イレーナセンドラー(映画)ネタバレあらすじやキャスト!ガルギャドットは役に向いてる?

『ワンダーウーマン』で人気のガル・ギャドットが、多くのユダヤ人児童を救った実在の女性を演じることがわかりました。

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの手からユダヤ人児童を救ったイレーナ・センドラー。

自らの命の危険もある中で、隔離地域に抑留されたユダヤ人の子供たちを脱出する手助けを行い、実に2500人以上を救出しました。

そんなイレーナ・センドラーを演じるガル・ギャドットは、夫とともに映画製作会社を設立。

この投稿をInstagramで見る

Night out in Toronto 🇨🇦

Gal Gadot(@gal_gadot)がシェアした投稿 –

本作で主演だけでなく、プロデューサーを兼任します。

今回は『イレーナ・センドラー』のネタバレやあらすじ、主演のガル・ギャドットについてまとめてみました!

Sponsored Links

イレーナ・センドラーとは

1910年2月、ポーランドのワルシャワで生まれたイレーナ・センドラー。

宗教や身分の区別なく他人に愛情を向ける両親を持ち、イレーナ自身も恵まれない環境の人に衣食を提供するソーシャルワーカーとして活動します。

第二次世界大戦中も、ユダヤ人を支援し続け、劣悪な環境にあったユダヤ人隔離地域(ゲットー)から脱出する手助けをします。

そして2500人以上の子供たちを救出し、里親や児童養護施設に預けます。

彼女の行動に気づいたナチスは、イレーナを監獄に送り、協力者や救出した子供たちの情報を得るために手足を折るなどの拷問を行います。

しかしイレーナは最後まで拷問を耐え、一切の情報を漏らしませんでした。

ついには死刑宣告されますが、別の支援者が兵士に賄賂を渡し、寸前のところで解放されました。

その後もイレーナは人々への支援活動を続け、2007年にはノーベル平和賞候補に選ばれます。

そしてその1年後、多くの人を救い続けたその人生の幕を閉じました。

ネタバレやあらすじ

事実に基づいた歴史ドラマとして制作されるとのこと。

現時点では、どこまで彼女の人生を描くかまでは明かされていませんが、おそらくゲットーからユダヤ人の子供たちを救い出す活動をメインに描かれることになると思います。

ガル・ギャドットは今後プロデューサー業にも挑戦する見込みのとのことで、自身の製作会社の第1作目として力を入れて制作することは間違いなさそうです。

第二次世界大戦中のナチスやユダヤ人を描いた作品として、『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』などの歴史ドラマ映画が有名です。それらに近しい雰囲気のシリアスな作品になりそうですね。

Sponsored Links

主演のガル・ギャドットって?

この投稿をInstagramで見る

Reebok always keeping me warm… #thermowarm

Gal Gadot(@gal_gadot)がシェアした投稿 –

1985年4月30日生まれ。イスラエル出身の女優、モデルです。

177cmの高身長で抜群のスタイルと美貌を持ち、2004年にはミス・イスラエルに、2015年には「世界で最も美しい顔100人」2位に選ばれています。

出身のイスラエルでは兵役義務があるため、国防軍での戦闘トレーナーの経験をしていました。アクションはお手のもの。

映画デビューは大ヒットシリーズ『ワイルド・スピードMAX』。兵役経験がアクションにも活かされています。

その後も『ワイルド・スピード』シリーズに参戦、惜しくも途中退場することになりますが、2016年には『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』にて海外で人気の女性ヒーロー、ワンダーウーマンを熱演します。

終盤に差し掛かってからの登場にも関わらず、圧倒的な存在感と美貌で、文字通りバットマンとスーパーマンの間に割って入り観客を魅了しました。

2017年に同役で主演の映画『ワンダーウーマン』が公開され、世界的な大ヒットとなります。

『ワンダーウーマン』の続編の公開も控える人気俳優です。

プライベートでは、2008年に『ワイルド・スピードMAX』撮影中に結婚。現在では二児の母親でもあります。

イレーナ・センドラー役に合っているか?

その圧倒的な美しさと強さを誇るガル・ギャドット。

他人のために献身し、自らの危険さえ厭わないイレーナの役のイメージに合うのでしょうか?

これまでアクション大作での活躍が中心だったので、本作は新境地開拓と言えるかもしれません。

とは言え、ガル・ギャドットは業界では人柄の良さで有名らしく、映画の中でも、強さと優しさを併せ持つワンダーウーマンをこれ以上適任はいないというほどに演じています。

『ワイルド・スピード』シリーズでも自らの命を犠牲に人を守る役をかっこよく演じています。

そう考えると、強く優しい女性であるイレーナ・センドラーは合っていると考えることもできますね!

おそらく本作では得意のアクションは封印することになるはず。その高い身長や美貌がどう左右するかは未知数ですがガル・ギャドットが、どんな演技をみせてくれるのか。どんなイレーナ・センドラーになるのか。

期待したいですね!

優しそうな表情がイレーナ・センドラーっぽいかも…?

Sponsored Links

まとめ

夫と映画製作会社を設立したガル・ギャドット。

彼女が主演とプロデューサーを兼任する映画『イレーナ・センドラー』は、ユダヤ人の子供たちを救った実在の女性を描いた作品です。

ガル・ギャドットはこれまで『ワンダーウーマン』や『ワイルド・スピード』シリーズなどで、強さと優しさを兼ね備える戦う女性を演じてきました。

本作では、戦い方をこれまでと少し変え、新しい演技を見せてくれるのではないでしょうか

これから制作になるとのこと、続報を期待して待ちたいですね!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)