バニシング(映画)結末ネタバレやあらすじ!実話となった元ネタの詳細とその後は?

卑弥呼は本当に存在したのか。

三億円事件の犯人は誰なのか。

オズワルドは本当にケネディを暗殺したのか。

こうしたミステリーの類は枚挙に暇がなく、尽きることのない人間の好奇心と想像力を刺激してくれます。  

そんな話をもうひとつ。「フラナン諸島の謎」って聞いたことがありますか?

とある無人島に造られた灯台で、突如として3人の男が行方をくらませたこの事件。

100年以上が経った今日でも語り継がれるミステリーです。

今回はこの事件を題材にした映画『バニシング』を紹介します。あらすじや登場人物のほか、元になった事件の詳細にも触れているので、気になる方はぜひ読んでみてください。

Sponsored Links



『バニシング』はどんな映画?

『バニシング』(The Vanishing)は、2018年に制作されたイギリスのサイコ・スリラー映画です。

実際に起きた未解決の失踪事件「フラナン諸島の謎」に基づいた作品で、監督はクリストファー・ニーホルムが務めています。

ちなみに、ニーホルム監督はデンマーク出身。ラース・フォン・トリアー監督の下で仕事をした後、2007年にテレビシリーズ「THE KILLING/キリング」を手掛けて知名度を上げました。本作が劇場用映画デビューとなる期待の監督です。

主演を務めたのはジェラルド・バトラー。スコットランド生まれの俳優で、『300 〈スリーハンドレッド〉』や『ジオストーム』で知られています。

共演は『マイ・ネーム・イズ・ジョー』や『戦火の馬』のピーター・マランと、気鋭の新人コナー・スウィンデルズ

イギリスでは2019年に劇場公開され、歴史上のミステリーを大胆に解釈したことで話題となった本作。満を持しての日本上陸となります。

『バニシング』の元ネタとなった実話とは?

さて、本作のもとになった「フラナン諸島の謎」とはどのようなミステリーなのでしょうか。

事件はスコットランド沖・フラナン諸島にあるアイリーン・モア島で起きました。

そこは古くから妖精が住んでおり、侵入者を拒むという言い伝えがあった島。しかし近海は船の難所であり、航路の安全を確保するために灯台を建て保守を行っていました。

1900年の12月、近くを航行していた貨物船が、悪天候のなか島の灯台が機能していないことに気付き、不審に思います。

その10日後に定期船が島に到着してみると、灯台の光は異常がなく、手入れが行き届いた状態。ただ、そこにいるはずの3人の灯台守が忽然と姿を消していたのです。

その後の調査により、島に常備されていた道具箱や2人分のオイルスキンがなくなっていた事実が判明。このことから、灯台守が作業中に海へ流された可能性も浮上しますが、それでも3人全員が消えたことには謎が残ります。

結局、確たる証拠は見つからず。灯台守の一人が不安定な性格だったことから、彼が錯乱して他の2人を殺害したとする説や、超常現象やエイリアンが絡んでいるとの説など、憶測が憶測を呼ぶことになりました。

ちなみに、この灯台は後に自動化され、現在も付近の航路を照らし続けています。

『バニシング』のあらすじは?

舞台はスコットランド沖・フラナン諸島にある無人島。

この島に3人の灯台守たちがやって来ます。ベテランのトマス(ジェラルド・バトラー)と、気の短い大男のジェームズ、そして新米の若者ドナルドの3人です。

彼らの目的は、6週間の間この島の灯台を守ること。

はじめは穏やかな日々を送る3人でしたが、あるとき嵐が島を襲います。翌朝、3人が外に出ると、岸壁に打ち上げられた男の姿がありました。

救助を試みようとするドナルドでしたが、その男は突然目を覚まし彼に襲い掛かります。自衛のため、とっさに男を殴り殺してしまうドナルド。

男の舟に積んであった木箱を開けると、そこに入っていたのは金塊でした。驚く3人でしたが、次第にある企みを思いつきます。

それは男の死を隠蔽し、ひそかに金塊を本国へ持って帰ることでした。

しかし、彼らの計画はあっけなく中断されます。ロックとボラという男たちが島に上陸し、消えた男と金塊のありかを探し始めたのでした。

3人のついた嘘はすぐに見破られ、血なまぐさい戦いが始まります。終わってみれば、彼らの前にはロックたちの死体が転がっていました。

もはや金塊を奪う敵はいなくなったはず。しかし、罪の意識に苛まれた男たちは、互いに疑心暗鬼に陥り、破滅へと向かっていたのです。

Sponsored Links

『バニシング』のキャストは?

ここでは『バニシング』の主要キャストをご紹介します。

ジェラルド・バトラー(ジェームズ・デュカット)


主演を務めるジェラルド・バトラー。スコットランド出身で、大学卒業後に弁護士事務所に入った後、俳優へと転身した異色の経歴の持ち主です。

『300 〈スリーハンドレッド〉』(2007年)では主役として風格あるレオニダス王を演じました。その後も『ヒックとドラゴン』(2010年~)の声優や『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013年)の主演を務めるなど、幅広いジャンルで活躍しています。

ちなみに、彼は本作のプロデューサーにも名を連ねており、優れた実務家としての側面もうかがい知ることができます。

ピーター・マラン(トマス・マーシャル)


共演のピーター・マランもスコットランド出身。舞台や映画、テレビはもちろんのこと、脚本家や監督も務めるなど、マルチな才能を発揮している俳優です。

『マイ・ネーム・イズ・ジョー』(1998年)ではカンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。監督した『マグダレンの祈り』(2002年)はヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得するなど、国際的な評価も高く受けています。

コナー・スウィンデルズ(ドナルド・マッカーサー)


コナー・スウィンデルズはイギリス出身、若干20歳の新人俳優です。

長編映画は本作が初となりますが、Netflixのドラマ「セックス・エデュケーション」(2019年)に出演するなど、早くも今後の活躍が期待される俳優です。

Sponsored Links

まとめ

今回は実在の未解決ミステリーを題材にした映画『バニシング』を紹介しました。

「フラナン諸島の謎」に限らず、歴史上の未解決事件というのは想像力を掻き立てますよね。

本作もそうした動機から生まれたといえますが、予告編を観る限りではかなり大胆な視点で描かれているようです。

このミステリーにどう決着をつけるのか気になるところですが、結末はスクリーンで確かめましょう。

『バニシング』は2020年1月24日より公開予定です。お見逃しなく。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)