DARKダーク3|ネタバレやあらすじ考察!海外の反応や評判はどうなの?

傑作ドラマとして呼び声高いNetflixのドラマシリーズ『DARK/ダーク』

ドイツ発のドラマで、ひとりの少年の失踪からストーリーが動き出す難解な物語が話題にもなりました。

複数の時間軸が交錯しながら織りなす重厚かつ複雑なストーリーは、骨太で見応えがあります。

タイトルのとおり、暗くシリアスなドラマですがその世界観にどっぷりとはまれる面白い作品でシーズン2まで配信されています。

そして最新シーズンとなるシーズン3が2020年6月27日から配信開始されます。

今回はそんなドラマ『DARK/ダーク』についてご紹介してみたいと思います!

Sponsored Links


『DARK/ダーク』とは

2017年12月から配信されたドイツ発のドラマシリーズです。

じめじめとした不気味さが漂うタイムトラベル・スリラーで、登場人物の多さやストーリーの複雑・難解さが特徴でもあります。

頭をからっぽにしてみるタイプのドラマではありませんが、みているうちにどんどんその世界観に引き込まれていってしまいます。

あれ?これってこういうこと?あれは?この人誰だっけ?なんてパズルをしているかのように考えながら見てしまいました…!

シーズン1、2と配信され、今回の3で完結する予定らしいですが、果たしてどうなるのか気になるところです。

あらすじ

舞台は2019年、ドイツの小さな町ヴィンデン。

ヨナスは父ミハエルの謎の自殺が原因で、心に傷を負いセラピーを受けています。

そんな中、地元の少年エリックが失踪し、ヴィンデンの住人たちは不安に包まれていました。

さらに少年ミッケルも森の中で行方不明に。

ヴィンデンでは33年前にも少年の失踪事件が起きていました。

3人の少年の失踪をきっかけに、カーンヴァルト家・ニールセン家・ドップラー家・ティーデマン家の4つの家族の複雑に絡みあう人間関係が明らかになっていきます……。

少年の失踪が起こったり、不倫関係が明らかになったり、意外な繋がりが見えたりとダークな展開のスリラーとなっていますが、『DARK/ダーク』の大きな特徴としてそこにタイム・トラベルの要素が絡むことです。

複数の時代が描かれるため、同じ人物でも少年の姿や大人の姿で登場するため、重厚で一筋縄ではいかないストーリーに仕上がっています。

Sponsored Links

登場人物紹介・ネタバレ

4つの家族について、それぞれの登場人物を多少ネタバレ込みで紹介していきたいと思います!

カーンヴァルト家

ヨナス
ドラマの主人公的存在。
父ミハエルの自殺により精神科医ペーター・ドップラーのお世話になっていました。
ヨナスのもとに現れる謎の男性の正体は、未来のヨナス自身でした。
少年のヨナスは過去へ、大人のヨナスは何らかの思惑で行動している様子。
シーク・ムンドゥスという組織を率いるアダムの正体でもありました。

ミハエル
冒頭で自殺をしてしまうヨナスの父。
実は失踪したミッケルであり、失踪した際に1986年に移動してしまい、イネス・カーンヴァルトの養子として育てられました。
ヨナスは自殺を止めようと時間移動をしますが、結果的には彼の自殺は免れませんでした。

ハンナ
ミハエルの妻でヨナスの母。ウルリッヒと不倫関係にあります。
実は高校時代からウルリッヒに想いを寄せていました。自己中心的な行動が多い人物でもあります。

イネス
ミハエルの母親。
ミハエルの項で説明したとおり、1986年にタイムリープしたミッケルをミハエルとして養子にし育てました。

ニールセン家

ウルリッヒ
失踪したミッケルを必死に探す警察官。1986年に弟であるマッツが失踪しており、関連性を疑っています。
ハンナと不倫関係にあります。

カタリーナ
ウルリッヒの妻で、マグヌス、マルタ、ミッケルの母親です。
高校時代からウルリッヒと付き合っており、ハンナに騙されてレジーナをいじめていました。

マグヌス
ウルリッヒとカタリーナの息子で、フランツィスカと恋人。
未来ではフランツィスカとともにシーク・ムンドゥスの一員になっています。

マルタ
マグヌスの妹で、バルトシュと付き合っていますが、ヨナスともいい関係です。
シーズン2では殺されたと思いきや、別の世界線からやってきたと思われるもうひとりのマルタが登場しました。
おそらくシーズン3の展開に大きく影響することになると思います。

ミッケル
ドラマの冒頭で森の中で失踪してしまいます。
実は1986年に移動してしまっており、イネスの養子として育てられます。

ドップラー家

ヘルゲ
老人ホームで暮らしています。
実は時間移動について知っている人物でもありました。

ペーター
シャルロッテの夫で、フランツィスカとエリザベートの父親ですがゲイだったことがばれてぎくしゃくしています。
精神科医で、ヨナスのカウンセリングを担当していました。

シャルロッテ
ペーターの妻でフランツィスカとエリザベートの母親。
さらに時間移動したエリザベートの娘であることが発覚します。

フランツィスカ
ドップラー家の長女で、マグヌスの恋人。
未来ではマグヌスとともにシーク・ムンドゥスの一員になります。

エリザベート
ドップラー家の次女。
ペーターとシャルロッテの娘ですが、実はノアの妻でシャルロッテの母親でもあることがわかりました。

ティーデマン家

エゴン
現在は引退した警察官。
1953年、警察官だったエゴンが時間移動してきたウルリッヒを逮捕します。

クラウディア
レジーナの母親で、エゴンの娘。発電所の所長でもありました。
時間移動を繰り返しており、エゴンを守ろうとしますが結果的に自らの手で死なせてしまいます。

アレクサンダー
レジーナの夫で発電所の所長。
実は身分を偽っており逮捕されてしまいます。

レジーナ
アレクサンダーの妻でバルトシュの母親。
がんのため自宅療養中。時間移動してきたクラウディアによって救われますが……。

バルトシュ
アレクサンダーとレジーナの息子。
マルタと交際していましたがのちに別れてしまいます。
シーク・ムンドゥスのメンバーになったことがわかります。

その他の登場人物

ノア
シーク・ムンドゥスの一員でどの時代にも現れる謎めいた存在。
シャルロッテの父親で、エリザベートの夫であることがわかります。
アダムに利用されていることがわかり武器を向けますが……。

クラウゼン
事件解決のためにヴィンデンへやってきた捜査官。
過去に弟が失踪しており、弟の名前がアレクサンダーでした。
このことからアレクサンダーが身分を偽っていたことが発覚します。

今回ご紹介しきれなかった以外にも他に複数の人物が登場します!

Sponsored Links

反応や評判

『DARK/ダーク』のシーズン1では1953年、1986年、2019年の3つの時代を舞台に物語が展開していました。

シーズン2になるとそれに加えて1921年、2052年の時代が増えて同じ登場人物でも少年期・青年期・老年期と見た目が変わります。

そのためにより登場人物の数が多いように感じ、複数の時代設定を行き来するために難解なストーリーとなっています。

個人的にはドイツ語やドイツ人名にあまり馴染みがなかったので慣れるまでのとっつきにくさが難しさに拍車をかけた気がしています。

しかしそうした頭を使って考えながら視聴する楽しみがうけているようですね!

タイムトラベルものにおこりがちな矛盾なども設定のひとつとして盛り込まれ、完成しないパズルのようにドラマは組み立てられています。

時間だけでなく、別の世界(パラレルワールド)の存在を連想させる内容でしたのでシーズン3では別世界の設定が加わっていくのだと思われます!

緻密に作られた展開は多くの視聴者を魅了し、海外でも傑作ドラマと評価されているようです。

頭を使わずライトに楽しめる作品も多い中、そういったドラマでは物足りなくなってしまった層にうけているのかもしれませんね。

タイムトラベル自体は目新しい設定ではないものの、ここまで複数の時代を舞台に骨太にしあげたドラマは珍しいですよね。

シーズン3の配信を喜ぶ声が多数ありました!

ご自身でメモをとりながら視聴していた方も!

このドラマは日本語には字幕のみ対応しているのですが、こういうドラマこそ日本語吹替版があっても良いのかもしれないと思いました。

まとめ

複数の時代と登場人物から展開される難解なストーリーが評価されている『DARK/ダーク』

ドイツ発のNetflixで配信されているドラマシリーズで、シーズン3で完結すると言われています。

登場人物の中から死者がでてきましたが、時代だけではなく別世界の存在も出てきてシーズン3はさらに規模の大きいドラマになりそうです。

1回見ただけではなかなかピンときにくい部分もありますが、流れがつかめたときの気持ちよさは他のドラマでは味わえない感覚ですよ!

6月27日よりシーズン3配信ですが、シーズン1から何度も繰り返し見て『DARK/ダーク』の世界に浸るのをお勧めします!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)