てんがらもん(映画)ネタバレあらすじや天外者の意味とは?ロケ地やキャスト情報も!

武士の魂と商人の才を持つこの男は・・・五代友厚(ごだい ともあつ)。

この男は、激動する幕末の中で生涯をかけ日本の未来を切り開いた!

本作は、近代日本の未来を切り開いた“五代友厚”の熱い人生を、近代日本の夜明けと共に、壮大な青春群像劇として描かれます。

Sponsored Links


知られざる偉人・五大友厚とは?

物語の主人公となるのは、激動の幕末から明治初期にかけて日本の未来のために奔走した五代友厚。

この男は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、近代日本経済の基礎を構築した稀代の天外者(てんがらもん)と呼ばれたことでも知られている。

またその交友関係も幅広く、同年代である土佐の坂本龍馬・岩崎弥太郎・長州の伊藤博文とは、共に学び、遊び、夢を語り合った仲だった。

さらには高杉晋作・勝海舟・大久保利通・西郷隆盛・大隈重信・トーマス・グラバーといった日本を語る上で欠くことが出来ない偉人・傑物たちとも交わり、友として彼らを支えたという。

本作は、朝ドラでも人気を博した五代友厚の半生を描くオリジナル作品となる。

あらすじ

江戸末期、ペリーが黒船で浦賀にやってきた。

ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士がいた・・・その二人とは五代才助と坂本龍馬。

激動の幕末は尊皇攘夷派の人間も多く、二人は大勢の侍に命を狙われている。

日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。

攘夷か、開国か・・・五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。

そんな折、遊女のはると出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬・岩崎弥太郎・伊藤博文らと志を共にするのであった。

主人公の五代友厚は、日本の武士(薩摩藩士)で実業家、幕末に坂本龍馬ら同世代の若者たちと交わって、翻弄されながらも新たな時代を切り開く姿が描かれます。

本作の脚本・小松江里子×監督・田中光敏 のコンビは、『利休にたずねよ』『海難 1890』を生み出した映画界の名コンビ!

天外者の意味とは?

天外者(てんがらもん)とは、五代友厚の出身地の鹿児島の方言で「すごい才能の持ち主」を意味します。

五代友厚は、2015年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で登場し、俳優のディーン・フジオカが演じたが、朝ドラ時にはあまりの人気に脚本が変わり、1カ月“延命”したとの逸話が残るほどでした。

坂本龍馬や五代友厚には敵も多く劇中で亡くなったあとに “五代様ロス”が続出するほどの大フィーバーを生みました。

五代友厚は朝ドラでも人気を博した、天外者なのです。

ロケ地やキャスト情報

■舞鶴 赤レンガ倉庫・・・舞鶴の赤レンガ倉庫で目撃情報があったということです。
西川貴教さんの色紙が並んでいたということで“てんがらもん”のロケにきていたようです。

天外者の舞台は、幕末から明治初期ということで異国情緒のある建物が出てくるのではないでしょうか。

西川貴教さんの目撃情報のあった舞鶴の赤レンガもそうですが、そういった情緒を感じるところで撮影が行われたのではないかと予想しています。

異国情緒ということで調べてみると、他にも映画のイメージと合いそうな場所は横浜カトリック教会・神戸風見鶏の館・神戸英国館・長崎眼鏡橋などがロケ地ではないでしょうか。

また、本作の監督を務める田中監督と脚本家の小松江里子さんは、長崎を訪れた時に撮影地に出島を想定していることを長崎市長に話しています。

Sponsored Links

キャスト

本作は三浦春馬を主演に豪華キャストが集結! 熱き志を持つ男たちが、日本をどのように動かしていったのかが見どころです。

五代友厚役/三浦春馬

映画では、ペリー来航後の激動の幕末から明治を舞台に、世界に目を向けながら五代友厚が仲間と共に熱き夢を志す若き時代から描かれる。

演じた三浦春馬は、大胆な発想と行動力を備え緻密さと優しさを持つ友厚を、かつて見たことのない迫力と重厚な演技で体現しました。

残念ながら、本作は三浦春馬さんの遺作となる最後の映画となりました。

彼を取り囲む盟友の坂本龍馬を三浦翔平。龍馬と共に現れ、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を、愛嬌たっぷりの西川貴教。そして初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を、フレッシュな森永悠希。

更に五代友厚の両親として、生瀬勝久と筒井真理子が脇を固め、薩摩の上級武家としての品位と葛藤を表しています。

他にも、遊女はる役の森川葵。また五代友厚の志のよき理解者である妻・豊子を蓮佛美沙子が演じます。

Sponsored Links

まとめ

この男は、生涯をかけ日本の未来を切り開いた・・・稀代の“てんがらもん” 五代友厚。

本作は、近代日本の未来を切り開いた“五代友厚”の壮大な物語を描きます

『天外者(てんがらもん)』2020年12月11日(金)公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)