未満警察|1話ネタバレとあらすじ・感想!楓は逮捕されず2人の敵に?快と次郎はなぜ警察なったのかが意外!

新型コロナウイルスで放送が延期されていた、『未満警察』がついに放送開始!

主人公を務めるのが、Sexy Zoneの中島健人さん・King&Princeの平野紫耀さんということもあり、放送開始前から話題に!

今か今かと放送を心待ちにしていた人ばかりですね!

そんな『未満警察』の1話、あらすじとネタバレをしていきたいと思います!

『未満警察』1話ネタバレとあらすじ

新たに、警察学校へ入校した、本間。

片野坂教官と、及川助教官と面談を済ませた後、髪の毛を切ることとなり医務室へ向かう。

そこにいたのは、同じ日に入校をした、一ノ瀬だった。

並んで髪の毛を切ってもらった後、何と2人は、ルームメイト相手だったことが判明。

テンションが高い一ノ瀬に戸惑いながらも、本間は訓練に向かう。

教官と仲間と共に、警察官へなるための入口に立ったのだ。



ある日、大黒署の刑事・柳田が片野坂教官を訪ねて、警察学校にやってきた。

プロファイリング経験のある片野坂教官に、3か月前に起こった事件の犯人像をプロファイリングしてもらうためだ。

その事件は、一軒家で感電死された遺体が見つかり、そこの娘・みくだけが助かった事件だ。

助かったみくの手足にも、感電の痕があり、みくが交番を訪ねてきたことで、事件が発覚していた。

早速、片野坂教官は、唯一生き残ったみくに会いに行く。

片野坂はみくに会いに行ったが、怯えるみくは何も発さない。

「何も言わなくていい」と言って、自分の話をした。



過酷な訓練をしながら本間と一ノ瀬は同じ「警察官になりたい」という夢に向かって、がんばっていた。

本間が転んでけがをしたときも、一ノ瀬がおぶり、2人でゴールを目指す。

一ノ瀬だけが怪我をした本間を助けたということで、教官はほかの同期を再び訓練に向かわせる。



その日、本間は向かいの家にバスローブ姿の女性がいるのに気がついた。

一ノ瀬も加わり、2人で女性の家を覗い絵いると、そこに男性が帰ってくる。

夫だと思われたその男性だったが、帰ってくるなり、その女性を殴りにかかる。

急いで通報しようとする一ノ瀬だったが、それだと自分たちの覗きもばれてしまう、と本間が止める。

すると、一ノ瀬が勢いよく窓から飛び出し、

「人妻ちゃんを助けてくる!」

と言って、家に向かって駆け出してしまった。

本間は

「点呼までに帰ってこい」

と声をかけると、遠くから一ノ瀬を誘導することに。



向かいの家は、店舗となっていたので、本間はお店について調べる。

するとそこに写っていた写真の女性は、自分たちが見ていた女性とは違った。

本間は、授業を思い出した。

「被害者だと思っていた人が、加害者だということはザラにある」

その時、一ノ瀬は向かいのお店につき、自分に殴りかかろうとする男性を止めた。

一ノ瀬は背後からは、あの女性が近づいていたことに気がついていなかった。


怪しさを感じた本間は、一ノ瀬に続いて家に向かう。

そこで一ノ瀬と合流する。

首に電気を当てられて、気絶していた一ノ瀬を見つけると、そこには金庫があった。



金庫のなかには保険証書が入っていて、夫婦が亡くなると1億円降りることになっている。

すると再び背後から女性が近づいてきて、一ノ瀬と本間の首に電気を当てた。

それを行ったのは、家族写真に写ってた妻だったのだ。

その横には、人妻だと勘違いしていた女性が立っている。




気絶から目が覚めると、その家の夫も縛られていた。

夫が言うには、夫が仕事で不在の間に、家に上がり込んだ女性・楓が妻と子供を洗脳していたのだ。

楓の言うことは絶対で、妻は夫に電気で痛みを与え、本間と一ノ瀬を殺すように指示する。

そして電気が与えられると、本間と一ノ瀬は再び倒れこんでしまった。



倒れた彼らは、車の荷台にいれられて、山に運ばれていく。

そのなかで彼らは、なぜ警察官になりたいのか、話し出した。

本間は一流企業に就職したが、脱落してしまい、昔の夢だった警察官を目指すことにしたのだ。

そして、一ノ瀬は、亡くなった兄の夢が警察官で、それを追いかけていた。

「夢をかなえよう!」という2人だったが、点呼の時間もすぎ、警察学校を退学になるかもしれない可能性も出てきた。


山につき夫が扉を開けると、

「威力を弱めておいた」といって2人を見逃してくれようとする。

妻は楓を恐れて、それをとめようとするが、2人は「娘さんは必ず助ける」と言って、再び家に戻った。


家に戻ると、娘が楓を助けようと、自分に包丁を向けた。

楓に洗脳されていた娘をとめるため、本間は包丁をとりあげて、娘を抱きしめる。



するとそこに、サイレンの音が。

本間は学校を出てくる前に、教官の部屋に「アクアシップにいます」というメモを残していたのだ。

3か月前に起きた事件のプロファイルをしていた片野坂教官は、そこで楓を対面する。

そして楓を失い、喪失してしまった娘の姿をじっと見つめた。


本来なら退学処分だが、前の事件から3か月間も見つからなかった容疑者を、2人が捕まえたことで、今回は退学を免れた。

本間が、「楓が事件を起こしたのは、金銭目的ではなくて、さらに抱えた深い闇がある。」と答えたことで、教官は本間と一ノ瀬に興味を持った。


まとめ

やっと始まった1話、あっという間に終わってしまいましたね~!

真木よう子さん演じた楓、めちゃくちゃ可愛かった…

中島さんと平野さんも注目でしたが、深い闇と悲しい過去を抱えている楓に、興味も沸きましたね!

あまりしんみりした内容になりすぎることなく、たまに2人の掛け合いがあったり、クスリと笑える部分があって、あっという間でした!

(この2人のコンビは、役名からとって「ジロカイ」と呼ばれているみたいです)

楓はこれで終わりなんですかね…?

真木よう子さんを1話限りで使うとは思えないですし、「洗脳だけして手を下していないので、罪に認められないかも」という最後の下りが、再び出てきそうな雰囲気に思えました。

3話ぐらいで楓が釈放され、最終章は再び楓との対決になりそうだと予想します!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)