青春の記録|6話ネタバレ感想と考察!ヘジュンは成功するの?ヘジュンとジョンハのキスシーンが話題に!

5話でついにヘジュンがジョンハに告白しました!

ジョンハはヘジュンとはあくまでファンとして付き合いたいと言っていました。

そんなジョンハはどんな返事をするのでしょうか。

それでは早速、青春の記録の6話ネタバレ感想と考察をお送りします。

Sponsored Links


「青春の記録」6話ネタバレは?

告白されたヘジュンは?

ヘジュンはジョンハに告白示します。

ジョンハは「うちに傘があるから。」と自分の家に誘います。  

そして「ゆっくり教える。」と答えます。

ジョンハはヘジュンが帰るときに告白を断ろうとします。

「私たちどうなるの。」というジョンハにヘジュンは「ゆっくり答えるは拒絶の意味だと。」と答えます。

そして「好きは好きだけど。」というジョンハに「じゃあなにをすべきだと思う?」と尋ね「恋愛。」と言います。

ジョンハは負けたと思います。

そしてシニアモデルを目指す祖父のミンギのメイクをする約束をし今度はミンギのオタクになると宣言します。

美容院ではジョンハがデザイナーに昇格します。

ヘヒョは花を持って美容院に行きます。

ジョンハからデザイナーに昇格したことを聞くと食事をおごると言います。

しかしヘジュンと約束があると断られます。

ヘジュンとはファンの関係でいようと思ったのに無理かもとジョンハは言います。

そのジョンハをヘヒョは複雑な表情で見ます。

ヘジュンのドラマ出演が決定?

そんな時映画の主演のパク・ドハの暴力事件がニュースになります。

ミンギのポートフォリオを撮影するため、ヘジュンはジヌに撮影を頼みます。

ジョンハはヘヒョのCM撮影のために遅れて参加します。

撮影が終わり打ち上げをしているとジヌがヘジュンがミニシリーズに出演が決定したと発表します。

ミンギはこんないい夜はないと喜びます。

その帰りヘジュンはジョンハを映画に誘います。

ジョンハは見たい映画があると答えます。

2人は朝7時から映画を見に行きます。

映画を見終わったヘジュンはジヌと会います。

そしてジヌがヘヒョの妹ヘナと付き合っていることを知ります。

ヘジュンは家に帰りミンギにポートフォリオを渡します。

夕食ではヘジュンのドラマ出演が家族の話題になります。

詳しい話が聞きたいとエスクが尋ねます。

ヘジュンはミンジェに電話しますが通じません。

翌日ヘジュンはミンジェの家を訪ねます。

そこでヘジュンはドラマ出演がなくなったことを聞きます。

エスクはヘヒョの家でイヨンからヘジュンのドラマ出演がないことを聞きます。

父親に殴られたヘジュンは?

ヘジュンの家ではミンギがモデルの練習をしていました。

そこにエスクとキョンジュンが帰ってきます。

その時ミンギが倒れます。

2人はミンギを病院に連れて行きます。

しかしミンギは過労で倒れたということでした。

ミンギが倒れたと連絡を受けたヨンナムは入院の準備のために部屋に行きます。

そこでミンギがシニアモデルを目指していることを知ります。

そして帰ってきたヘジュンにミンギをたきつけたのはお前かと怒ります。

現実に目を向けろというヨンナムにヘジュンはこれが自分たちの現実的だと言い返します。

そんなヘジュンをヨンナムは殴ります。

殴られたヘジュンは車で鳴きます。

その時ジョンハから遊びたいと電話がきます。

ヘジュンはジョンハに会いに行きます。

そこにはピアノがありました。

ヘジュンはジョンハを隣に座らせピアノを弾きながら歌います。

そしてジョンハにキスをします。

「青春の記録」6話感想は?

ラストでヘジュンが父親に責められるシーンはとにかく切なかったです。

あのヘジュンの涙を見て思わず一緒に泣いてしまいました。

だから余計にその涙のシーンからのジョンハとのキスシーンは胸キュンでした。

2人はこのまま上手くいくのでしょうか。

ただヘヒョもやはりジョンハのことが好きなようです。

報われない恋をしているヘヒョを見るのも辛すぎます。

ヘジュンとヘヒョの友情はどうなるんでしょうか。

そして間に恐らく未来のヘジュンやヘヒョのナレーションが流れます。

このナレーションから察するに悲しい終わりになってしまうんでしょうか涙

出来ればハッピーエンドが見たいです!

Sponsored Links

まとめ

ここまで「青春の記録」6話をお送りしました。

ドラマ出演がなくなったヘジュンはどうなるんでしょうか。

次回の展開が気になります!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)