青春の記録|14話ネタバレ感想と考察!ヘジュンとジョンハの熱愛記事が!その時ヘジュンは?

13話では、なかなか会えないヘジュンとジョンハに気持ちのすれ違いが出てきてしまいます。

一方、ヘヒョはSNSやドラマのキャスティングが母親の差し金だと知りショックを受けます。

そんな中、チャーリーとヘジュンの噂が再び報道されます。

「青春の記録」14話ネタバレあらすじは?

止まらない噂にミンジェは?

ギョンジュンはヘジュンに悪質なコメントをした投稿者に言い返したことで逆に訴えられてしまいます。

反省文を書けば許されるとジアに言われますがギョンジュンは自分は悪くないと言い張ります。

ヘジュンにはヘスからある記事が出るから力になりたいと電話があります。

しかしヘジュンは高い代償があるからとら断ります。

ヘヒョはドラマの撮影で何回もNGを出してしまいます。

そんなヘヒョにヘジュンはなにがあったのかと尋ねます。

これにヘヒョはこれは僕の問題だと答えます。

撮影が終わり外に出たヘジュンはチャーリーとヘジュンが恋人だというニュースを見ます。

ヘジュンはミンジェに電話します。

ミンジェは記事はチャーリーが自殺の直前にヘジュンにメールしたと嘘を書いといると話します。

しかしヘジュンはメールは来たと答えます。

ミンジェはジアに告訴する前にメールの内容を確認したいと話します。

その時事務所にジョンハがやってきます。

ミンジェはジアにヘジュンの彼女だとジョンハを紹介します。

2人は微妙な空気の中で挨拶を交わします。

そしてジアはその場を立ち去ります。

ヘヒョと話すヘジュン

ミンジェは警察にいくギョンジュンについていきます。

そこにはギョンジュンを訴えた悪質な書き込みをした投稿者もいました。

しかしギョンジュンは絶対に反省文を書かないと言い投稿者と言い合いになります。

事務所に帰ったミンジェはヘジュンと会います。

ミンジェはヘジュンにチャーリーの最後のメールを見せてくれと言います。

そしてそれを公開すると言いますが、ヘジュンは先生の名誉を守りたいと反対します。

これにミンジェはだったらわたしが踏ん張ると言います。

そしてギョンジュンのことを話します。

さらにジョンハとはしばらく会わないように言います。

ミンジェは記者にジョンハとの写真を撮られていて、そのことをジョンハも知っていることを話します。

しかしヘジュンはその帰りジョンハに会いに行きます。

ジョンハはヘヒョになにがあったが尋ねます。

その帰りヘジュンはヘヒョと会います。

ヘヒョは親の力を借りずにお前と競って勝ちたかったと言います。

そして母さんが僕の人生に深く介入したと話します。

これにヘジュンは僕はまだ父さんと確執が、以前はかなり悩んでいたと答えます。

ヘヒョは親っていうのは自分が完璧だと思っていると言います。

自分の部屋に帰ったヘジュンは1人で泣きます。

ジョンハに会いに来た記者は?

翌日ミンジェは記事を書いたキム記者への告訴の手続きが明日終わるとヘジュンに話します。

そして来週オフの日を作るからギョンジュンを説得してと言います。

ヘジュンは久しぶりのオフの日にジョンハと会う約束をします。

オフの日にヘジュンはギョンジュンを説得して反省文を書かせます。

そして家族と久しぶりの食事を楽しみます。

そんな中、訴えられたキム記者がジョンハとの熱愛記事を流します。

ミンジェはジョンハとデートしようとするヘジュンを止めます。

ジョンハも会うのは辞めようとヘジュンに電話します。

しかしヘジュンは会うのをやめても記事は消えないとジョンハの元へ向かいます。

その時ジョンハにキム記者が会いにきます。

ヘジュンはジョンハの店に行きますが、店は閉まっています。

そしてジョンハから今日は会えないとメールが来ます。

その後、事務所でジョンハとヘジュンは話をします。

ジョンハはヘジュンに私たち別れようと言います。

「青春の記録」14話感想は?

ジョンハがヘジュンに別れを切り出します。

本当に2人は別れてしまうんでしょうか。

そしてキム記者とジョンハは何を話したんでしょうか。

またヘジュンはラストでしばらく休むとジョンハに話します。

もしかして芸能界を辞めてしまうのでしょうか。

残りあと2話なのに気になることが多すぎます。

とにかくみんなに幸せになってほしいです。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「青春の記録」14話をお送りしました。

残りはあと2話です。

どんな最終回になるのか今から楽しみです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)