プリズンエスケープ(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評判やラドクリフの演技評価も!

実在の脱獄犯を演じ、新境地に挑んだ!

主演『ダニエル・ラドクリフ』最新作!

自由と平等を手にするため『木鍵』を使い切り開いた!

前代未聞の『脱獄計画』に挑んだ男たちの実話を映画化!

アパルトヘイト政策下の南アフリカで育った

政治脱獄犯『ティム・ジェンキン』の書籍『脱獄』を基に製作!

1979年、難攻不落の『プレトリア刑務所』を脱獄したポリティカル・スリラー!

プリズンエスケープ(映画)ネタバレやあらすじ!海外の評判やラドクリフの演技評価も!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links


『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』あらすじ

1978年、南アフリカ共和国。

南アフリカ人の『ティム・ジェンキン』と『スティーヴン・リー』

アパルトヘイトに反対する『ネルソン・マンデラ』率いる組織

『ANC』(アフリカ民族会議)の、隠密作戦を行なっていた。

2人は、アパルトヘイト撤廃を訴えるパンフレットを頒布。

その為、テロリストとして逮捕。

厳重な警備を誇る『プレトリア刑務所』に、投獄される。

収監後、2人は反アパルトヘイトの運動に従事して投獄された人々と親しくなる。

アパルトヘイト政権に対し、抵抗の明確なメッセージを送る為、集団での脱獄を計画する。

密談を重ねた末、木工作業を課されていたティム。

監視の目を盗み、刑務所の鍵を、木で複製することにした。

厳しい看守の目を盗みながら、木片を集めた鍵を作り、準備が整う。

収監から、約18か月後。

10の鉄製ドアを突破する為『木鍵』を駆使して、脱獄を試みる。

しかし、次々とトラブルが発生。

果たしてティムは、自由への道を歩み出すことは出来るのか・・・

監督・脚本フランシス・アナン(Francis Annan)
出身イングランド・ロンドン
生年月日1984年10月28日
経歴BBCでキャリアをスタート。
テレビ・ショートフィルムを中心に活躍。
撮影監督・照明・脚本・編集・製作などを務める。
『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』が、長編監督デビュー作。

主な監督作品
2009年『Get Away』
2010年『Woyzeck』兼脚本
2020年『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』兼脚本

『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』キャスト

ティム・ジェンキン『ダニエル・ラドクリフ』

名前ダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)
出身イングランド・ロンドン・フラム
生年月日1989年7月23日
経歴2002年『サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
『第7回 放送映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート)
『ハリー・ポッターと賢者の石』
2003年『サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
2005年『サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
『第10回 放送映画批評家協会賞』若手男優賞(ノミネート)
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
2006年『サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
『第11回 放送映画批評家協会賞』若手男優賞(ノミネート)
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
2008年『サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
2008年『エンパイア賞』男優賞(ノミネート)
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
2012年『エンパイア賞』男優賞(ノミネート)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
2013年『チェーンソー賞』男優賞(ノミネート)
『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』
2015年『チェーンソー賞』男優賞
『ホーンズ 容疑者と告白の角』

主な出演作品
2001年『テイラー・オブ・パナマ』『ハリー・ポッターと賢者の石』
2002年『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
2004年『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
2005年『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
2007年『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『ディセンバー・ボーイズ』
2009年『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
2010年『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
2011年『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
2012年『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』
2013年『キル・ユア・ダーリン』『ホーンズ 容疑者と告白の角』
『もしも君に恋したら。』
2015年『エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方』
『ヴィクター・フランケンシュタイン』
2016年『スイス・アーミー・マン』
『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』『アンダーカバー』
2017年『Lost in London』『ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡』
2018年『フライト・リミット』
2019年『ガンズ・アキンボ』
2020年『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』

スティーヴン・リー『ダニエル・ウェバー』

名前ダニエル・ウェバー(Daniel Webber)
出身オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・ゴスフォード
生年月日1988年6月28日
経歴『グリーン・ポイント・クリスチャン・カレッジ』入学。
技術者として働いた後、2009年『The Combination』俳優デビュー。
オーストラリアのドラマ・映画をメインに活動。
2016年『J.Jエイブラムス』製作総指揮『スティーブン・キング』原作、ドラマ『11.22.63』
2017年、Netflixドラマ・マーベルシリーズ『パニッシャー』などの出演で知名度が上がる。
2019年、Netflix映画『ザ・ダート モトリー・クルー自伝』
『ヴィンス・ニール』役を演じ、世界的に注目を集める。

主な出演作品
2009年『The Combination』
2011年『スリーピング ビューティー 禁断の悦び』
2012年『The Girl Who Lived』
2013年『Galore』『Deceit』
2016年『Teenage Kicks』『All Night Gaming』
2017年『Thumper』『Australia Day』
2019年『ザ・ダート モトリー・クルー自伝』『デンジャー・クロース 極限着弾』
2020年『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』

レナード・フォンティン『マーク・レナード・ウィンター』

名前マーク・レナード・ウィンター(Mark Leonard Winter)
出身オーストラリア
生年月日非公表
経歴メルボルンの『ビクトリア大学』芸術演劇プログラム卒業。
2006年、ショートフィルム『Rush』俳優デビュー。
ドラマ『ザ・パシフィック』2010年
『トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~』2017年などにも出演。
2016年、オーストラリアの演劇賞『ヘルプマン賞』受賞

主な出演作品
2008年『Playing for Charlie』
2009年『Van Diemen’s Land』『Balibo』『Further We Search』
2010年『Blame』
2013年『The Boy Castaways』『One Eyed Girl』
2014年『Healing』
2015年『The Fear of Darkness』『リベンジャー 復讐のドレス』
2019年『Measure for Measure』
2020年『Disclosure』『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
『Little Tornadoes』

デニス・ゴールドバーグ『イアン・ハート』

名前イアン・ハート(Ian Hart)
出身イングランド・リヴァプール
生年月日1964年10月8日
経歴『メイベル・フレッチャー音楽演劇学校』卒業。
ビデオ制作を学び、1983年ドラマ『One Summer』俳優デビュー。
1995年『ロンドン・イブニング・スタンダード英国映画賞』最優秀新人賞
『バック・ビート』
『第52回 ヴェネツィア国際映画祭』助演男優賞
『ナッシング・パーソナル』
2001年『英国インディペンデント映画賞』男優賞(ノミネート)
『がんばれ、リアム』
2004年『英国インディペンデント映画賞』男優賞(ノミネート)
『Blind Flight』
2018年『ロンドン・イブニング・スタンダード英国映画賞』助演男優賞(ノミネート)
2017年『英国インディペンデント映画賞』助演男優賞(ノミネート)
『ゴッズ・オウン・カントリー』

主な出演作品
1985年『No Surrender』
1991年『僕たちの時間』
1994年『バック・ビート』
1995年『大地と自由』『ウェールズの山』『Clockwork Mice』
『ナッシング・パーソナル』
1996年『Hollow Reed』『マイケル・コリンズ』
1997年『Gold in the Streets』『ロビンソン・クルーソー』
『ブッチャー・ボーイ』『Mojo』
1998年『Snitch』『Frogs for Snakes』『Bモンキー』
『エネミー・オブ・アメリカ』
1999年『This Year’s Love』『ひかりのまち』『Spring Forward』
『ことの終わり』
2000年『クローサー・ユー・ゲット』『ジョージ・ベスト/伝説のドリブラー』
『Aberdeen』『がんばれ、リアム』『Born Romantic』
2001年『マイ・ウェイ 銃声のレクイエム』『ハリー・ポッターと賢者の石』
2002年『キリング・ミー・ソフトリー』
2003年『Den of Lions』『Cheeky』『Blind Flight』
2004年『ネバーランド』
2005年『トリストラム・シャンディの生涯と意見』『スキャンダルの天才』
『プルートで朝食を』『リプリー 暴かれた贋作』
2007年『Intervention』
2008年『Still Waters Burn』
2009年『Morris: A Life with Bells On』『A Boy Called Dad』
『Within the Whirlwind』
2012年『Hard Boiled Sweets』
2015年『Dough』『Urban Hymn』
2016年『Dusty and Me』
2017年『ゴッズ・オウン・カントリー』『uk18』
『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』
2018年『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
2020年『The 11th Green』『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』

Sponsored Links

『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』海外の評判やラドクリフの演技評価

本作は、批評家から、評価を得ています。

映画批評集積サイト『ロッテン・トマト』

平均点『10点満点/6.4点』批評家支持率『68%』トマトメーターが60%以上の『フレッシュ』です!

現在、38件のレビューがあります。

批評家見解の要約です。

『『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』は、実話の重みを十分に表現できていない。』

『しかし、脱獄シーンが観客の心を掴むものに仕上がっているため、そうした欠点を相殺できている。』

ロッテン・トマトの著名映画レビュアー『トップ批評家』(Top Critics)からは、高評価を得ています。

現在、7件のレビューがあります。

平均点『10点満点/6.67点』批評家支持率『86%』です!

映画・ゲーム・テレビ番組・ミュージックの評価レビュー集積サイト『メタクリティック』

現在、7件のレビューがあります。

『メタスコア』(加重平均値)は『56/100』

スコア指数は『Mixed or average reviews』賛否両論または平均的なレビューとの評価です。

『ダニエル・ラドクリフ』は、南アフリカにルーツがあります。

2012年7月22日、南アフリカ『シティプレス』へのコメントです。

『自分は、南アフリカ人、ポーランド人、ロシア人、ユダヤの血や北アイルランド・プロテスタントの血が入ってる』

母方の祖父が、南アフリカ人だが

『“世界で最も良い人”というようなタイプではなかったので、僕たちはほとんどこのことを話さない。』

『祖父は、基本的に祖母のことを大事にしない人だった。』

『だから祖母は、生まれて2週間の僕の母親を連れて、南アフリカから逃げた。』

『母は、南アフリカ航空で南アフリカから出国した赤ちゃんの中で、最年少だったそうだ。』とコメント。

南アフリカとのつながりを強調しました。

本作で、セリフの少ないキャラクターを、表情や仕草によって繊細に表現しています!

『ダニエル・ラドクリフ』は『ハリー・ポッター』のイメージを払拭するかのように、

2013年以降、インパクトのある役を数多く演じています!


『ホーンズ 容疑者と告白の角』

ある日、恋人の『メリン』が殺害される。

突如、容疑者になった『イグ』(ダニエル・ラドクリフ)

マスコミに追われ、町の人々、恋人の父親、実の両親からも人殺しとして扱われる。

苦しい日々を過ごしていたある日、イグの頭から角が生えだした。

次第に大きくなっていく角の除去を試みるが、その角には相手に真実を語らせ、欲望をあらわにする力があることに気づく。

イグは、角の力を用いて真犯人を突き止めるべく行動を開始する・・・


『スイス・アーミー・マン』

無人島で助けを求める孤独な青年『ハンク』

いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、

波打ち際に『男の死体』(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。

ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。

まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。

ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進。

様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。

苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。

『生きること』に欠けた者同士、力を合わせることを約束。

果たして、2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることが出来るのか・・・


『アンダーカバー』

『ネイト・フォスター』(ダニエル・ラドクリフ )は、FBIテロ対策部門でアナリストとして働いていた。

そんなある日、セシウム137という放射性物質が何者かに盗まれるという事件が発生。

FBI捜査官『アンジェラ・ザンパーロ』は、事件に白人至上主義者が関与している可能性を疑う。

ネイトをスパイとして送り込むことにした。

ザンパーロは、コネを駆使して、ネイトを『ヴィンス・サージェント』率いるネオナチ集団のメンバーと引き合わせる。

ヴィンスは容疑者とよく似ており、FBIは彼が犯人ではないのかと疑っていたが、確かな証拠を掴めずにいた。

ネイトは、保守系ラジオ番組の司会『ダラス・ウルフ』と知り合いになる。

ダラスは、言葉で人々を扇動するのに長けており、彼の番組に感化されて白人至上主義に染まる者が後を絶たなかった。

ヴィンスから好意を持たれたお陰で、ネイトは、白人至上主義運動の大物『アンドリュー・ブラックウェル』に会う。

白人至上主義者を見事に演じきり、運動の拡大に貢献することでヴィンスやウルフたちの信頼を勝ち取る。

ネイトは『ジェリー・コンウェイ』と親しくなった。

コンウェイは、機械工として真面目に働いており、良き家庭人でもあった。

ネイトは『何故こんな善人が白人至上主義にシンパシーを持ってしまったのか?』と心の中で嘆く。

ブラックウェルが、反ファシズムを掲げる運動家たちに襲撃されるという事件が発生。

その場に居合わせたネイトは、ブラックウェルを守り抜き、一層評価を高める。

ブラックウェルは、ネイトを拠点に連れて行き、ワシントンD.C.へのテロ計画を練っていることを明かす。

FBIは、ウルフがブラックウェルと密接な関係にあることを掴む。

ネイトに、ガイガーカウンターを持ってウルフの自宅を訪ねるよう命じる。

FBIの予想通り、ウルフの自宅に入った途端、ガイガーカウンターが反応。

ネイトは、テロ計画を内側から崩壊させるべく、ウルフに資金提供を申し出て計画に加えて貰おうとする。

そこで、想定外の事態が発生する・・・


『ガンズ・アキンボ』

『マイルズ』(ダニエル・ラドクリフ)は、ネット掲示板や動画コメント欄に、過激なコメントを書き込むのを趣味にしていた。

ある日の夜、マイルズは、スキズムという違法な格闘技をネットで観戦。

いつものように、攻撃的なコメントを書き込んでいた。

スキズムを主催する『リクター』は、そのコメントに激怒。

マイルズの身元を特定した後、部下に命じて拉致する。

その後、マイルズは両手に重い拳銃を固定。

戦闘狂の『ニックス』とのデスマッチに放り込まれる。

臆病なマイルズは、逃げ回るばかりだった。

しかし、元カノ『ノヴァ』が、人質に取られたことを知り、意を決して反攻に転じる・・・

Sponsored Links

まとめ

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』を、まとめてみました。

『2020年9月18日』シネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国ロードショーです!

『ダニエル・ラドクリフ』の演技が楽しみですね!

強い意志とスリルに満ちた逃亡劇であるだけではなく、

抑圧された者達の闘争であり、全ての人の平等を追求する為に、立ち上がった2人の男の物語です!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)