『ネバーダイ 決意の弾丸』ネタバレやあらすじ!ジャンク=ロードのアクションに期待!

映画『ネバーダイ 決意の弾丸』がシネマート新宿で2020年1月3日より公開されることが分かりました。

監督は数々の映画祭で賞を受賞したドキュメンタリー映画『ジェニンの心』で知られるリオール・ゲラー。

人気アクションスターとしておなじみのジャン=クロード・ヴァン・ダムが命を狙われている少年のためにギャング組織に立ち向かう退役軍人を演じています。

ここでは本作のネタバレ・あらすじ、ジャンク=ロード・ヴァン・ダムのことについてなども書いていきたいと思います。

『ネバーダイ 決意の弾丸』ネタバレ・あらすじは?

まずはかんたんにあらすじを紹介しますね!

ワシントンD.C.に佇むとある下町。

その地域は治安が悪く、バイオレンスとドラッグが蔓延しているスラム街でした。

そんな街に住んでいるダニエル。

彼は元軍人でしたが、アフガニスタン戦争の時に人を大勢殺してしまったという自らの罪に苦悶し、退役後はつらい現実から逃れるためにドラッグにおぼれるような日々を送っていました。

一方その頃、14歳の少年・ルーカスは、スラム街のギャンググループ「MSー13」から足を洗おうとしていました。

お互いに悩みを抱えるダニエルとルーカスは元々、客と売人という間柄でしたが、次第に心の距離が縮まっていきます。

そんなある日、ルーカスはギャンググループのボス・リンコンに目をつけられ、命を狙われることになってしまいます。

助けを求めダニエルの元に駆け込んできたルーカス。

彼をギャングたちから守るため、ダニエルは再び銃を手にして戦う決意をしたのでした。

ジャン=クロード・ヴァン・ダムってどんな人?彼のアクション、期待できる?

それでは次に主役・ダニエルを演じるジャン=クロードについてご紹介していきます!

ジャン=クロード・ヴァン・ダム

名前ジャン=クロード・ヴァン・ダム
出身ブリュッセル首都圏地域ブリュッセル市
生年月日1960年10月18日
代表作タイムコップ

俳優と格闘家という二つの顔を持っている彼。

子供の時から空手を始め、1970年代には空手やキックボクシングの大会に参加されています。

1980年にヨーロッパで開催された空手の大会により、全欧プロ空手選手権のミドル級チャンピオンになっています。

また、俳優業としては1980年にフランスで映画出演してから演技に興味を持ったということでプロのバレエ団から誘いがあったにもかかわらず断り、映画スターへの道を志すことになりました。

しかし、スターを夢見て渡った香港ではチャンスに恵まれず、役者を目指して1982年にロサンゼルスに向かいました。

なんとこの時まだ英語が話せなかったとか…。

今となってはアクション俳優として名高いジャン=クロード・ヴァン・ダムですが、そんな彼でも最初はなかなか芽が出ず、下積み時代が続きます。

アクション俳優のスタントマンやトレーニングパートナーなどもやっていました。

一時はレストランのウェイターや用心棒などもして生計を立てていましたが、アクション映画『ブラッドスポーツ』でついに初主演を果たしました。

それ以降はアクション俳優としての階段をのぼり、現在に至るまで数多くのアクション映画に出演しています。

ジャン=クロードのアクション、期待できる?

本作は、数々のジャン=クロード主演アクション映画を手掛けたプロデューサーのモシュ・ディアマントとジャン=クロードやスタローンなど選りすぐりのアクションスターたちが集まった大ヒット映画「エクスペンダブルズ2」を手掛けたガブリエル・ゲオリギエフにより制作されました。

それだけでも十分に期待できると思いますが、さらに本作の予告編でもうかがえるダニエルが軍人時代の戦闘シーン、ギャングとの激しい銃撃戦やカーアクションなど、これでもかとアクションシーンが目白押しです!

一時期は低迷してアクション映画から消えていた時もあったジャン=クロードですが、本作でまた彼らしいド派手なアクションを期待できるのではないでしょうか!


みなさんも心待ちにしているようですね!

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一度は自暴自棄になってしまっていた主人公・ダニエル。

それでも人は守るべきものが出来た時に強くなれるということをこの作品は教えてくれます。

ダニエルとルーカスの絆がとても素敵ですよね。

派手なアクションだけでなく心温まるヒューマンドラマも含んだ作品だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)