THE HEAD|犠牲者の殺された理由や方法まとめ!真犯人が直接手を下したのは誰?

ここで紹介するのは、7月17日金曜22時より最終回が公開されるドラマ『THE HEAD』についてです!

ドラマ『THE HEAD』は、日本を代表して山下智久さんが全編英語で出演している、Hulu限定配信ドラマとして話題のドラマです!

では、詳しくご紹介していきます。

Sponsored Links


ドラマ『THE HEAD』ここまでのストーリーまとめ!

ここでは、ドラマ『THE HEAD』のここまで放送された5話分のストーリーをおさらいしていきます!

南極の冬が来る半年間、越冬隊の10人のみが基地に残ります。

しかし、しばらくするとぱったり連絡が取れなくなったことを心配していた夏期隊長のヨハンは、冬が明けてすぐに基地へ向かいますが、そこには7人の無残な遺体が転がっていたのです。

生存者は新人の医者・マギーのみ、有名な生物学者であるアーサー含む2人が行方不明となっていました。

そして、マギーに何があったのかを聞いていくと、衝撃の事実が判明したのです。

夏期隊員たちが去ってから、次々と殺人が起こり、順番に犠牲になっていき、皆疑心暗鬼になっていったというのです。

何とか基地の外に助けを求めようと皆は手段を模索しますが、それもことごとく失敗に終わり、犠牲者は増えていくばかりでした。

そんな中、ヨハン達はかろうじて生き延びていたアーサーを発見しますが、そこで、マギーがすべてやったのだという告白を受けます。

マギーに状況を聞いていくうちに誤解は解けていきますが、アーサーはそれを信じません。

誰が本当のことを話しているのか、何が真実なのか…。

というのが、物語の一連の流れになっています。

ぜひ、直接Huluにて本編を確認してみてくださいね。

では、次項では犠牲者たちの殺され方や理由など、ネタバレ要素を紹介していきます。

ドラマ『THE HEAD』犠牲者の殺された理由や方法は?

ここでは、ドラマ『THE HEAD』における犠牲者の殺された理由や方法のまとめを紹介していこうと思います。

まず、最初にキーとなる事件について説明しておきます。

第4話にて、サラ・ジャクソンという人物の遺体について詳しく触れるシーンがあります。

サラ・ジャクソンというのはポラリス6が建てられる前に火事になった基地・ポラリス5にいた研究員の女性でした。

アーサーの元で研究を進めていたそうですが、一人火事で逃げ遅れ命を落としたそうです。

しかし、マギーはサラの遺体を見て頭に殴られたような痕があること、ポラリス5の内部で血まみれのセーターが入ったスーツケースが見つかったことから、サラは殺されたのではと考え始めるという過程があります。

そして、殺されているのはポラリス5に居合わせたメンバーが中心ということです。

まず、一人目の犠牲者は通信担当のマイルズ・ポーターでした。

マイルズ・ポーターは、ハンマーなどの鈍器による後頭部への外傷が原因で亡くなったということでした。

しかし、発見されたときは首を切り取られて胴体の上に乗せられているという衝撃的な姿で発見されたので、強烈な印象を与えられた人も多いのではないでしょうか。

出血の量から首を切られたのは死後で、外で殺された可能性が高いようです。

そして、殺された理由ですが、第4、5話で出てくるポラリス5の火事に立ち会わせていたメンバーで、恐らくサラ殺人の共犯者であったことも挙げられますが、一番に殺された理由としては、通信機器を使えなくして助けを呼べなくするためだと考えられます。

第1話で無線機が壊されてしまっていたとき、マイルズがいないと皆何もできなかった様子から見受けられるように、基地に孤立させるためにそうしたのではないか、と考えられます。

そして、二人目の犠牲者が基地技術者のニルス・ヘドランドでした。

ニルスはマイルズが殺される直前まで殴り合いの喧嘩をしていたこともあり、犯人ではないかと疑われ、洗濯室で一人拘束されるのですが、そのときに事件は起こってしまいます。

ニルスは手錠をされていたので動けず、抵抗もできなかったのでしょう。

鋭利な刃物で首を掻き切られ、アキが見つけたときにはもう手遅れのようでした。

ニルスが殺された理由ですが、マイルズと同じく火事があった際のポラリス5に居合わせており、恐らく共犯者だったのではと考えられます。

ただ、ニルスに関してはサラに少し思いを寄せていたような描写がありましたし、根本から悪い奴と言う感じはしなかったので真実はわかりません。

ひとつ、気になることがあるとすれば、ニルスの胸になぜかVの字が刻まれていたということです。

恐らくポラリス「5」のローマ字ではないかとマギーたちは予想しています。

そして、3人目の犠牲者が基地看護師のエバ・ウルマンです。

エバは雪上車に乗って隣の基地へ助けを求めに行く代表として選ばれ、エンジンをかけたところ、雪上車が大爆発を起こし、焼死します。

殺された理由は、マイルズとニルスと同じくポラリス5に居合わせたメンバーだったからでしょうか。

エリックと恋がらみでひと悶着あったようですが、エリックの同様の仕方からしてエリックに殺されたわけではなさそうです。

4人目の犠牲者はコンピューター担当の新人・ヘザー・ブレイクです。

エリックはエバが殺されたことで逆上し、皆に拳銃を向けます。

しかし、取り押さえられてパニックになったエリックが発砲してしまった弾がなんとヘザーの左胸にあたってしまうのでした。

ヘザーに関しては、完全に事故死と考えられ、殺される理由は何もなかったはずです。

5人目の犠牲者は基地調理師のラモン・ラザロです。

彼は、マギーに殺されていますが、完全に正当防衛でした。

マギーとアキはなぜかラモンに命を狙われ、襲われそうになります。

マギーは一人になったタイミングでトラップをしかけ、ラモンは引っかかりますが、逆襲を受けてしまいます。

そのとき、近くに置いてあった鉄アレイで彼を殴り殺してしまうのでした。

そして、あとのメンバーはまだ生存しています。

最初に遺体として発見されていたのが、まだアキ・コバヤシと冬期隊長のエリック・オスターランドが残っているのでどのタイミングでどう殺されるのかも見どころですね。

最終回はどうなっていくのでしょうか。

Sponsored Links

ドラマ『THE HEAD』真犯人が直接手を下したのは誰?

ここでは、ドラマ『THE HEAD』において真犯人が直接手を下したのは一体誰なのか、という点を紹介していきます!

先ほど、犠牲者のリストを挙げましたが、実際に真犯人が手を下したと思われるのはマイルズとニルス、そしてエバだと考えられます。

他の2人に関しては、事故死とマギーによる正当防衛が死亡理由になっているからです。

そして、三人の共通点として、ポラリス5の火事に居合わせているというところがあります。

そのため、三人の死は同一人物の犯行と考えられます。

しかし、だとしたら真犯人が誰なのか、だいぶ絞られてきてしまう気がしますが…。

最終回、一体誰が皆を殺し、冬期基地を血の海にしてしまったのでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ『THE HEAD』の今までのストーリーのまとめ、殺された理由や方法のまとめ、真犯人が直接手を下したのは誰なのか、というポイントについて紹介してきました。

最終回が楽しみになってきたでしょうか。

最終回は7月17日22時より、Hulu限定で配信予定です!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)