TheHead(Hulu)ニルスのVの傷はどんな意味?過去に起きたポラリスVをわかる範囲でまとめてみる

南極を舞台としたサバイバルミステリー『THE HEAD』第3話が、放送されました!

生存者マギーの口から、第3と第4の仲間の死が明かされ、連続殺人は続きます。 

殺されたニルスの胸に残されたVの傷は、どんな意味が残されているのでしょうか?

Sponsored Links


マギーが犯人だ!?

第2話のラストでは、生物学者のアーサーが発見され、その口からは ”マギーが犯人” だと告げられました。

ヨハンは ”彼女が?” と尋ねると、アーサーは答えます。

「誰かの依頼で、研究を盗みにきた」と。

アーサーは南極の研究で二酸化炭素を高速で分解する細菌を発見し、それを利用すれば地球温暖化の問題は解決するので、数十億ドルの金になるだろうといいます。

またマギーは、当初予定していた越冬隊のラーズという男が事故死したとき、急遽現れたので彼女の精神鑑定の結果は、十分精査してなかったと言います。

おそらく経歴を偽っているだろうと・・・そして、アニカの生死を知っているのはマギーだ!

マギーはなぜ経歴を偽ったのか?

ヨハンはマギーの面接時の動画と、経歴をチェックしたが不可解な点を見つけます。

それをマギーに問いただすと、面接で一部嘘をついていたことを認めます。

それは、南極にどうしても冒険したかった母親がガンで亡くなってしまったので、その願いを叶えるために、立候補したかったのだと・・・全てママの為だと。

ヨハンは「君が何をしようと興味はない。妻の居場所を教えてくれ」と詰め寄ります。

マギーは「暗闇の中で泣いている姿が見えて・・・消える」とだけいいました。

ニルスの死体にはVのサインが!

第2話で殺されたニルスの死体をマギーが検死したとき、その場にはエリックとアーサーが立ち会います。

ニルスの死因は頸動脈の切断で、更に調べていくと胸には「Vの字の傷」が付けられていました・・・3人はVの傷を見て不審がります。

このVは、一体何を意味しているのか?

その時元軍人のエリックが、つぶやきます・・・これは「マスキロフカ」だと。

ロシア語でマスキロフカの直訳は「偽装・欺瞞」という意味ですが、これはロシア人が得意とする軍略的手法による偽装工作で、事態の本質を隠すために行う残忍な方法です。

その目的は、この「マスキロフカ」で見たものにパニックを起こさせ、本来の本質から精神を混乱させるやりかただったのです。

次は誰が殺される?それを防ぐには!

メンバーが集まったとき、ヨハンの妻アニカが皆に提案します

このままではまた誰かが殺される・・・「雪上車でアルゼンチン基地に助けを求めにいこう」と。

しかしその基地は300キロも離れており、燃料的には不可能と思われた。

でも、一人で燃料を積んでいけば不可能ではないとコンピューター担当のヘザーが言います。

その為くじ引きで決めることになりました。

隊長のエリックがくじを引かせると・・・なんとエバが選ばれました。

マギーが言うにはエリックはマジックが得意であり、わざとエバが選ばれるように仕組んだのではと言います。

実はエリックとエバは、8年前から不倫関係が続いておりエバはその関係をやめたかったのですがエリックは彼女に依存していたのです。

雪上車が爆発炎上!

いよいよ出発の時・・・エバは雪上車に乗り込みエンジンをかけるが、うまくかからない。

しかし3回目・・・エンジンが始動し、エリックが笑顔で合図を送ったとき、雪上車は爆発!

爆発し炎上した残骸の前で、エリックは泣き叫びます「エバを殺した犯人は誰だ」と。

何と! 錯乱したエリックはいつのまにか銃を取り出し、皆の前で振り回します。

隙を見て、ラモンが銃を奪いに行き、更にアキも加わり3人は乱闘します。

その時、エリックが銃を発砲し弾はマギーの腹を貫通し、その後ろにいたヘザーに当たります。

ヘザーはおそらく即死! 更に混乱したエリックはその場を逃げ去っていきました。

このことから第1話で、判別のつかない雪上車の遺体はエバだったのです。

そして、雪上車に燃料タンクを運んでいたのはアキとラモンでした。

更に、ラモンがエンジンにオイルを補充していました・・・ラモンがエンジンに仕掛けを?

新遺体を発見!?

一方、外を調査していた隊員からヨハンに何かを見つけたと連絡が入ります。

雪の中から見つかったのは一人の遺体で、焼死体はエバだったので・・・遺体は妻のアニカか!?

しかし遺体を調べた医師の話から、アニカではないようでした!

基地にいた越冬隊は10人なので、プラス一人。

では、この遺体は誰? 隊員以外の人間か? アニカはどこにいるのでしょうか?

更なる疑惑が増え「ポラリスVI南極科学研究基地」での謎は深まるばかりです。

ポラリスVで過去に起きた事とは?

『THE HEAD』は、現在起きた南極でのミステリーですが8年前の基地に何か起きた事にヒントがあるようです。

マギーの母親は「何がなんでも南極に行って!」とマギーに言っています。

母親の必死の言葉から、やはり過去の越冬隊に何か起きたと考えられます。

マイルズもニルスも当時の事は知っているし、それにエバも当時の事を知っているから、雪上車炎上も仕組まれた殺人とも推察されます。

南極基地も今はポラリスⅥだが、8年前はポラリスVでニルスに刻まれたサインのVは「過去の恨みはらします」のメッセージなのでしょうか?

『THE HEAD』は、残りあと3話です・・・次回の犯人の絞り込みに、目が離せませんネ!

Huluオリジナル「THE HEAD」毎週金曜よる10時 新エピソード配信中<全6話>

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)