24JAPANのキャストを本家の配役を比べてみる!ニーナ役はだれなの?

ドラマ『24 JAPAN』はすでに日本でもDVDやVODで配信されている『24-TWENTY FOUR-』(アメリカ、2001)の日本版です。

アメリカ版の主人公はキーファー・サザーランドが演じるジャック・バウアーですが、日本版では唐沢寿明さんが演じる獅堂現馬(しどう・げんば)となります。

現在、アメリカ版のseason1に相当する内容が日本版で放送されていますが、ここでは、物語のカギを握るニーナ・マイヤーズは誰なのかをご紹介します。

Sponsored Links


24 JAPANをご紹介

唐沢寿明さんからのドラマ紹介

主演の唐沢寿明さんからのドラマ紹介です。ちょっと硬い感じはしますが、これも唐沢さんの演技?

あらすじ

日本初の女性総理大臣候補の朝倉麗(仲間由紀恵)の命を狙うテロリスト集団。

そのテロリスト集団からテロ対策ユニット(CTU)に潜り込んでいる何者か(スパイ)がいる!

これまで、3人のCTUメンバーを告発してきた獅堂現馬(唐沢寿明)がCTU東京本部長の郷中兵輔(村上弘明)からスパイを見つけ出すように指示を受けます。

獅堂が初めに目をつけたのが、CTU東京本部第一支部長の鬼束元司(佐野史郎)ですが、鬼束はスパイなのか?獅堂はテロ集団から麗や家族を守れるのか?スパイは誰か?

『24 -TWENTY FOUR- season1』(アメリカ版)

ストーリー

『24 -TWENTY FOUR- season1』は黒人初のアメリカ大統領候補であるデイビット・パーマー議員の暗殺計画です。

ここでは、主人公のジャックが誘拐された娘や妻を人質に取られながらもCTU内の裏切者を暴き、暗殺計画を阻止します。

アメリカ版の裏切者はニーナ


アメリカ版のネタバレとなりますが、裏切者はニーナ・マイヤーズです。

サラ・クラークが演じたニーナ・マイヤーズは過去にジャックと親密な関係にあった女性で、season1ではCTUロサンゼルス支局のアシスタント・チーフとして登場しました。

Sponsored Links

日本版のニーナはこの人!

獅堂の身近にいて、獅堂が信頼を寄せている水石伊月(栗山千明)が最もニーナに近い存在です。テロリスト集団のスパイは伊月と考えていいでしょう。

水石伊月をご紹介

栗山千明さんが演じる水石伊月さんはCTU第1支部A班のチーフです。第1話をご覧なった方はお分かりだと思いますが、獅堂からかなり信頼を得ています。

獅堂が鬼束から情報を聞き出すために強引な脅迫をしましたが、獅堂は真っ先に伊月を頼りました。

さらに、伊月と獅堂は過去に恋愛関係で何かあったようです。

ニーナと伊月の共通点

伊月はニーナとかなり似たところがあります。日本版ニーナは水石伊月で決まりでしょう!

名前ニーナ伊月
性別女性女性
年齢30才前後不明(栗山さんは36才)
CTUでの職位アシスタント・チーフ第1支部A班チーフ
主人公との過去元恋仲恋愛関係で何かあった
現在の恋人分析官・トニー暗号解析係長・南条

サラ・クラークさんと栗山千明さんとの見た目も似ていますね。

Sponsored Links

まとめ

24 JAPAN』のニーナをアメリカ版の配役と比べて考えてみました。

その結果、日本版ニーナは栗山千明さんが演じる水石伊月で間違いなし!

栗山千明さんの演技を見ても何か意味深な感じがします。

スパイは伊月ですね。この辺も確認しながら『24 JAPAN』を楽しみましょう!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)