生きちゃった(映画)ネタバレやあらすじ!キャストや原作の評判も!

女優・大島優子が剥き出しの裸になって熱演! しかも不倫シーンを!?

平凡なサラリーマンが、ある日妻と見知らぬ男の浮気現場を目撃してしまったのです!
急な事態に、夫は怒る事も悲しむ事もできなかった・・・。

映画『生きちゃった』は、国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による最新作です。

第42回PFFのオープニング作品

2020年9月12日から開催される「第42回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のオープニング作品で、石井裕也監督の『生きちゃった』が世界最速で上映されます。

『生きちゃった』は、現在新作が最も期待される石井監督自身がプロデュース・脚本・監督を務めた作品です。

石井監督は、大阪芸術大学在学中に数々の自主映画を制作し、卒業制作として監督したヒューマンドラマの『剥き出しにっぽん』で、PFFアワード2007グランプリを受賞しました。

翌年、これら学生時代の自主映画の数々が特集上映され、アジアの俊英に贈られるエドワード・ヤン賞を受賞した後、第19回PFFスカラシップ作品『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞監督賞、2013年の『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀監督賞を、どちらも史上最年少で受賞するなど国内外で高い評価を受けている俊英監督です。

満島ひかりが主演した『川の底からこんにちは』は、逆境に立ち向かう人々の姿を独特のユーモアを交えて描いた人生応援ムービーで、落ち込んだ時に観るオススメ作品です。

『生きちゃった』あらすじ

山田厚久(仲野太賀)と武田(若葉竜也)は、幼馴染の親友です。

厚久は結婚しており、5歳の娘がいる。

妻や娘と、平凡だが格別不満のない生活を送っていた厚久でした。

そんなある日、彼が会社を早退して家に帰ると、妻(大島優子)と見知らぬ男が肉体関係に夢中になっていたのです!

夫は妻の浮気現場を、目撃してしまった!

そのショックで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできません。

急な事態に厚久は、感情を押し殺すことしかできませんでした。

そしてその日を境に厚久と妻、友人の武田の関係は歪んでいき、物語は予期せぬ展開へと向かっていくのでした・・・。

本作は、平凡なサラリーマンに突然露わになった妻の不倫事件によって起こる人間関係を映し出し、寄る辺ない人生の中で本当に大切なものが何かという事が描かれます。

キャスト

山田厚久役/仲野太賀

仲野さんは13歳の時に芸能界入りし2006年にTVドラマ『新宿の母物語』でデビューし、2008年の『那須少年期』のオーディションで主役に抜擢され、その後はNHK大河ドラマ「天地人」や「桐島、部活やめるってよ」など、多くの映画やドラマ・CM・舞台などで活躍しています。

2016年のTVドラマ『ゆとりですがなにか』で「ゆとりモンスター」と呼ばれるキャラクターを演じ一躍脚光を浴びてからは、話題作の出演作が相次いでいます。

山田の妻役/大島優子

女性アイドルグループAKB48の元メンバーである大島さんは、グループ卒業後は多くの映画出演で活躍する女優に転身しました。

AKB48を卒業後は20代最後の1年をアメリカで過ごし、帰国後は舞台や映画出演で活躍の場を広げています。

最近ではアイドル時代とは違うセクシー感が増し、本作でも妖艶な大人の色気が漂う主婦の役を演じています・・・しかも初の不倫妻役で、新境地の演技を披露しています!

武田役/若葉竜也

若葉さんは、老舗劇団の「若葉劇団」にて1歳3ヶ月で初舞台を踏み、1993年にフジTVの「今夜は好奇心」に出演以降はその名が全国的に知られ、2016年の映画『葛城事件』で第8回TAMA映画賞・最優秀新進男優賞を受賞しました。
陰のある役から、アクの強い役まで作品によって全く違った表情を見せる幅広い演技力で、数多くの作品に出演している実力派俳優です。

他にも『空飛ぶタイヤ』や『万引き家族』で好演した毎熊克哉、パク・ジョンボム、太田結乃らが脇を固めています。

原作の評判(写真右が石井裕也監督)

2019年6月に上海国際映画祭にて発表されたプロジェクト「B2B原点回帰・至上の愛」とは、香港国際映画祭と中国のHeaven Picturesが共同出資し、名だたる各映画監督に同じ予算が割り当てられ、「映画製作の原点回帰」を探求するというコンセプトのもとで映画が製作されるプロジェクトです。

このアジアの俊英が集う国際プロジェクトに、石井監督も招かれ本作が製作されました。

本作は日本のほか、中国および香港・台湾・マカオなど世界各国の劇場での公開が決まっており国内外で話題を集めそうです。

これまで石井監督が手掛けたオリジナル脚本の作品は『ぼくたちの家族』を初め、数々の作品と映画アワードで脚本賞を受賞していることから、その脚本は折り紙付きです。

Sponsored Links

まとめ

平凡な日々を送っていた男が、ある日妻の不貞に遭遇してしまった!

そしてその日を境に、幼なじみ3人の関係は歪んでいくのでした。

映画『生きちゃった』は、石井裕也監督によるオリジナル脚本で、男女3人のもつれた人間関係が描かれます。

『生きちゃった』2020年10月3日公開予定

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)