マザーレスブルックリン(映画)ネタバレあらすじ!ノートンとウィレムがかっこよすぎ!

『エドワード・ノートン』主演・監督・脚本・製作!

私立探偵が大都会の闇に迫る!

アメリカン・ノワール!

マザーレスブルックリン(映画)ネタバレあらすじ!ノートンとウィレムがかっこよすぎ!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『マザーレス・ブルックリン』ネタバレ・あらすじ

1957年、ニューヨーク。

孤児院で暮らしていた『ライオネル・エスログ』

『フランク・ミナ』に、引き取られることになった。

フランクの庇護下にいた、他の3人の孤児と同様、

ライオネルは、フランクの『お使い』をこなす。

それを通して、生きる力を身に付けて行った。

しばらくして、

ライオネルは、フランクの下で、私立探偵として活動するようになる。

ライオネルは『トゥレット症候群』を抱えていた。

仕事では、発作に苦しみながら、苦労することが多かった。

しかし、人並外れた驚異の記憶力をフル活用して、職務に当たっていた。

そんなある日、

恩人であるフランクが、トラブルに巻き込まれて銃殺されるという事件が発生。

人生の恩人であり、唯一の友人でもあるボスのフランクが殺害された事件の真相を追い始める。

ウイスキーの香りが漂う、ハーレムのジャズ・クラブ。

マイノリティの人々が集う、ブルックリンのスラム街。

犯人を突き止めようとするが、手掛かりの少なさ故に、捜査は難航。

それでも、ライオネルは諦めようとはしなかった。

僅かな手掛かりを頼りに、天性の勘と抜群の行動力を駆使して、大都会の固く閉ざされた闇に迫っていく。

必死に真相を追い求めるうちに、ライオルは、ニューヨークの闇の奥深くにまで入り込んで行く。

やがて、腐敗した街で最も危険な黒幕に辿り着くが・・・

監督・脚本・製作 エドワード・ノートン(Edward Norton)
出身 アメリカ・マサチューセッツ州・ボストン
生年月日 1969年8月18日
経歴 イェール大学で、天文学・歴史・日本語を学ぶ。
卒業後、俳優を志してニューヨークへ向かう。
日本では、祖父ジェームズ・ラウスの都市計画家としての仕事を手伝う為、
大阪に1年弱滞在して、海遊館の巨大水槽設置に携わる。
その事が、英会話学校NOVAのテキストに掲載される。

主な監督・製作作品
2000年『僕たちのアナ・バナナ』監督・製作
2005年『ダウン・イン・ザ・バレー』製作
2008年『プライド&グローリー』製作
2012年『恋人はセックス依存症』製作総指揮
2019年『マザーレス・ブルックリン』監督・製作・脚本

Sponsored Links

『マザーレス・ブルックリン』キャスト

ライオネル・エスログ『エドワード・ノートン』

名前 エドワード・ノートン(Edward Norton)
出身 アメリカ・マサチューセッツ州・ボストン
生年月日 1979年11月25日
経歴 『第54回 ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞
『第69回 アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第50回 英国アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『真実の行方』
『第22回 ロサンゼルス批評家協会賞』助演男優賞
『真実の行方』『ラリー・フリント』『世界中がアイ・ラヴ・ユー』
『第71回 アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『アメリカン・ヒストリーX』
『第22回 インディペンデント・スピリット賞』主演男優賞(ノミネート)
『ペインテッド・ヴェール 〜ある貴婦人の過ち〜』
『第87回 アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第72回 ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『第68回 英国アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第30回 インディペンデント・スピリット賞』助演男優賞(ノミネート)
『第20回 放送映画批評家協会賞』助演男優賞(ノミネート)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

主な出演作品
1996年『真実の行方』『ラリー・フリント』『世界中がアイ・ラヴ・ユー』
1998年『ラウンダーズ』『アメリカン・ヒストリーX』
1999年『ファイト・クラブ』2000年『僕たちのアナ・バナナ』2001年『スコア』
2002年『デス・トゥ・スムーチー』『フリーダ』『レッド・ドラゴン』『25時』
2003年『ミニミニ大作戦』『ダイヤモンド・イン・パラダイス』
2005年『ダウン・イン・ザ・バレー』『キングダム・オブ・ヘブン』
2006年『幻影師アイゼンハイム』『ペインテッド・ヴェール 〜ある貴婦人の過ち〜』
2008年『インクレディブル・ハルク』『プライド&グローリー』
2010年『マッド・ブラザー』『ストーン』
2012年『ムーンライズ・キングダム』『ボーン・レガシー』
『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』『恋人はセックス依存症』
2014年『グランド・ブダペスト・ホテル』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
2016年『素晴らしきかな、人生』
2019年『アリータ:バトル・エンジェル』『マザーレス・ブルックリン』

フランク・ミナ『ブルース・ウィリス』

名前 ブルース・ウィリス(Bruce Willis)
出身 西ドイツ・ラインラント・プファルツ州・ビルケンフェルト郡
生年月日 1955年3月19日
経歴 『第47回 ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『ブルース・ウィリス/イン・カントリー』
『第28回 インディペンデント・スピリット賞』助演男優賞(ノミネート)
『ムーンライズ・キングダム』
『第20回 サターン賞』主演男優賞(ノミネート)
『永遠に美しく…』
『第23回 サターン賞』主演男優賞(ノミネート)
『12モンキーズ』
『第26回 サターン賞』主演男優賞(ノミネート)
『アルマゲドン』
『第27回 サターン賞』主演男優賞(ノミネート)
『シックス・センス』

主な出演作品
1979年『ドリラー・キラー』1980年『第一の大罪』1982年『評決』
1987年『ブラインド・デート』
1988年『ダイ・ハード』『キャデラック・カウボーイ』
1989年『That’s Adequate』『ブルース・ウィリス/イン・カントリー』
1990年『ダイ・ハード2』『虚栄のかがり火』
1991年『愛を殺さないで』『ハドソン・ホーク』『ビリー・バスゲイト』
『ラスト・ボーイスカウト』
1992年『ザ・プレイヤー』『永遠に美しく…』
1993年『ローデッド・ウェポン1』『スリー・リバーズ』
1994年『薔薇の素顔』『パルプ・フィクション』『ノーバディーズ・フール』
1995年『ダイ・ハード3』『フォー・ルームス』『12モンキーズ』
1996年『ラストマン・スタンディング』1997年『フィフス・エレメント』『ジャッカル』
1998年『マーキュリー・ライジング』『アルマゲドン』『マーシャル・ロー』
1999年『ブレックファースト・オブ・チャンピオンズ』『シックス・センス』
『ストーリー・オブ・ラブ』
2000年『隣のヒットマン』『キッド』『アンブレイカブル』
2001年『バンディッツ』2002年『ジャスティス』
2003年『ティアーズ・オブ・ザ・サン』『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』
2004年『隣のヒットマンズ 全弾発射』『オーシャンズ12』
2005年『ホステージ』『シン・シティ』
2006年『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』『16ブロック』
『ファーストフード・ネイション』『ラッキーナンバー7』『森のリトル・ギャング』
2007年『庭から昇ったロケット雲』『パーフェクト・ストレンジャー』『グラインドハウス』
『美少女探偵ナンシー・ドリュー』『ダイ・ハード4.0』
2008年『トラブル・イン・ハリウッド』『処刑教室』2009年『サロゲート』
2010年『コップ・アウト 〜刑事した奴ら〜』『エクスペンダブルズ』『RED/レッド』
2011年『セットアップ』『キリング・ショット』
2012年『ムーンライズ・キングダム』『噂のギャンブラー』『エクスペンダブルズ2』
『シャドー・チェイサー』『LOOPER/ルーパー』
2013年『ダイ・ハード/ラスト・デイ』『G.I.ジョー バック2リベンジ』『REDリターンズ』
2014年『シン・シティ 復讐の女神』『コードネーム:プリンス』
『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』
2015年『デッド・シティ2055』『ロック・ザ・カスバ!』『エクストラクション』
2016年『マローダーズ 襲撃者』『レッド・ダイヤモンド』
2017年『スプリット』『バッド・ウェイヴ』『ファースト・キル』
『アクト・オブ・バイオレンス』
2018年『デス・ウィッシュ』『デス・ショット』『エア・ストライク』
2019年『ミスター・ガラス』『マザーレス・ブルックリン』『10ミニッツ』
『ビトウィーン・トゥ・ファーンズ ザ・ムービー』『Trauma Center』

ローラ・ローズ『ググ・バサ=ロー』

名前 ググ・バサ=ロー(Gugu Mbatha-Raw)
出身 イングランド・オックスフォードシャー・オックスフォード
生年月日 1983年4月21日
経歴 『第68回 英国アカデミー賞』ライジング・スター賞(ノミネート)
2015年『ブラックリール賞』女優賞(映画部門)
2014年『英国インディペンデント映画賞』女優賞
2014年『アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞』女優賞
2015年『女性映画ジャーナリスト同盟賞』演技賞
『ベル -ある伯爵令嬢の恋-』

主な出演作品
2011年『幸せの教室』
2012年『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』
2013年『ベル -ある伯爵令嬢の恋-』
2014年『Beyond the Lights』
2015年『コンカッション』
2016年『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』『砂上の法廷』『女神の見えざる手』
2017年『美女と野獣』
2018年『クローバーフィールド・パラドックス』『君はONLY ONE』
2019年『マザーレス・ブルックリン』

モーゼス・ランドルフ『アレック・ボールドウィン』

名前 アレック・ボールドウィン(Alec Baldwin)
出身 アメリカ・ニューヨーク州・ロングアイランド
生年月日 1958年4月3日
経歴 『第76回 アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第61回 ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『第9回 放送映画批評家協会賞』助演男優賞(ノミネート)
『ナショナル・ボード・オブ・レビュー』助演男優賞
『The Cooler』
『第63回 英国アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『恋するベーカリー』

主な出演作品
1987年『アラモ2』『ウーマン・イン・ニューヨーク』
1988年『結婚の条件』『ビートルジュース』 『愛されちゃって、マフィア』
『ワーキング・ガール』『トーク・レディオ』
1989年『グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー』
1990年『レッド・オクトーバーを追え!』『マイアミ・ブルース』『アリス』
1991年『あなたに恋のリフレイン』 1992年『キスへのプレリュード』『摩天楼を夢みて』
1993年『冷たい月を抱く女』1994年『ゲッタウェイ』『シャドー』
1996年『陪審員』『ヘブンズ・プリズナー』『ゴースト・オブ・ミシシッピー』
1997年『ザ・ワイルド』1998年『マーキュリー・ライジング』
1999年『有罪判決/法廷に隠された真実』『シック・アズ・シーヴス』
『ノッティングヒルの恋人』
2000年『劇場版 きかんしゃトーマス 魔法の線路』
2001年『パール・ハーバー』2002年『プルート・ナッシュ』
2003年『インプット -記憶-』『ハットしてキャット』
2004年『ポリーmy love』『ラスト・ショット』『アビエイター』
2005年『エリザベスタウン』『ディック&ジェーン 復讐は最高!』
2006年『パラダイス・ロスト』『ディパーテッド』『ハサミを持って突っ走る』
『グッド・シェパード』
2007年『恋の終わりの始め方』2008年『2日間で上手に彼女にナル方法』
2009年『私の中のあなた』『恋するベーカリー』2011年『HICK ルリ13歳の旅』
2012年『ロック・オブ・エイジズ』『ローマでアモーレ』
2013年『ブルージャスミン』2014年『アリスのままで』
2015年『アロハ』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アンドロン』
『コンカッション』
2016年『ボンジュール、アン』『ハリウッド・スキャンダル』
2018年『ブラック・クランズマン』『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
『アリー/スター誕生』
2019年『マザーレス・ブルックリン』

ポール・ランドルフ『ウィレム・デフォー』

名前 ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)
出身 アメリカ・ウィスコンシン州・アップルトン
生年月日 1955年7月22日
経歴 『第59回 アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第2回 インディペンデント・スピリット賞』主演男優賞(ノミネート)
『プラトーン』
『第6回 インディペンデント・スピリット賞』助演男優賞(ノミネート)
『ワイルド・アット・ハート』
『第73回 アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第58回 ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『第16回 インディペンデント・スピリット賞』助演男優賞
『第26回 ロサンゼルス批評家協会賞』助演男優賞
『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』
『第90回 アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第75回 ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『第71回 英国アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『第52回 全米映画批評家協会賞』助演男優賞
『第83回 ニューヨーク映画批評家協会賞』助演男優賞
『第43回 ロサンゼルス映画批評家協会賞』助演男優賞
『第23回 放送映画批評家協会賞』助演男優賞(ノミネート)
『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
『第91回 アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『第76回 ゴールデン・グローブ賞』主演男優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第75回 ヴェネチア国際映画祭』男優賞
『第24回 放送映画批評家協会賞』主演男優賞(ノミネート)
『永遠の門 ゴッホの見た未来』
『第25回 放送映画批評家協会賞』助演男優賞(2020年1月12日発表)
『第35回 インディペンデント・スピリット賞』助演男優賞(2020年2月8日発表)
『The Lighthouse』

主な出演作品
1980年『天国の門』1982年『ラブレス』1983年『ハンガー」
1984年『ロードハウス66』『ストリート・オブ・ファイヤー』
1985年『L.A.大捜査線/狼たちの街』1986年『プラトーン』
1988年『サイゴン』『最後の誘惑』 『ミシシッピー・バーニング』
1989年『生きるために』『7月4日に生まれて』
1990年『クライ・ベイビー』『ワイルド・アット・ハート』
1991年『イントルーダー 怒りの翼』
1992年『ホワイト・サンズ』『ライト・スリーパー』
1993年『BODY/ボディ』『時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!』
1994年『愛しすぎて 詩人の妻』『今そこにある危機』
1995年『欲望の華』『ヴィクトリー/遥なる大地』
1996年『バスキア』『イングリッシュ・ペイシェント』
1997年『スピード2』『白い刻印』1998年『ルル・オン・ザ・ブリッジ』
1999年『イグジステンズ』『処刑人』
2000年『アメリカン・サイコ』『アニマル・ファクトリー』
『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』
2001年『楽園の女』『ぼくの神さま』
2002年『スパイダーマン』『ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター』
2003年『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』
2004年『二重誘拐』『スパイダーマン2』『ライフ・アクアティック』『コントロール』
『アビエイター』
2005年『マンダレイ』『トリプルX ネクスト・レベル』『誘惑の微笑』
『リプリー 暴かれた贋作』
2006年『インサイド・マン』『アメリカン・ドリームズ』『パリ、ジュテーム』
2007年『Mr. ビーン カンヌで大迷惑?!』『スパイダーマン3』
『ウィレム・デフォー セブン:ビギンズ 〜彩られた猟奇〜』
2008年『エレニの帰郷』
2009年『アンチクライスト』『ダレン・シャン』『処刑人II』『デイブレイカー』
『狂気の行方』『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』
2010年『ミラル』『A Woman』2011年『ハンター』『4:44 地球最期の日』
2012年『ジョン・カーター』『ラスト・キリング 狼たちの銃弾』
2013年『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』『ファーナス/訣別の朝』
2014年『誰よりも狙われた男』『ニンフォマニアック』『グランド・ブダペスト・ホテル』
『インファナル・ディール 野蛮な正義』『きっと、星のせいじゃない。』
『ジョン・ウィック』
2015年『Pasolini』2016年『ドッグ・イート・ドッグ』『ファミリー・マン ある父の決断』
『グレートウォール』
2017年『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』『セブン・シスターズ』
『オリエント急行殺人事件』
2018年『永遠の門 ゴッホの見た未来』『アクアマン』
2019年『The Lighthouse』『Tommaso』『マザーレス・ブルックリン』『Togo』
2020年『The Last Thing He Wanted』『ザ・フレンチ・ディスパッチ』

Sponsored Links

『マザーレス・ブルックリン』ノートンとウィレムがかっこよすぎ!

『エドワード・ノートン』は、ウエイターなど様々な仕事に数年間就き、

1993年『シグニチャー・シアター・カンパニー』のメンバーとして、多数の舞台に出演します。

1996年『真実の行方』

2000人以上のオーディションから、アーロン役に大抜擢されて、映画デビュー。

多重人格障害の疑いがある、殺人容疑者役を演じて高い評価を得ます!

『ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞受賞!『アカデミー賞』助演男優賞ノミネート。

1998年『アメリカンヒストリーX』

白人至上主義に傾倒する若者、デレク・ヴィンヤードを演じます!

この役の為に、トレーニングに励み、体重を30ポンド増量。

『ファイト・クラブ』の役柄とは、全く別人の強靭な肉体を披露。

当時『スティーヴン・スピルバーグ』監督『プライベート・ライアン』

ジェームズ・フランシス・ライアン一等兵役のオファーを断ってまで、本作に出演しました。

『アカデミー賞』主演男優賞ノミネート。

2014年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

ブロードウェイの有名俳優マイク・シャイナーを演じます!

負傷した俳優の代役として舞台に参加。

優れた才能を発揮しますが、破天荒な行動ゆえに、リーガン・トムソン『マイケル・キートン』と対立。

『アカデミー賞』『ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞ノミネート。

ハリウッド俳優の中でも、演技力を高く評価されています!

『ウィレム・デフォー』は、ウィスコンシン大学でドラマを研究していましたが、

前衛劇団『シアターX』に参加する為に、途中退学します。

シアターXで、アメリカ及びヨーロッパを4年間公演旅行。

その後、ニューヨークで『エリザベス・レコンテ』率いる劇団に、参加します。

1981年『天国の門』ウィリー役を演じて、映画デビュー。

しかし、登場シーンが編集によりカットされ、アンクレジットになります。

1985年『ウィリアム・フリードキン』監督『L.A.大捜査線/狼たちの街』

通貨偽造団のボス、エリック・マスターズを演じて、注目されます。

1986年『オリバー・ストーン』監督『プラトーン』

現実のベトナム戦争を描いた作品で、エリアス3等軍曹役を演じます!

『アカデミー賞』助演男優賞ノミネート。

2000年『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』

吸血鬼映画の古典『吸血鬼ノスフェラトゥ』をモチーフにした作品。

映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』撮影の為、キャストやクルー達と共に、

人里離れたチェコの古城に来た、主演俳優マックス・シュレックを演じます!

『アカデミー賞』『ゴールデン・グローブ賞』助演男優賞ノミネート。

2017年『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

2008年に発生した、サブプライム住宅ローン危機の余波に苦しむ貧困層の人々を、6歳の主人公の視点から描写した作品。

フロリダ州『ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート』に、程近いモーテル『マジック・キャッスル』

子供達の悪戯に手を焼きながらも、厳しい境遇にある子供や、その親達を見守り支える、

モーテルの管理人『ボビー・ヒックス』を演じます!

タイトル『フロリダ・プロジェクト』は、ディズニー・ワールドの開発段階における名称。

『アカデミー賞』『ゴールデン・グローブ賞』『英国アカデミー賞』助演男優賞ノミネート。

2019年『永遠の門 ゴッホの見た未来』

精神病や孤独に苦しみ、理解されないながらも、

数々の名作を世に送り出した『フィンセント・ファン・ゴッホ』を演じます!

ゴッホの内面と、自死に対する一つの解釈を打ち出す作品です。

『ヴェネチア国際映画祭』男優賞受賞!

『アカデミー賞』『ゴールデン・グローブ賞』主演男優賞ノミネート。

『マザーレス・ブルックリン』で『エドワード・ノートン』『ウィレム・デフォー』

2人のカッコ良さを堪能して下さい!

Sponsored Links

まとめ

映画『マザーレス・ブルックリン』を、まとめてみました。

『2020年1月10日』全国ロードショーです!

『エドワード・ノートン』『ウィレム・デフォー』の演技が楽しみですね!

当時の犯罪映画を彷彿とさせる古典的なスタイル!

今の社会問題にも繋がる現代的なテーマを描いた作品です!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)