呪怨 呪いの家は実話で家の場所って公開されているの?都市伝説なのか調査してみる!

「呪怨 呪いの家」は呪怨シリーズ初のドラマ作品です。

呪怨シリーズは日本を代表するホラーシリーズです。

今回はそんな「呪怨 呪いの家」の舞台となった呪いの家について調べてみました!

Sponsored Links



「呪怨 呪いの家」のあらすじは?

1998年心霊研究家の小田島のもとにタレントのはるかからあるテープが送られてきます。

そのテープにある足音の正体を調査するうちに小田島はある家にたどり着きます。

小田島はその家をさがすために、はるかの恋人の哲也と接触します。

ほどなくして哲也は謎の死を遂げます。

高校生の聖美は、転校先の生徒たちから猫屋敷と呼ばれる家の肝試しに誘われます。

しかしそこで聖美は生徒たちに襲われてしまいます。

襲われた聖美は押し入れで自分を見下ろす女を見ます。

1994年聖美は自分を襲った男と夫婦になり親子3人で暮らしていました。

しかしあの家に行って以来、聖美は押し入れで見た女を見続けるようになります。

小田島は哲也の死の原因とそれに関係しているはずの家を探し続けていました。

はるかの協力を得て小田島はその家を探し出します。

そしてその家を見て驚きます。

そこは自分が5歳まで住んでた家だったのです。

小田島はその家で過去に起きた事件を調べ始めます。

そこで聖美の幻を見た小田島は聖美を探します。

しかし聖美はその家で死んでいました。

1997年その家に新しく夫婦が引っ越してきます。

そこでその夫婦は恐ろしい体験をします。

小田島はその原因を探します。

そして幼いころの記憶を思い出します。

呪怨 呪いの家は実話で家の場所って公開されているの?

ドラマは実話なの?

ドラマ「呪怨 呪いの家」は主人公である心霊研究家の小田島のナレーションで始まります。

「呪怨は実際に起きた出来事を参考に作られた。それらの出来事はある一軒の家に端を発していることが分かった。だが実際に起きた出来事は映画よりも遥かに恐ろしいものだった。」

ドラマでは小田島が呪いの家を探し出し調査するストーリーが描かれています。

そんな呪いの家の物語は実話なんでしょうか。

ドラマでは呪いの家にまつわる幾つかの事件が起きます。

実はこの事件には実在の事件がモデルになっているものがあります。

1話の女児の行方不明の事件や4話の妊婦が殺された事件などがそうです。

どちらも世間を騒がせた有名な事件でしたよね。

呪いの家の場所は?

それでは事件のもとになった呪いの家は実在するのでしょうか。

調べてみたところ実在するという話を見つけることはできました。

しかしどこにあるのかはわかりませんでした。

ちなみに原作での住所は「東京都練馬区寿町4-8-5」で「呪怨 終わりの始まり」からは「川崎市高津区寿町4-8-5」となっています。

ただこの住所は実在しない場所です。

また呪怨の呪いの家のロケ地は実際の家ではなく、埼玉県にあるハウススタジオだそうです。

いまは取り壊されていくことはできないそうです。

やはり呪いの家は実在しないのでしょうか。

Sponsored Links

都市伝説なのか調査してみる!

どこにあるのかわからない呪いの家はもしかして都市伝説なんでしょうか。

調べてみたところ呪いの家の都市伝説はありませんでした。

ただこのドラマ自体が実際に起きた事件を都市伝説風にアレンジしたストーリーになっています。

事件を呼び寄せる呪いの家の都市伝説がここから生まれる可能性もあるかもしれませんね。

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ「呪怨 呪いの家」の呪いの家についてお送りしました。

実際にあるという噂がある呪いの家ですが、どこにあるのかは不明です。

もしかして身近にあったら怖すぎますよね。

そんなドラマ「呪怨 呪いの家」は過去の事件をモデルにした都市伝説風なホラーです。

呪怨のファンの方はもちろん、都市伝説好きな方にもおすすめなドラマです。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)