青春の記録|9話ネタバレ感想と考察!ジョンハが独立?パクソジュン(セロイ)が友情出演で歓喜!

8話でヘジュンはドラマに出演して一躍人気者になります。

一方、ジョンハへの嫌がらせはますますひどくなります。

耐えきれなくなったジョンハは美容院を辞める決意をします。

それでは早速9話をお送りします。

Sponsored Links


「青春の記録」9話ネタバレは?

活躍するヘジュンに父親は?

ヘジュンは新しい車を買ってジョンハとデートを楽しみます。

翌朝ヘジュンはジョンハを専属契約できないかミンジェに頼みます。

家ではジヌの母親のキョンミはヘジュンのサインをもらいにわざわざ訪ねて来ます。

そんなヘジュンに父親のヨンナムは浮かれるなと注意します。

しかし隠れてヘジュンのドラマをみて浮かれていました。

ジョンハは父親に独立することを告げます。

父親はそんなジョンハを応援します。

映画の制作発表は脇役ながらいま注目のヘジュンに合わせた日程になります。

それをきいたテスは不機嫌になります。

ヘナはジヌと関係を持ってしまいます。

そのことをジアに相談します。

ジアはジヌとは別れた方がいいと言いますが、ヘナは母親を説得して見せると答えます。

しかしジアはいつか親の言いなりになるしかないと分かるはずだとつぶやきます。

独立しようとするジョンハは?

ミンジェはヘジュンとジョンハと食事をします。

そしてジョンハにヘジュンの専属にならないかと誘います。

ジョンハはヘヒョの専属だから確認しないといけないと答えます。

さらに店を辞めるようなことを話します。

ジョンハが店を出たあとミンジェはヘジュンに何も聞いてないのか尋ねます。

ヘジュンは決まったら教えてくれるからと答えます。

インタビューを受けるヘジュンのもとにミンギから広告の仕事が決まったと連絡が入ります。

その日の夜ミンギはピザを家族におごります。

ミンギは広告モデルに選ばれたと報告します。

しかしヨンナムは詐欺じゃないかと疑います。

結局ヨンナムとヘジュンの言い争いになってしまいます。

映画の制作発表でヘジュンは主役のドハよりも注目を浴びます。

さらにヘジュンはドハの代わりにCMに出演することが決まります。

それを知ったドハはテスに詰め寄ります。

テスはお前はそのままでいいと答えますが、テスはヘジュンには負けたくないと言います。

MCに選ばれたヘジュンは?

ヘジュンは時代劇にもキャスティングされ順調に撮影をします。

撮影が終わってジョンハに電話しますが、疲れているからと断られてしまいます。

ジョンハは家を売ろうとしますが、父親が断ったことを聞きます。

父親は家のお金は自分が工面すると言います。

しかしジョンハは断ります。

そんなジョンハに父親はまだ許してくれてないのかと泣きます。

そんな父親をジョンハは抱きしめます。

ヘジュンは時代劇でも活躍して人気を集めます。

そして演技大賞の司会に選ばれます。

ヘジュンは最優秀演技賞にノミネートされます。

前年の受賞者であるミンスが発表した受賞者はヘジュンでした。

「青春の記録」9話感想は?

演技大賞の前年度の受賞者ミンス役でパク・ソジュンさんが登場しました。

パクポゴムさんとの絡みは貴重すぎますよね。

次回も登場するようなので楽しみです。

そして時代劇に出演するヘジュンがかっこよすぎます!

まさかアクションを見れるなんて驚きです。

ジョンハは独立するために行動を起こします。

しかしヘジュンには相談しません。

この行動は2人の関係にどんな影響を与えるのでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「青春の記録」9話をお送りしました。

演技大賞を受賞したヘジュンはスターになります。

しかしジョンハとの関係はどうなるんでしょうか。

次回10話が待ち遠しいです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)