バイオハッカーズ(Netflix)3・4話ネタバレ考察は?窮地に追い詰められたミア!この後どうする?

ここで紹介していくのは、Netflix限定で8月20日より配信されているドラマ『バイオハッカーズ』についてです。

ドラマ『バイオハッカーズ』は、このハイテクな現代にあってもおかしくないなと思わされるようなバイオテクノロジーを題材としたドラマです。

そんなドラマ『バイオハッカーズ』の第3話、第4話のネタバレ考察について紹介していきます。

ドラマ『バイオハッカーズ』(Netflix)第3、4話ネタバレ考察は?

ここでは、ドラマ『バイオハッカーズ』の第3、4話のネタバレ考察について紹介していきます。

まず、第3話のネタバレです。

最初に、ミアはまたもや両親を失ったとき、自分の腕に刺さったガラスの欠片を取り、両親を助けようと外に回り、窓ガラスを割ろうとしたり、助けを呼ぼうとしたりしている自分を思い出します。

ロレンツは出張に出かけ、それぞれ指示を受けた二人は笑顔でロレンツの元を後にします。

研究所で臨床試験を終えたミアは、記録保管室に入ろうとしますが、自分のカードキーではなぜか入れず、ロレンツの秘書を言いくるめて記録保管室へ入れてもらうことに成功します。

そこのパソコンでベン・エンゲルスという名前を調べたミアは、ここにその資料がないことを知り、絶望します。

続いて、エマという名前を調べますが、同じく所外保管と表示されます。

そこで、秘書に声をかけられたミアはとっさに所外保管とは何か聞くと、患者の情報はハッキングの恐れがあるため、ロレンツの家で預かっているのだということを聞きます。

今朝、ロレンツにヤスパーが自宅の研究所での研究を進めるように言われていたことを思い出し、ミアはヤスパーに声をかけに行きます。

朝までロレンツの実験をし、8時にはミアを迎えに行くというヤスパーはミアが去った後、謎の液体をシリンジに吸い取っていました。

場面は変わり、ヤスパーはミアを連れてパーティーに来ますが、そこにたまたまミアの同居人3人も来ていました。

ヤスパーとミアは大麻をくるんだタバコを吸い、蛍光物質で遊んでいます。

一方、同居人3人は57人のフォロワーがいる有名人のダブル-フェリックスに接触し、コネクトを作ろうと奮闘し、無事気に入られることに成功します。

そして、ヤスパーとミアは自転車でパーティーからの帰路につき、ミアはヤスパーにロレンツの家の実験はしないのかと問い、私も行きたいと懇願します。

ヤスパーは、最初はダメだと言いながらも、ミアをロレンツの家に連れていきますが、最初は外で待っていろと言われます。

しかし、トイレに行きたいと言い、ロレンツの家の中に潜入することに成功します。

そして、ヤスパーに見つからないように家の中を探る彼女は、ロレンツのパソコンにログインしようと試みますが、失敗します。

諦めた彼女は、ヤスパーのいる実験室を探して地下へと降りていきます。

そこでまず、ヤスパーの研究に使っている生物、様々な病気のワクチンなど、様々なものを目撃します。

しかし、そこで突然、ヤスパーがめまいで倒れてしまい、彼女はとっさに解熱鎮痛剤で応急処置をしますが、病院に行くのはダメだと言われます。

ヤスパーの同居人であるニクラスに電話すると、同じく病院に行くのはダメだと言われ、すぐにロレンツ邸へ駆けつけてくれました。

すぐに体を水に浸し、消炎剤を飲ませようとするニクラスに、ヤスパーはどうして病院に行ってはいけないのかをしつこく問いただすと、彼はハンチントン病で病院に行ったら治療を止められて死ぬということを聞きます。

ミアは、ニクラスがヤスパーを介抱しているところを何もできずに見ているしかありませんでした。

その後、ニクラスと話していると、実はヤスパーはロレンツに自分の貴重なDNAを提供すると共に、遺伝子治療をしてもらうのを引き換えに、助手として縛られていると主張します。

ニクラスは、ミアが止めるのも聞かずにロレンツに電話をかけ、ヤスパーを救う手立てを聞き出そうとしますが、文系の学生であるニクラスには専門的なことはわからず、結局ミアがロレンツとの電話に出て、処置をすることになります。

RNAに処理を施して、解毒剤をつくるというのでした。

しかし、指示通りに作業を行うと思ったようなものはできず、ミアは遺伝子編集において高い技術を持つ同居人のチェンルーに助けを求め、作業を行ってもらうことにします。

彼女は高い技術を持っており、確実な解毒剤がつくれましたが、責任はとれないということで、ヤスパーに投与する操作だけをミアが行います。

ヤスパーに注射を刺したとき、ミアは過去の自分が病院のベッドで祖母に抱きしめられていたことを思い出します。

ミアは、チェンルーにお礼を言い、ヤスパーに付き添うことにしました。

そして、ニクラスに先ほどロレンツと君は同類だと言われたことについて、私はロレンツと違うと主張します。

口論になった二人でしたが、そのタイミングでヤスパーが目を覚まし、ロレンツが帰宅します。

ロレンツが戻ってくる前にWi-Fiの線を抜いておいたミアは、何事もなかったようにヤスパーたちの元へ戻ります。

ロレンツはミアがなぜここにいたのか問いただしますが、ヤスパーはトイレに招いたんだと言い訳します。

しかし、ロレンツは二人きりで話したいと言い、彼女を呼び出し、ここで起きたこと、知ったことは他言無用だと言い、ヤスパーはロレンツの研究室がなければ生きていないと告げます。

そこで、解析を行った結果をメールで送ったと告げるミアに、ロレンツは携帯でそれを確認しようとしますが繋がらず、パソコンを使わせ、ログインさせることに成功します。

先に玄関へ行くというミアでしたが、ロレンツの眼を盗み、書斎に戻りパソコンでベン・エンゲルスについて調べ、その資料を印刷しようとしますが紙切れになってしまいます。

しかし、既にヤスパーとニクラスは玄関で待っているにもかかわらず、先に玄関に行ったはずのミアがいないことを不審に思ったロレンツは、書斎へと足を向けます。

次に、エマについて調べ、印刷をするミアでしたが、ロレンツに見つかりそうになり、印刷途中でそれを誤魔化し、玄関へと戻ってきます。

それを気がかりとして残したまま、ロレンツ邸を後にするミアでしたが、ニクラスに家に送ってもらった際に、エマ・エンゲルス?と聞かれます。

実は、ミアの不審な動きに気づき、ロレンツの部屋で印刷途中だったエマの資料を、トイレに行っていたニクラスが回収していたのでした。

ただ、まだ渡せないというニクラスはヤスパーを連れて家に帰って行ってしまいます。

一方、ロレンツ邸では、ロレンツがWi-Fiのコードを戻した際に、そこについた蛍光物質に気づきます。

場面は変わり、電車内で右目を赤くし、黒いパーカーにフードをかぶったヤスパーの前に女の子が座り、ヤスパーの手の内にある虫の入った瓶を指さして、捕まえたの?と問いかけます。

しかし、それをつくったと主張する彼に、怪訝な顔をして去っていく少女、ヤスパーはそれを見届け、その虫の入った瓶を開けて去っていくのでした。

ここまでが第3話のネタバレです。

ここから第4話のネタバレをしていきます。

ミアは、ニクラス、ヤスパーから怒鳴られ、ベン・エンゲルスに問いかけられ、しまいにはロレンツからも怒鳴られ、つかみかかられるという悪夢を見て目を覚まします。

起きると、たくさんのメッセージが送られてきており、焦って準備をするミアに、同居人の一人がサッカーを見に行こうと誘ってきて、断ります。

さらに他の同居人であるチェンルーが先日のパーティーで知り合ったダブル-フェリックスと会う約束をしているということを聞きます。

そして、ミアが出て行ってから他の同居人が嫌味を言ってきたことで、口論になります。

ミアは外に出て、メッセージを何通も送ってきていた主、ニクラスに電話するようにお願いする留守電を入れます。

そして研究を進めながらミアのメッセージを待つヤスパーの元へ、ロレンツがやって来て、休むように言うと共に、人を家に入れないように注意していきます。

そして、去り際、ロレンツはヤスパーにWi-Fiの電源を抜いたか尋ね、違うことがわかるとじゃあミアだと断言し、研究のことを話したかと問いただします。

ミアからの着信がありますが、ロレンツはすぐさま携帯の画面を切ります。

ロレンツはヤスパーが話していないと言ってきたので去ろうとしますが、ヤスパーはそれを引き留め、Wi-Fiを抜いたのは自分だ、熱で忘れていたと言います。

そこに再びミアからの着信があり、急用でしょうと言い、ロレンツは去っていきます。

ミアは山奥のある場所を訪れており、ヤスパーからの着信に答えますが、すぐに電話を切ります。

実はそこはヤスパーとニクラスが住む家でした。

ニクラスに先日のエマの資料を返すように言いに来たのでした。

しかし、ニクラスはそれには答えられないと言い、去っていきます。

ロレンツは、秘書にミアの履歴書を調べるように言い、不審な動きがなかったかということを問い、秘書は一つ妙なことがあったと答えます。

ミアは図書館で調べ物をしており、ヤスパーはそこへ近づいてきて昨日のお礼がしたいから5時に迎えに来ると言い、その場を去ろうとします。

ですが、どうしてもロレンツが言っていたことが気になり、Wi-Fiを抜いたのか尋ねるヤスパーでしたが、Wi-Fiが変だったから抜いただけだとミアは答え、命を救うために必死だったんだと主張します。

そんな剣幕に押されたヤスパーは、ミアに落ち着くように言い、その場を後にします。

ミアは、再びニクラスの元へやって来て、エマ・エンゲルスが自分の本当の名前であることを告白し、ベンは自分の弟で10歳の時に死んだということを告白します。

そして、ロレンツがベンに何かをして、それを父が知っていたことも告白します。

また、両親が死亡した事故現場にロレンツがいたこと、両親が即死であったこと。

ミアは、祖母と暮らし、両親とベンがどうして死んだのかということすらわからず、それを知るために資料がいる、それをベルリンにいる記者の叔父に渡したいと言い、ニクラスから試料を受け取ろうとします。

ニクラスは、ミアにコーヒーを飲んでいくように促します。

一方、ロレンツは秘書とと共に、ミアが記録保管室で何をしていたのか、カメラを通して見ながら何を聞かれたのかを調査していました。

ミアは、ニクラスの元で、資料を一通り見ましたが、ひとりではなかなか読み解くことができず、ニクラスの助言によって、資料を書いた人物を特定することができました。

そして、その人の元へすぐに向かうことにします。

一方で、ロレンツはミアのDNAを元に似顔絵を割り出しますが、それがミアに似ても似つかないこと、そばかすの遺伝子がないことをヤスパーへ伝え、ミアがスパイなのではないかと疑い始めます。

ヤスパーはミアがスパイだなんてばかばかしい、被害妄想だと言い、去ります。

ミアの同居人たちは、サッカーのチケットが偽物だったり、本当は自分に注目してくれたと思っていた人がそうでなかったりと散々で慰め合おうとしたところに、ヤスパーがやって来て、ミアの居場所を尋ねられます。

ミアは電車でニクラスと共に移動中でしたが、ミアはヤスパーにまだ図書館にいて明日までに終わらせなければならない仕事があると嘘をついて誤魔化します。

そこで、帰ろうとした同居人のチェンルーがヤスパーに一緒にサッカーを見ようと誘い、3人でサッカーを見ることになります。

ミアはニクラスに罪悪感がないわけではない、ロレンツに近づくには仕方なかったと言い、彼のことが好きなのは本当だと言います。

しかし、ニクラスはヤスパーをだましているのは本当で、本当のことを話せと言いますが、ミアは聞き入れません。

ミアの不自然な言動などを思い返していくヤスパーは、同居人のビールがバイオハッキングの最初であるという言葉に我に返り、トイレに行くふりをしてミアの部屋へと侵入します。

ミアとニクラスは、偽名を使って、資料を書いたと思われるアーノルド・シューマンへ会いに行きます。

シューマンは、ハウジは亡くなったのかと職員に言い、陥れようとしていると不自然な発言をし、さらにはニクラスにも陥れようとしていると言ってきます。

どうやら彼は認知症のような病気だと察知したミアは、二人にしてくれとニクラスに頼みます。

ミアはベンとエマの資料の中にあったホモ・デウス計画について彼に問いただします。

そして、ここにあるエマは自分であることを告白します。

一方、ミアの部屋に入ったヤスパーはふとスピーカーをつけますが、おかしなノイズが入ったことを不可解に思い、スピーカーに近づきます。

ミアはシューマンから聞き出そうと、正直に答えないとハウジに会えないと脅します。

そして、シューマンは遺伝病の治療のために人体実験は必要だったとしたうえで、気づいた時にはもう遅かったと告げます。

実はわざとベンやエマを含む実験対象の子供たちを病気にして、治療対象としていたことを告げ、なぜ君は生きているのかと問います。

ミアは、その事実に怒りを隠せず、その場を後にします。

ヤスパーはミアの部屋から出てそのままそこを後にします。

ミアは、先ほど聞いた事実に怒りをにじませながら、ロレンツを一生苦しめてやるとニクラスに言い、ニクラスは一緒に協力しようと言います。

ミアはそれには答えず、ヤスパーに会うと言い、約束の場所へと向かいます。

ヤスパーはミアに君は誰だ?誰に雇われた?と問い、正直に言えと言います。

ミアは遺伝情報が保存されるのが嫌だったから自分のサンプルをすり替えたこと、ヤスパーのことを好きだということを伝えますが、ヤスパーは笑いながら出て行ってしまいます。

ヤスパーはミアの部屋で、スピーカーに隠された新聞記事や写真を見てしまったのです。

そして、部屋に落ちていたヘアゴムから採取したミアの髪の毛でDNAを解析してしまったのです。

ヤスパーは、ミアはスパイで、何もかも知っているとロレンツに連絡をします。

しかし、ミアはそれよりも先にロレンツの家を訪ね、私はミアじゃないと言います。

というところまでが第4話のネタバレでした。

今回は遂にミアの狙いが周りの人々にバレてしまったりと、ミアにとっては不利な状況に追い込まれてしまう場面が多くあったように思います。

しかし、ミアは本当にヤスパーのことが好きで、復讐と愛の狭間で揺れているという葛藤が見え、とても面白いところだったのではないかと思われます。

ヤスパー、ロレンツなどに狙いがバレてしまいそうな今、ミアはどうやってこの状況を切り抜けていくのか、楽しみなところですね。

まとめ

ここまでドラマ『バイオハッカーズ』第3話、第4話のネタバレ考察について紹介してきました。

次の第5話、第6話でどう展開していくのか、楽しみでなりませんね。

全6話、8月20日に同時配信されているので、ぜひ見てみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)