ペニンシュラが続編なのに新感染と違うところは何?キャストや設定まとめ!

ゾンビ蔓延! 国家機能が停止した韓国から脱出せよ!!

前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、釜山に向かう高速鉄道の車内で凶暴化した感染者たちに立ち向かう人々の姿を描き、大ヒットを記録。

韓国発ゾンビ映画『新感染』の4年後を描いた続編『ペニンシュラ』が、2021年1月に日本公開されることが決定しました!

コン・ユさんといえば『新感染』を思い出す方もおられるかもしれませんよ。

その続編なのですが、残念ながらコンユさんは出演されるという情報はないです。

ただ期待値は高いと思うので楽しみです。

Sponsored Links


韓国発ゾンビ映画『新感染』

2016年の韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、突如ゾンビ・パンデミックに見舞われた韓国で、ソウルから釜山に向かう高速列車に乗り合わせた人々が生き残ろうとする姿を描いたサバイバルアクションで、謎のウイルスの感染拡大によって引き起こされる恐怖と混沌を描き、本国はもとより世界中でも大ヒット!

登場した韓国ゾンビは、人に群がって血肉をむさぼることもなく、ただ噛みつき感染を広げるだけのマイルドゾンビ・・・でも凶暴性や俊敏性はかなりのもの!

本作はカンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門に特別招待作品として出品されたほか、ファンタジア国際映画祭の最優秀作品賞ほか多数の映画賞も受賞し、全世界の映画際でも大絶賛されました。

日本でもスマッシュヒットを飛ばし、ハリウッドリメイクが決定するなど世界各国で興行・批評の両面で高い評価を得、続編への期待の声が高まり続けていました。

『ペニンシュラ』あらすじ

韓国全土に広がったバイオハザードによるパンデミックから4年が経ち、ペニンシュラ(半島)は廃墟と化した。

4年ぶりに半島に戻ってきた軍人ジョンソク(カン・ドンウォン)は、生存者の女性ミンジョン(イ・ジョンヒョン)と出会う。

ゾンビたちは以前にも増して音と光に敏感になり、より反応の速度が速くなっていた。

廃墟の半島からの脱出を胸に、ジョンソクやミンジョンたち生存者たちは最後の死闘を繰り広げることになる。

続編なのに新感染と違うところは

前作の原題は「釜山行」で、続編の英題は『Peninsula (ペニンシュラ)』、日本語では「半島」を意味します。

前作から4年が経過した同じ世界観を描いている続編だが、明らかに荒廃した終末世界が半島に広がっている。

続編とあって期待が膨らみますが、予告編を見る限りでは前作とは全く別物である感じ。

韓国の国家機能は完全に止まり、ゾンビたちに襲われる恐怖の他にも生存者たち同士の間でも厳しい生存競争が起こっている様子。

前作では時速300キロで疾走する高速鉄道内という制約ある密室の中でのアクションが際立っていたが、続編ではアクションが得意なカン・ドンウォンの特性を活かした、市街地での激しいアクションも展開されるようです。20分にも及ぶ刺激的なカーチェスなどが大きな話題になっています。

キャストや設定

「ペニンシュラ」は、「新感染 ファイナル・エクスプレス」も手掛けたヨン・サンホ監督が続投し、主演に国民的スター俳優カン・ドンウォンを迎えて製作。

前作ではソウルから釜山の高速鉄道に、謎のウィルスに感染したひとりの女が転がり込み主人公のソグ親子のほか、妊婦と夫・野球部の高校生たち・身勝手な中年サラリーマンなど、さまざまな乗客たちが、感染者に捕らわれれば死が待ち受けるという極限状態の中で生き残りをかけて決死の戦いに挑み、それぞれの人間ドラマが描かれました。

続編の舞台は「新感染 ファイナル・エクスプレス」の4年後の“半島”です。

人間を凶暴化させる謎のウイルスの感染爆発で荒廃したソウルに、元兵士の男がある任務を果たすため戻ってきた。

その後、彼は窮地を救われた母子とともに“半島”からの決死の脱出を図る。

出演者も一新され、本作では主演を韓国の国民的スター カン・ドンウォンが務め、共演にイ・ジョンヒョンが名を連ねています。

カン・ドンウォン

韓国の国民的スター カン・ドンウォンは大学2年の頃からモデルとして活動後、2003年にドラマで俳優デビュー。

以来、CM・ドラマを中心に活躍し、2004年の映画『彼女を信じないでください』でキム・ハヌルと共演した後は、新世代“花美男”スターの仲間入りを果たす。

若い女性の注目を一身に集めている若手俳優で、切れ長の潤んだ瞳がとても印象的。

イ・ジョンヒョン

ジョンソクと共に命を懸けて戦う強い女・ミンジョンを女優イ・ジョンヒョンが演じます。

ジョンヒョンは、高校在学中に映画「花びら」に出演して女優としてデビュー。

歌手デビューもしており、韓国では「テクノの女王」とも呼ばれることがあり数々のアルバムを出しています。

女優としても歌手としても、多数の受賞歴がある評価の高い女優さんです。

Sponsored Links

まとめ

突如ゾンビ・パンデミックに見舞われた韓国から脱出する人々を描いたゾンビ映画『新感染』は世界各国で大ヒットし、続編への期待の声が高まり続けていました。

『新感染』の4年後の世界を描く続編『ぺニンシュラ』が、2021年1月に日本公開されることが決定!

『ペニンシュラ』2021年1月公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)