ハニーレモンソーダ(映画)ネタバレあらすじや原作の結末は?キャストやロケ地が気になる!

2021年夏全国公開予定の「ハニーレモンソーダ」は少女漫画誌「りぼん」で村田真優さんが連載中の同名漫画の実写化です。

原作コミックは累計400万部(電子書籍含む)の大ヒット作品です。

主演に人気男性アイドルグループ・Snow Manのメンバーのラウールさん、またヒロインには、映画「虹⾊デイズ」などに出演の吉川愛さんがキャスティングされています。

今回はそんな話題の映画である「ハニーレモンソーダ」のネタバレあらすじ、キャストやロケ地などをお送りします。

Sponsored Links


映画「ハニーレモンソーダ」ネタバレあらすじは?

石森羽花は中学時代に石と呼ばれていじめられていました。

そんな自分を変えるために羽花は自由な高校に入学します。

その高校で羽花はレモン色の髪の三浦界に出会います。

実は界こそが羽花がこの高校を選んだ理由でした。

界はみんなの人気者で自由奔放な性格でした。

そして普段は塩対応の界ですが、なぜか羽花の世話を焼いてくれます。

そんな界に羽花はどんどん惹かれていきます。

一方で、界もまた羽花のひたむきさに初めての感情を抱くようになります。

やがて、ふたりの距離は縮まります。

しかし界には誰も知らない秘密がありました。

原作の結末は?

「ハニーレモンソーダ」は2020年9月現在でまだ連載中です。

原作の結末はまだわかりません。

映画版はおそらくオリジナルの結末になると思います。

どんな結末になるのか今から楽しみですよね。

映画「ハニーレモンソーダ」のキャストは?

三浦界役/ラウール (Snow Man)

名前ラウール
出身東京都
生年月日2003年6月27日

羽花の同級生でクラスの人気者の三浦界役を大人気アイドルグループのSnow Manのラウールさんが演じます。

界はレモン色の金髪が特徴で羽花のあこがれの人です。

ラウールさんは父がベネズエラ人、母が日本人のハーフです。

2019年ドラマ「簡単なお仕事です。に応募してみた」、「決してマネしないでください。」に出演しています。

この「ハニーレモンソーダ」が映画初単独主演となります。

石森羽花役/吉川愛

名前吉川愛
出身東京都
生年月日1999年10月28日

いじめられていた過去がある石森羽花役を吉川愛さんが演じます。

羽花はその過去のせいで笑うことも泣くことも忘れてしまっていたが、界と出会ったことで自分を変えたいと思うようになります。

吉川愛さんは子役出身ですが、2016年に学業に専念するために芸能活動を停止します。

その後2017年に再び活動を始めます。

復帰後は、2019年ドラマ「初めて恋をした日に読む話」や2019年映画「十二人の死にたい子どもたち」に出演しています。

Sponsored Links

映画「ハニーレモンソーダ」のロケ地は?

そんな胸キュン映画「ハニーレモンソーダ」のロケ地はどこなんでしょうか。

調べてみたことろ撮影の目撃情報がいくつもありました。

湘南のショッピングモール「テラモ湘南」や横浜の馬車道や桜木町などでラウールさんが撮影しているとのことです。

またエキストラの募集情報によると、神奈川県藤沢市近郊、横浜市鶴見区、横浜市西区、横須賀市などで撮影が実施されるようです。

おそらく神奈川県がロケ地だと思われます。

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画「ハニーレモンソーダ」のネタバレあらすじなどをお送りしました。

公開は2021年夏の予定です。

雑誌「セブンティーン」の「読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング」で、1位を獲得した待望の実写化作品です。

いまから公開が待ち遠しいですよね!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)