ラチェッド(Netflix)ネタバレやあらすじ!映画版やヒロインの評判や演技力も調査してみる!

1975年に公開され大反響を呼び起こした映画『カッコーの巣の上で』

この映画に登場する異様に強権的な看護師長であるラチェッドの若き日を描くドラマ『ラチェッド』がNetflixにより制作・配信されることが決定しました!

映画『ラチェッド』のネタバレやあらすじ、キャストについてご紹介します。

Sponsored Links


ドラマ『ラチェッド』ってどんなドラマ?

ラチェッドが初めて登場したのは映画『カッコーの巣の上で』。

この作品は第48回アカデミー賞主要5部門を獲得するという快挙を成し遂げた作品で、ラチェッドを演じたルイーズ・フレッチャーもアカデミー賞主演女優賞を獲得しています。

物語の舞台は精神病院。

ラチェッドはそこで看護師長として勤務していました。

映画『カッコーの巣の上で』:看護師長にして暴君、ラチェッドの登場

刑務所に収監されている主人公マクマーフィーが脱走を目論み、精神病患者のふりをして入院することになった病院で看護師長を務めていたのがラチェッドです。

彼女は威圧的な態度で患者たちを支配していましたが、その支配は患者たちと友情を育んだマクマーフィーによって揺らいでいきます。

しかし、病棟の人々とも仲良くなったマクマーフィーはつい出来心からクリスマスの夜に大人しい患者のビリーの羽目を外させてしまいます。

ラチェッドに恫喝されたビリーは自らの命を絶ち、マクマーフィーはラチェッドを絞め殺そうとします。

しかしラチェッドは彼を返り討ちにし、治療と称してロボトミー手術を受けさせるのです。

ロボトミー手術とは、精神の病を外科的に処置することを目的に、人間の脳の一部分を切り取るといったもので、現在では医学的なエビデンスはない上にこの措置によって患者が不可逆的なダメージを負うことから、禁忌とされています。

脳を切り取られ、いわゆる「廃人」になってしまったマクマーフィーをみた彼の友人が精神病院の窓を破壊、脱走するところで物語は幕を閉じます。

病院に君臨し、ビリーを恫喝して死に追いやったこの強権的な婦長こそ、『ラチェッド』の主人公なのです。

ラチェッドはいかにして「ラチェッド」になったか

ドラマ『ラチェッド』は1947年、若き日のラチェッドが北カリフォルニアにある精神科病院を訪れるところから始まります。

従軍看護師として第二次世界大戦に従軍していたラチェッドは、ここで職を得ようと考えたのです。

看護師としての完璧なイメージを売り込み、病院に溶け込んでいくラチェッドですが、この病院では患者を使った人間の脳への研究・実験が違法に行われていました

戦争で心に傷を負いながらも、誰にも助けてもらえなかったラチェッドは徐々に自分の心の闇に飲み込まれ、怪物へと変わっていくのです…。

ネタバレ

ドラマ『ラチェッド』のキャストは?

ラチェッド 役:サラ・ポールソン

タイトルロールであり、狂気に飲まれていく看護師ラチェッドを演じるのはサラ・ポールソン

1974年アメリカ生まれの45歳です。

1994年アメリカのテレビドラマ『LOW & ORDER』シリーズでのゲスト出演でデビュー、以降映画・ドラマを中心に活躍しています。

近年では『オーシャンズ8』(2018)や『ミスター・ガラス』(2019)に出演しています。

また、2011年からはドラマシリーズ『アメリカン・ホラーストーリー』に出演、また監督も行っています。

私生活ではレズビアンであることをカミングアウトしており、現在パートナーと順調に交際中だそうです。

2016年のドラマ『アメリカン・クライムストーリー/O・J・シンプソンズ事件』にて逆境に追い詰められていく検事を熱演、エミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞女優賞、全米映画俳優組合賞女優賞を獲得、その高い演技力が評価されました。

怖い女を演じさせたら一流のサラ・ポールソン。

映画史最恐の看護師をどう演じるのか、楽しみですね!

また、シャロン・ストーンの共演も決定しています!

Sponsored Links

まとめ

ドラマ『ラチェッド』についてご紹介しました。

名作とあげられる『カッコーの巣の上で』の前日譚、演技力に申し分ないキャストということで、かなり期待できそうですね!

ドラマ『ラチェッド』は9月18日より、Netflixで配信です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)