チャーリーズエンジェル(2020)ネタバレあらすじ!海外の評価や女優キャストが美人すぎ!

美しき女探偵『チャーリーズ・エンジェル』

アメリカにて、1976年~1981年に放送された人気テレビシリーズ。

2000年『キャメロン・ディアス』『ドリュー・バリモア』『ルーシー・リュー』で、映画化!

大ヒットを記録した『チャーリーズ・エンジェル』

2003年、続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』公開!

そして、2019年『チャーリーズ・エンジェル』公開!

新時代のエンジェルたちが、世界を舞台に活躍する!

チャーリーズエンジェル(2020)ネタバレあらすじ!海外の評価や女優キャストが美人すぎ!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links



『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ・あらすじ

国際機密企業『チャーリー・タウンゼント社』

そこに所属する、女性エージェント組織『チャーリーズ・エンジェル』

『エレーナ・ハフリン』ハッキングが、得意。

『ジェーン・カノ』元MI6で、あらゆる武器を自在に操る。

『サビーナ・ウィルソン』変装のプロ。

サビーナとジェーンの元に、新たなメンバー、エレーナが加わる。

新生エンジェルへの道を歩み始める。

そんな時『新開発のエネルギーが兵器化される』という情報を入手。

3人は、阻止するべく、命を懸けた戦いに挑む・・・

監督・脚本・製作エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)
出身アメリカ・マサチューセッツ州・ピッツフィールド
生年月日1974年2月10日
経歴ペンシルヴェニア大学卒業。
サンフランシスコの名門『アメリカン・コンサバトリー・シアター』で、
演技を学び、1998年『Surrender Dorothy』女優デビュー。
『スパイダーマン』シリーズの秘書役で、注目される。
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『シービスケット』
『崖っぷちの男』『ハンガー・ゲーム』シリーズなど、話題作に出演。
『ブッシュ』では、ブッシュ大統領の妻ローラ・ブッシュを演じる。
『40歳の童貞男』『スリザー』など、
幅広いジャンルで、様々なキャラクターを演じる。
2003年、大学の同級生でボーイフレンドの、
プロデューサー『マックス・ハンデルマン』と結婚。
2009年、ブルース・ウィリス主演『サロゲート』夫婦で、製作を務める。
2013年、インディペンデント・オムニバス作品
『ムービー43「初潮騒動」』監督デビュー。

主な監督・製作作品
2009年『サロゲート』製作総指揮
2012年『ピッチ・パーフェクト』製作
2013年『ムービー43「初潮騒動」』監督
2015年『ピッチ・パーフェクト2』監督・製作
2017年『アメリカで最も嫌われた女性』製作
2017年『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』製作
2019年『チャーリーズ・エンジェル』監督・脚本・製作

主題歌『Don’t Call Me Angel』アリアナ・グランデ/マイリー・サイラス/ラナ・デル・レイ

『チャーリーズ・エンジェル』キャスト

サビーナ・ウィルソン『クリステン・スチュワート』

名前クリステン・スチュワート(Kristen Stewart)
出身アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルス
生年月日1990年4月9日
経歴『第63回 英国アカデミー賞』ライジング・スター賞
『第50回 全米映画批評家協会賞』助演女優賞
『第81回 ニューヨーク映画批評家協会賞』助演女優賞
『第36回 ボストン映画批評家協会賞』助演女優賞
『第4回 ボストン・オンライン映画批評家協会賞』助演女優賞
『第40回 セザール賞』助演女優賞
『アクトレス〜女たちの舞台〜』

主な出演作品
2000年『フリントストーン2 ビバ・ロック・ベガス』
2001年『The Safety of Objects』
2002年『パニック・ルーム』
2003年『コールド・クリーク 過去を持つ家』
2004年『Speak』『ミッションX』『アンダートウ 決死の逃亡』
2005年『Fierce People』『ザスーラ』
2007年『ゴースト・ハウス』『ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で』
『The Cake Eaters』『イントゥ・ザ・ワイルド』
2008年『ジャンパー』『イエロー・ハンカチーフ』
『トラブル・イン・ハリウッド』『トワイライト〜初恋〜』
2009年『アドベンチャーランドへようこそ』『ニュームーン/トワイライト・サーガ』
2010年『ランナウェイズ』『クリステン・スチュワート ロストガール』
『エクリプス/トワイライト・サーガ』
2011年『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』
2012年『スノーホワイト』『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』
『オン・ザ・ロード』
2014年『レディ・ソルジャー』『アクトレス〜女たちの舞台〜』『アリスのままで』
2015年『Anesthesia』『エージェント・ウルトラ』『ロスト・エモーション』
2016年『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』『カフェ・ソサエティ』
『パーソナル・ショッパー』『ビリー・リンの永遠の一日』
2018年『モンスターズ 悪魔の復讐』
『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
2019年『セバーグ』『チャーリーズ・エンジェル』
2020年『Under Water』『Happiest Season』

『クリステン・スチュワート』出演のオススメ作品です!

『アクトレス~女たちの舞台~』

フランス・スイス・ドイツ合作のドラマ作品。

『第67回 カンヌ国際映画祭』コンペティション部門出品。

ヴァレンティン役を演じた『クリステン・スチュワート』

演技が評価されて『第40回 セザール賞』に、ノミネート。

アメリカ人女優としては、史上初となる『助演女優賞』受賞。

アメリカでも公開され『タイム誌』の『2015年の映画トップ10』『第4位』ランクイン。

ベテラン女優『マリア・エンダース』と、マネージャー『ヴァレンティン』

2人は、チューリッヒに向かう列車の中にいた。

マリアが、新人の時に発掘してくれた、劇作家『ヴィルヘルム・メルヒオール』

彼の功績を称える賞を、代理で受取るため、授賞式に向かっていた。

この賞の受取りを拒否していた、メルヒオール。

ここ数年、公の場に姿を見せていなかった。

彼女の出世作である戯曲『マローヤのヘビ』

タイトルの由来でもある景勝地『シルス・マリア』まで来るよう、メルヒオールは、マリアに指示していた。

しかし、列車の中で、メルヒオールが亡くなったという知らせが入る。

突然の訃報に、驚くマリア。

会場に到着すると、過去に不倫関係にあった俳優『ヘンリク・ヴォルト』がいた。

祝賀会の席で、同じテーブルに着くことになった。

マリアは、気まずさと苛立ちを覚え、バレンティンに八つ当たりする。

新進演出家『クラウス』から『マローヤのヘビ』を、再演したいという話を持ち掛けられる。

しかし、マリアが演じるのは、若い頃に配役されたシグリット役ではなかった。

シグリットを破滅に追いやる、40歳のヘレナ役を、演じて欲しいと頼まれる。

マリアは、自身が演じて好評となった若いシグリット役への思い入れがあった。

老いに破滅するヘレナ役に、抵抗を感じる。

マリアは、離婚調停中で、夫婦で購入したマンションの売買契約にも悩んでいた。

女優としても、輝きに陰りを見せていた。

バレンティンは、ヘレナ役を新しい解釈で演技をしてみることを提案。

マリアは、それを受け入れようとしない。

宴の後に、バレンティンは、友人と飲みに出掛けてしまう。

残されたマリアは、ヘンリクとタクシーで帰ることになる。

タクシーの中で、宿泊するホテルの部屋に誘う。

部屋で、連絡を待つマリア。

結局、ヘンリクは酔いつぶれたのか、姿を見せなかった。

冷蔵庫に入っていた、酒を飲むマリア。

ふと『マローヤのヘビ』のことを思い出す。

20年以上経った今、40歳のヘレナ役を引き受けるべきか。

女優として、1人の女性として悩む。

やがて、シグリット役に、ハリウッドのお騒がせ女優と呼ばれる、

自由奔放が魅力の19歳『ジョアン・エリス』に、決定した。

マリアは、ジョアンに良いイメージを持っていなかった。

気になっているマリアは、ジョアンに関して、ネットで検索を始める。

仕事もプライベートも思うようにいかず、決めかねて迷っていたマリア。

ヴィルヘルムが、滞在していた家へ行く。

ヴィルヘルムの妻から、彼は持病があり、自死であったことを伝えられ、

ヴィルヘルムが抱いていた『マローヤのヘビ』の思いを聞かされる。

そして、スイスにあるヴィルヘルムの別荘を提供された。

マリアは、出演を決めかねていたが、バレンティンをシグリット役にして、芝居の稽古に入る。

マリアとバレンティンは、何度も脚本の読み合わせをする。

バレンティンは、マリアが役柄の解釈に関して、相違で出来ないことに不満を感じていく。

昔とは違い、女優として保守的になってしまったマリア。

バレンティンは、アドバイスをしても無駄ではないかと考える。

マリアへ、何度も辞めたいと言い出す。

一方、マリアも自信が持てず、ヘレナ役を断ろうかと考える。

バテレンティンなど、周囲の説得で、ようやく決意を固める。

そこで、シグリット役を演じる、ジョアンと会うことにした。

不倫相手の作家『クリス』を連れて、打ち合わせ場所に現れたジョアン。

マリアは、意外にも礼儀正しく丁寧なジョアンを受け入れた。

ジョアンは、追いかけていたパパラッチに、不倫がばれてしまう。

ある日、マリアは、バレンティンと共に『マローヤのヘビ』を見に出掛ける。

山に登る最中、天候の悪化に見舞われてしまう。

マリアは、念願の『マローヤのヘビ』を見ることが出来た。

しかし、一緒に来たバレンティンの姿はなかった。

仕事に関して意見が合わず、2人は対立してしまう。

新しいマネージャーを付けた、マリア。

明日から始まる『マローヤのヘビ』稽古入り直前に、

演出家クラウスと、大切な打ち合わせを兼ねた夕食に出掛ける。

迎えに来たクラウスから、クリスの妻『ドロテア』が、自殺未遂を起こしたと聞く。

有名なアーティストで、美しさ・才能・全てに恵まれていた。

ドロテアは、アトリエで手首を切り、家政婦が発見した。

クラウスは、パパラッチだらけでホテルに戻れない、ジョアンを夕食に呼ぶことにした。

マリアは、それに同意した。

レストランで話す2人の元へ、ジョアンが現れる。

ドロテアは、出血多量で危篤状態だと告げる。

クラウスは、パパラッチが尾行しているので、クリスが来たら大騒ぎになる。

ジョアンに、クリスに連絡を取るよう話す。

そこへ、クリスがやって来てしまう。

写真を撮られたら、大スキャンダルになる。

クラウスのクラブへ後から来るようにクリスに話し、レストランを出る。

既に、レストランの前には、パパラッチが待ち構えていた。

3人は、迎えの車に乗り込む。

そんな出来事のあった翌日、舞台稽古初日。

マリアは、新鮮な気持ちで望む。

ジョアンは、横柄に自己の演技をマリアに押し通す。

ジョアンは、マリアに、観客は私を楽しみに見に来ると告げる。

黙り込むマリア。

2人は、舞台稽古に励み、意見をぶつけ合う。

今まで演じたことのない役に、マリアは果敢に挑む。

公演初日。

会場は、満席。

『マローヤのヘビ』の幕が上がる。

舞台に立ったマリアは、これまでにない美しさと余裕に満ちた笑顔だった・・・

『マローヤのヘビ』は、アルプス地方『シルス・マリア』に、浮かぶ雲海。

その雲は、山脈を縫うように現れる蛇の形をして、特別な気象条件の時にだけ見ることが出来る絶景。

しかも、その絶景が見れるのは、わずかな時だけ・・・

うねりゆく雲は、流れるべきところを流れ、そして去って行く。

スターになれるのは一握りで、その期間もわずかな時だけ。

いつの間にか消え失せ、人々から忘れ去られてしまう。

渦中にいれば、何も見えず不安を感じるが、

遠くから眺めれば、神秘的で美しい風景になる。

息長く生きて行くためには、どうすればいいのだろうか・・・

エレーナ・ハフリン『ナオミ・スコット』

名前ナオミ・スコット(Naomi Scott)
出身イングランド・ロンドン
生年月日1993年5月6日
経歴2019年『サターン賞』助演女優賞
『アラジン』

主な出演作品
2015年『チリ33人 希望の軌跡』
2017年『パワーレンジャー』
2019年『アラジン』『チャーリーズ・エンジェル』

ジェーン・カノ『エラ・バリンスカ』

名前エラ・バリンスカ(Ella Balinska)
出身イングランド・ロンドン
生年月日1996年10月4日
経歴父親は、ポーランド人で、ミュージシャン『カズ・バリンスキー・ジャンジル』
母親は、アフリカ系カリブ人の祖先を持つ、元モデルでシェフ『ロレーヌ・パスカル』
『ギルフォード演技学校』で、演技を学ぶ。
『アカデミー・オブ・パフォーマンス・コンバット』で、アクションを学ぶ
モデルとして活動していたが、2015年イギリス映画『Junktion9』女優デビュー。
その後、多数のショートフィルムに出演。
2018年『カジュアリティー』『バーナビー警部』などのドラマに出演。
ハリウッド作品初出演『チャーリーズ・エンジェル』
オーディションにて、ジェーン役に、大抜擢される。

主な出演作品
2015年『Junction 9』
2017年『A Modern Tale』
2019年『チャーリーズ・エンジェル』
2020年『Run Sweetheart Run』

レベッカ・ボズレー『エリザベス・バンクス』

名前エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)
出身アメリカ・マサチューセッツ州・ピッツフィールド
生年月日1974年2月10日
経歴2011年『エミー賞』ゲスト女優賞(コメディ部門)(ノミネート)
2012年『エミー賞』ゲスト女優賞(コメディ部門)(ノミネート)
『30 ROCK/サーティー・ロック』
2015年『エミー賞』ゲスト女優賞(コメディ部門)(ノミネート)
『モダン・ファミリー』

主な出演作品
2000年『シャフト』
2002年『スパイダーマン』『スウェプト・アウェイ』
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
2003年『シービスケット』
2004年『スパイダーマン2』
2005年『40歳の童貞男』
2006年『スリザー』『インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン』
2007年『スパイダーマン3』『幸せのセラピー』『ブラザーサンタ』
2008年『ラブ・ダイアリーズ』『デイブは宇宙船『やさしい嘘と贈り物』
『恋するポルノ・グラフィティ』『ブッシュ』『ぼくたちの奉仕活動』
2009年『ゲスト』
2010年『スリーデイズ』
2011年『我が家のおバカで愛しいアニキ』『スパイラル 〜危険な関係〜』
2012年『崖っぷちの男』『ハンガー・ゲーム』
『恋愛だけじゃダメかしら?』『ピッチ・パーフェクト』
2013年『ムービー43「Ned ネッド」』『ハンガー・ゲーム2』
2014年『リトル・アクシデント -闇に埋もれた真実-』
『恋するブロンド・キャスター』『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』
2015年『ピッチ・パーフェクト2』『マジック・マイクXXL』
『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』
2017年『パワーレンジャー』『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』
2018年『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』
2019年『ブライトバーン 恐怖の拡散者』『チャーリーズ・エンジェル』

ジョン・ボズレー『パトリック・スチュワート』

名前パトリック・スチュワート(Sir Patrick Stewart)
出身イングランド・ヨークシャー州・マーフィールド
生年月日1940年7月13日
経歴1990年『サターン賞』男優賞(テレビ部門)
『新スタートレック』
1997年『サターン賞』男優賞(ノミネート)
『ファースト・コンタクト/STAR TREK』
1998年『エミー賞』主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)(ノミネート)
1999年『ゴールデングローブ賞』男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)
(ノミネート)『モビー・ディック』
2000年『サターン賞』男優賞(テレビ部門)(ノミネート)
『A Christmas Carol』
2001年『サターン賞』助演男優賞(ノミネート)
『X-メン』
2005年『ゴールデングローブ賞』男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)
(ノミネート)『The Lion in Winter』
2006年『エミー賞』ゲスト男優賞(コメディ部門)(ノミネート)
『エキストラ:スターに近づけ!』
2010年『エミー賞』助演男優賞(ミニシリーズ・映画部門)(ノミネート)
『Hamlet』
2016年『ゴールデングローブ賞』テレビシリーズ男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)『Blunt Talk』
2018年『サターン賞』助演男優賞
『LOGAN/ローガン』

主な出演作品
1975年『怒りの日』『Hedda』
1981年『エクスカリバー』
1984年『ウィンディー』『デューン/砂の惑星』
1985年『ワイルド・ギースII』『スペースバンパイア』
『コードネームはエメラルド』『贖われた7ポンドの死体』
1986年『レディ・ジェーン/愛と運命のふたり』
1991年『L.A.ストーリー/恋が降る街』
1993年『ロビン・フッド/キング・オブ・タイツ』
1994年『ガンメン』『ジェネレーションズ/STAR TREK』
1995年『ジェフリー!』『スィート・ダンス』
1996年『ファースト・コンタクト/STAR TREK』
1997年『陰謀のセオリー』『トラブルボーダー』
1998年『スタートレック/叛乱』『ダッド・サベージ』『SAFE HOUSE セーフハウス』
2000年『X-メン』
2001年『ネメシス/S.T.X』
2003年『X-MEN2』『THE LION IN WINTER 冬のライオン』
2005年『ジェラルド・バトラー in THE GAME OF LIVES』
2006年『X-MEN:ファイナル ディシジョン』
2009年『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
2013年『ウルヴァリン:SAMURAI』
2014年『X-MEN:フューチャー&パスト』『コンフェッション 〜ある振付師の過ち〜』
2015年『Christmas Eve』『グリーンルーム』
2017年『LOGAN/ローガン』『ワンダフル!ウエディング~結婚できる人できない人~』
2019年『クエスト・オブ・キング 魔法使いと4人の騎士』
『チャーリーズ・エンジェル』『Coda』

Sponsored Links

『チャーリーズ・エンジェル』海外の評価や女優キャストが美人すぎ!

『クリステン・スチュワート』は、子役として9歳の頃から、活動しています。

2017年『ガブリエル・シャネル』のイメージモデルに起用されました!

現在は『ジェンダーフリー』として、女性と交際しています。

『ナオミ・スコット』は、2008年『ディズニーチャンネルUK』コメディドラマ『Life Bites』

メインキャスト『ミーガン』役で、デビューします。

2011年『フォックス』SFドラマ『Terra Nova 〜未来創世記』

メインキャスト『マディ・シャノン』役で、13話に出演。

2011年『ディズニーチャンネル』オリジナルムービー『レモネード・マウス』

『モヒニ(モー)・バンジャリー』役で、出演。

アメリカで、570万人が初回放映を視聴しました。

2017年『パワーレンジャー』

映画シリーズ3作目で、20年振りのリブート作品。

『キンバリー・ハート』(ピンクレンジャー)役で、出演。

本作で、知名度が上がり『ティーン・チョイス・アワード』に、ノミネートされます。

2019年『アラジン』

ディズニーの長編アニメーションを、実写リメイクした作品。

本作のヒロインで、ディズニープリンセスの1人『ジャスミン』を演じます。

2019年版『世界で最も美しい顔ベスト100』で『第5位』に選ばれました!

『エラ・バリンスカ』は、モデルで、身長が『180cm』あります。

抜群のスタイルです!

本作は、三人三様の美人が、集結しています!

『チャーリーズ・エンジェル』は、製作上、続編作品になっています。

しかし、現実的に考えて、リブート作品だと思います。

2003年6月27日公開『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』から、16年以上経過しています。

続編として捉えた場合、10代・20代は、興味を示すのでしょうか。

2019年11月15日、3452スクリーンで公開されました。

『ボックスオフィス』週末興行収入835万ドル。第4位。

2020年1月16日まで、2カ月間公開されましたが、興行収入は、1780万ドル。

世界興行収入、7055万ドル。

マーケットとして期待されていた中国も、1080万ドル止まりでした。

海外評価は、興行収入に現れていると思います。

第1作『チャーリーズ・エンジェル』は、3037スクリーンで公開。

『ボックスオフィス』週末興行収入4012万ドル。第1位。

世界興行収入、2億6410万ドル。

第2作『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』は、3459スクリーンで公開。

『ボックスオフィス』週末興行収入3763万ドル。第1位。

世界興行収入、2億5917万ドル。

第2作は、続編として興行的には成功を収めますが、作品としては酷評されます。

『第24回 ゴールデンラズベリー賞』2部門を受賞。

最低リメイク及び続編賞・最低助演女優賞『デミ・ムーア』

メジャー作品の続編が、前作を超える事は難しく、見る目も厳しくなるのは仕方ないと思います。

製作側からすると、ヒット作のリブートは、興行収入の面で見込みが立ち易く安直になりがちですが、

オリジナルと比較され、興行が上手く行かない作品は、多々あります。

本作は、他のヒットしたリブート作品と同様に、

企画段階で、リブート作品と位置付けて脚本を書き、一新すべきではなかったかと思います。

第1・2作で、製作・出演『ドリュー・バリモア』が、製作総指揮を務めています。

テレビシリーズで製作総指揮、第1・2作で製作『レナード・ゴールドバーグ』も、製作総指揮です。

過去の経験を、活かすことは出来たはずだと思います。

『クリステン・スチュワート』は、ヒット作『トワイライト』シリーズで、主演『ベラ・スワン』役を演じ、

『キッズ・チョイス賞』『ティーン・チョイス賞』『MTVムービー・テレビ賞』などで、何度も受賞しています。

10代・20代には、認知されていると思いますが、それ以外の世代に、どれだけ認知されているのかだと思います。

20014年5月23日フランスで公開された、フランス・スイス・ドイツ合作『アクトレス〜女たちの舞台〜』

演技が評価されて『第40回 セザール賞』アメリカ人女優としては、史上初となる『助演女優賞』受賞。

『第50回 全米映画批評家協会賞』『第81回 ニューヨーク映画批評家協会賞』助演女優賞を受賞。

演技を認められていて、良質な作品です。

『ナオミ・スコット』は、2019年5月24日公開『アラジン』で、大役を演じたばかりです。

『エラ・バリンスカ』は、ハリウッド作品も初めてで、オーディションで大抜擢されたばかりの新人です。

今から知名度を上げて行く女優3人を、エンジェルとして起用して、世界規模でマーケットを捉えるのであれば、

少なくとも敵対する役を、インパクトがあり演技が出来る著名俳優を、キャスティングすべきではなかったでしょうか。

本作に、前作を知る、30代以上の世代が興味を示すのでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

映画『チャーリーズ・エンジェル』を、まとめてみました。

『2020年2月21日』全国ロードショーです!

『クリステン・スチュワート』『ナオミ・スコット』『エラ・バリンスカ』3人の演技が楽しみですね!

本作が、3人を知るきっかけになればと思います!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)