キュア(映画)結末を解説・考察します!怖い・蓄音機が検索される謎も!

狂気の果て・・・首から胸に切り刻まれた”X”は、何を意味するのか?

全く殺意をもたない加害者、しかし記憶はしっかりしている。

しかも”X”は、今まで殺された被害者たちと同じ傷?!

俊英 黒沢清監督・役所広司主演によるサイコサスペンス『CURE キュア』の結末を考察します。

Sponsored Links

メスマーの催眠暗示とは?

劇中の主要人物で医学生だった間宮は、メスマーの催眠暗示について研究していました。

「メスマーの催眠暗示」とは、18世紀の医師フランツ・アントン・メスメルが「メスメリズム」という催眠導入法を考案し、心理的興奮やストレスが関わる心身症や身体疾患や医学的処置の苦痛治療などの領域でも利用されるようになり「メスマーの催眠暗示」という理論が示されました。

意識がもうろうとして暗示のかかりやすい状態は催眠と呼ばれており、この状態を導く技術が催眠術であり、現代では催眠技能士による催眠治療という治療法が確立されています。

日本では、日本催眠医学心理学会認定の「催眠技能士」などの民間資格があるほどです。

『CURE キュア』は、この催眠術を使用し催眠暗示を与える犯人が一連の犯行を教唆する姿と、それを追う刑事が描かれます。

『CURE キュア』あらすじ

白昼、女性が殺される殺人事件が発生。

殺された女性は頭部を鈍器で殴られた他、左右の首筋が深く切られていた。
その傷跡は”X”が刻まれ、今まで殺された被害者たちと同じ傷だった。

同様の手口の事件が頻発する中、刑事の高部は一連の事件の関連性を追っていく。

しかし事件を起こした犯人達は、いずれも犯行自体の記憶があるものの、犯行の動機に関する記憶は全くなかった。

高部の友人である心理学者の佐久間が、犯人の精神分析をしても手がかりは得られない。

進展しない捜査に加え、精神を病んだ妻を持つ高部は徐々に追い込まれていく。

そんな中、犯人の1人である元警官が犯行前にある男を病院に入院させていたことが判明する。

男の名前は間宮と呼ばれていたが、記憶障害を持つ彼は一切の記憶を失っていたため、真相が聞き出せない状態だった。

それでも高部は粘り強く真相を聞き出そうとするが間宮は、”お前は誰だ”と言い続けるだけ。

いら立ちをあざ笑うかのような間宮に、高部の日頃のうっ憤はついに爆発した!

しかし、彼が問い続けてきた言葉に答えた高部の心には不思議と安らぎの感覚があった。

やがて精神病院から間宮は脱走し、佐久間も奇妙な状態の自殺死体として発見される。

間宮を追った高部は森の中の廃屋で間宮と再会し、彼を殺害した。

そして廃屋の小部屋で、蓄音機を発見し電源を入れると、”癒せ”と言っているような声が流れてきた・・・。

監督とキャスト

1997公開の『CUREキュア』は、監督・脚本:黒沢 清.で、幻覚と現実の交差や暗い感じが黒沢監督独特のタッチで描かれています。本作は、黒沢監督の出世作ともなりました。

キャストは、役所広司・萩原聖人・うじきつよし・中川安奈が顔を揃えています。

Sponsored Links

蓄音機の謎

間宮を撃ち殺し小さな部屋にたどり着いた高部は、蓄音機の前に座ります。

蓄音機の電源を入れると、”癒せ”と言っているような声が流れてきました。

蓄音器には「大刀を持って治療する」というメッセージがあった!・・・つまりは、憂いの元となる人間関係を殺害し、精算することで真の解放された心を保つ治療と考えていたのであろうと推察されます。

心理学者の佐久間は捜査の一環で日本最古の催眠療法士・伯楽陶二郎という男を知る。

日本に催眠療法を持ち込んだ伯楽は、催眠暗示を”癒し”を与える療法としていたが、それはX字を描く動作を植え付けて同じ事件を作り上げていた。

彼の術にかかった女性は、後に息子の首筋をX字に切り付けて殺していたのです。

催眠暗示で人が抱える深い闇を知り、それを取り除こうとする”癒し”・・・間宮は、それをまさに実践していたのだ。

間宮が施す催眠は、相手の心の奥にあるネガティブな面を引き出すものであり、そして負の感情を持つ原因となった要素を取り除くように仕向けていたのです。

ラストでは・・・

事件も落着し、高部はよく行くファミレスにいた。

以前と違って彼の顔には生気が戻り、食事は完食し食後のコーヒーさえ頼んでいました。

コーヒーの注文を受けた店員は、食器を下げてその場を離れます。

すると、その店員に上司らしき店員が何か一言ささやく。

その言葉を受けた店員は、レジ近くから包丁を取り出し、上司が戻ったキッチンへと向かって行く・・・本作は、ここで終わります。

高部は店員に、催眠暗示をかけていたのか???
間宮は、死ぬ前に暗示催眠士の後継者として高部を”伝道師”と呼んでいたのです!!

Sponsored Links

まとめ

被害者の首から胸に切り刻まれた”X”は、一体何を意味するのか?

連続猟奇殺人事件の捜査をしていた刑事・高部は記憶喪失の間宮を尋問する。

だが彼の不気味な話術に翻弄されるうちに、事件は予想外の方向に迷走し始める。

『CURE キュア』は、催眠暗示による猟奇的殺事件の犯人を追う刑事の姿を描いたサイコ・サスペンス。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)