

しかし刑事が紛れ込んでいると知ったマフィアがあぶりだそうとする。

岡本は、黒沢を助けるために、自らが刑事だと名乗る。

阿久津は、岡本を助けるために遠藤に助けを求めたが、阿久津の昇進を邪魔するために、岡本を犠牲にして、助けを出さなかったのだ。

テロを企てたのは阿久津本部長だが、その証拠はない。



逃げる遠藤の後ろから、怪しい液体を投げつけようとしていた男を、黒沢は突き飛ばした。

しかしその男は、黒沢ともみ合うと、急いで遠藤のあとを追った。

黒沢は、倒れこみながらも宮永に電話をかける。



駐車場で遠藤に追いついた男は、遠藤にその液体を投げつけるが、遠藤はそれを交わした。

すると入っていた瓶が床で割れ、床が溶けて煙が出る。

しかし次の瞬間、宮永が天井のスプリンクラーを発動され、煙が抑えられる。

男は急いで遠藤を追うが、そこへ黒沢が追いつく。

「もうマスクとれよ、将」

その男は、佐根村だった。



阿久津と佐根村が裏で組んでいて、遠藤を陥れようとしたのだ。

そう、佐根村の本当の名前は「岡本 将」

殺された岡本の息子だったのだ。

「こいつだけは殺らせてください。

あなたを陥れたんだから、覚悟はできてますよ。」

そういって、遠藤に銃を向けた。

Sponsored Links

父が守った男

すると黒沢は

「本当にそいつでいいのか?

お前の父親を殺したのは俺だぞ。

あの女にどこまで聞いているのか知らないけど、俺はあの現場で、撃ち殺した、この銃でな」

と言って、銃を向ける。

将はそれを聞くと、黒沢を撃った。

「なぜ撃った?」

と聞くと、

「お前の父親が身代わりになってくれたんだよ。

俺は、生き延びる道を選んだ。

お前の標的は、父親を殺した人間なら、お前が殺すべき人間は俺だ。

殺してくれ!!!!」

と黒沢は吠えた。

そこへ、伊達がやってきて、将に銃を下ろすように言う。

「お前が殺そうとしてるのは、お前の父親が守った男だぞ。

お前がそいつを殺せば、お前の父親が守ったものが無駄になる。」

黒沢の額に銃を突きつけた将は、それを聞くと、銃を放った。

だが、黒沢の額から銃口を外し、その奥に向かって撃ったのだ。



伊達が、黒沢と将を連れて、その場を離れようとすると、黒沢は

「俺はまだやることがある」

といって車に乗り込んだ。

泣き崩れる将に、伊達は

「俺が面倒見てやるから、ついてこい」

と声をかける。



その夜、港に阿久津本部長を呼び出した黒沢。

「私は権力のためには手段を選ばない」

そういった阿久津本部長の言葉を引き出すと、黒沢はICレコーダーを取り出した。

「それを私に渡すか、海に捨てるかしなさい」

そういって、阿久津は銃を黒沢に向かって放った。

だが、銃弾は黒沢の頬をかすめる。

「本当にあなたが岡本を撃ったの?」

それを聞いた黒澤はにやりと笑って

「そうだよ」

と答える。

次の瞬間、レコーダーを持ったままの黒沢を、阿久津は撃った。

そして、夜の海に、黒沢は沈んでいった。



だが本当は、岡本は自分自身で銃の引き金をひいたのだ。

黒沢に「生きろ。生きて悪をうて」と言い残して。

しかし数日後、黒沢は将と共に、再び現場で走り回っていた。

前よりも楽しそうに。

そして、阿久津本部長は、警察で今日もまた凛々しく部下たちを引っ張っていた。

Sponsored Links

まとめ

ついに最終回を迎えましたが、5話というのもあって最後はだいぶ急ぎ足でしたね。

なので正直、阿久津本部長が黒沢撃ったのかは分からないままです。

ですが、黒沢と将が再び仲良く、伊達の指示で捜査をしていたのはわかりました!

もう少し話数があれば、深堀りできたんでしょう。

個人的にはもっと見たかったです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)