アウェイ(Netflix)ネタバレやあらすじ!インターステラーに内容が似てるの?キャストも豪華!

Netflixオリジナルドラマ『アウェイ 遠く離れて』の配信が決定しています!

主演は映画『ミリオンダラー・ベイビー』のヒラリー・スワンクで、なんと製作総指揮も兼ねています。

舞台は宇宙。

家族を残して宇宙への探索へ出掛けた宇宙飛行士のヒューマンドラマとなっているようです。

ドラマ『アウェイ 遠く離れて』についてご紹介します。

ドラマ『アウェイ 遠く離れて』ってどんなドラマ?

家族を残して火星へ!

主人公はスワンク演じる宇宙飛行士のエマ。

彼女は史上初の有人火星調査のために三年にわたり地球を離れることになります。

愛する夫であるマット、そして娘のアレクシスとはしばし別れ、宇宙船に搭乗します。

今回の調査のために集められた宇宙船のクルーはインド人や中国人など、人種も性別もバラバラな多国籍チーム

さらに、それぞれ家族を地球に残して来ており、精神的にも団結することが求められます。

しかしエマが地球を経ってしばらくすると、マットの体に異変が起こります。

さらに宇宙船の中でもトラブルが勃発。

信頼関係が何よりも大事とされている宇宙飛行で、クルーの絆に亀裂が走ります。

果たして、エマは無事に夫と娘の待つ地球に帰ることができるのでしょうか。

今のところシーズンは1つ、全10話の配信が予定されています。

同じような筋書きの映画

ちなみに「内容が似ているかも?」と言う映画に『インターステラー』があります。

こちらの筋書きも『アウェイ』と同じく「宇宙飛行士が家族を地球に残して探索に出かける」と言うものです。

ただ、『インタステラー』は地球が危機に瀕していましたしワームホールが絡んで時間軸が大変なことになっていましたが、『アウェイ』の地球は特に危機に瀕してはいないようです。

また、火星調査といえば『オデッセイ』(2015)も忘れてはいけません。

火星に取り残された主人公と彼を救おうと奮戦するクルーと地上管制のSFドラマですが、こちらでも家族を地球に残して宇宙に飛び出す登場人物が多数存在します。

『アウェイ』では希望と人間性、他者との共生が描かれるとのことで、雰囲気は『インターステラー』よりも『オデッセイ』に近いかもしれませんね。

ドラマ『アウェイ』のキャストは?

主人公エマ・グリーン 役:ヒラリー・スワンク

主人公のエマを演じるのはヒラリー・スワンク

1974年アメリカ・ネブラスカ州出身の46歳です。

映画『ボーイズ・ドント・クライ』及び『ミリオンダラー・ベイビー』で二度アカデミー賞を受賞しています。

近年では『ローガン・ラッキー』(2017)等の映画に出演しています。

エマの夫 マット 役:ジョシュ・チャールズ

エマの夫であり、エマの不在時に病に倒れる夫マットを演じるのはジョシュ・チャールズ

1971年アメリカ出身の49歳です。

映画『ヘアスプレー』や『いまを生きる』で知られています。

また、ドラマ『グッドワイフ』でもよく知られています。

エマの娘アレクシス 役:タリタ・ベイトマン

一人娘アレクシスを演じるのはタリタ・ベイトマン

2001年生まれの19歳です。

映画『アナベル 死霊人形の誕生』等に出演しています。

公開待機作としてはホラー映画『カウントダウン』が控えています。

ちなみにアレクシスはマットのファミリーネームであるローガンを名乗っています。

国際色豊かな搭乗クルーたち

登場クルーの一人カヴェジ(綴はKwesi)を演じるのはマーク・イヴァニール

名作映画『シンドラーのリスト』に出演したベテラン中のベテランです。

また、中国系の宇宙飛行士として『ラストエンペラー』のヴィヴィアン・ウーの出演も発表されています。

レイ・パンサキアトー・エッサンドーもクルーとして活躍するとのことです。

かなり豪華なキャストを集めてきましたね!

また、彼らはそれぞれ実在の宇宙飛行士がモデルとなっているとのことです。

Sponsored Links

まとめ

ドラマ『アウェイ』についてご紹介しました。

国際色豊かなメンバーによる物語が見られるのは多国籍企業Netflixの優れている点と言えるでしょう。

国が違っても家族や友人を思う気持ちや任務にはやる気持ちはきっと同じでしょう。

ドラマ『アウェイ』は9月4日からの配信予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)