パラサイト|ギジョン(パクソダム)のプロフィール!過去の経歴や出演作も!

今回紹介するのは2020年1月10日に全国で公開され、全国で大ヒットすると共にYahoo!映画でも4.04点という高評価を獲得している話題作『パラサイト』です。

映画『パラサイト』とはどんな映画なのでしょうか、また、その中でもメインキャストであるパク・ソダムさんはどんな経歴を持った人物なのでしょうか。

気になるところを解説していきたいと思います。

Sponsored Links



映画『パラサイト』とはどんな映画?

まず、人気・評価共に高い映画『パラサイト』ですが、どんな映画なのでしょうか。

映画『パラサイト』について、最も話題になっていることと言えば、何と言ってもカンヌ国際映画祭の最高賞に値するパルムドール賞を受賞していることです。

カンヌ国際映画祭と言えば、ベルリン・ヴェネツィア国際映画祭と並んで世界三大映画祭と呼ばれる映画祭です。

このことからも、アカデミー賞最有力候補との呼び声も高いです。

監督は、ポン・ジュノさんで、世界の数多の国で公開された映画『グエムル-漢江の怪物-』、『母なる証明』などが代表作として挙げられる実力派監督です。

今作は映画『母なる証明』以来10年ぶりとなる長編作品ですが、その腕は劣っているどころか、磨かれていたようですね。

次はストーリーについて軽くご紹介していきたいと思います。

まずは、予告編をご覧ください。

映画『パラサイト』予告編

本作のキャッチコピーは、「幸せ少しいただきます」です。

予告編からもキャッチコピーからもわかる通りですが、全員失業中の貧しい家族が高台にある社長一家宅に家庭教師として就職したところから事件が巻き起こっていくという話になっているようです。

気になるキャストは、貧しい家族の大黒柱である主役キム・ギテクを演じたのは本作の監督であるポン・ジュノ監督作品『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』などに出演、また、映画『渇き』、『タクシー運転手 約束は海を越えて』などの代表作を持つソン・ガンホさんです。

他にも映画『The Witch/魔女』、『新感染 ファイナル・エクスプレス』などに出演する注目若手俳優のチェ・ウシクさん、ドラマ『コーヒープリンス1号店』、映画『最後まで行く』などの代表作を持つイ・ソンギュンさんなども出演しています。

それ以外にも、注目若手女優のパク・ソダムさんが出演していますが、詳しくは次項で紹介していこうと思います。

映画『パラサイト』公式サイト

http://www.parasite-mv.jp/

映画『パラサイト』ギジョン(パクソダム)のプロフィールは?過去の経歴・出演作も!

ここでは、映画『パラサイト』にギジョン役で出演しているパク・ソダムさんのプロフィール、過去の経歴、出演作と徹底的に紹介していこうと思います。

まず、映画『パラサイト』にて貧乏家族の娘であるキム・ギジョン役を演じているパク・ソダムさんですが、そもそもこれはどのような役どころなのでしょうか。

キム・ギジョンは予備校に通うほどのお金がなく、独学でスキルだけが上達しましたが、学校に通えない妹という設定になっています。

パク・ソダムさんのプロフィールを紹介します。

1991年9月8日生まれの28歳、身長は165cmと高めで、出身校は韓国芸術総合学校演劇院です。

結婚はしておらず、熱愛・彼氏がいるなどの噂も流れていないようです。

事務所は、2017年まで所属していた事務所との契約を更新せず、現在はフリーで活動しているようです。

パク・ソダムさん 公式Instagramアカウント

https://www.instagram.com/sodam_park_0908/

過去の経歴、出演作品について紹介していきます。

女優としては、2013年に映画『スティール・コールド・ウインター~少女~』、『イントゥギ』での映画初出演をきっかけとして活動が開始されたようです。

その後、2015年には映画『プリースト 悪魔を葬る者』に出演した際は丸刈りにして役に挑んだことで、体当たりの演技を見せ、話題となりました。

他にも代表作はドラマでは『ビューティフルマインド』、『シンデレラと4人の騎士』、『初めてだから』などが挙げられ、映画では『京城学校;消えた少女たち』、『ベテラン』、『王の運命-歴史を変えた八日間-』などが挙げられます。

また、受賞歴としては2016年に青龍映画賞で助演女優賞を獲得しており、実力が確実な若手俳優さんと言えるでしょう。

映画『パラサイト』では、どんな演技を見せているのでしょうか。

本編でぜひご確認ください!

まとめ

ここまで映画『パラサイト』がどんな映画か、パク・ソダムさんがどんな人物なのか、というところを紹介してきました。

全国の映画館にて大ヒット上映中です。

今回の記事で興味を持っていただけると幸いです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)