『ザ・キング永遠の君主』16話(最終回) ネタバレや考察・評判!結局あの少年は誰だった?続編の可能性もあり!

15話ではついにリムが捕まります。

そしてゴンはヨンを連れて再び謀反の夜に向かいます。

一方、テウルはゴンのためにリムを連れて2つの世界を繋ぐ空間に行くのでした。

ゴンはリムを倒すことができるのでしょうか。

そしてゴンとテウルは結ばれるのでしょうか。

Sponsored Links


『ザ・キング永遠の君主』16話ネタバレは?

真実を知ったシンジェの母(大韓民国)

ルナは父親に今日も張り込みで帰れないとメールを送ります。

しかしルナは家の近所に潜んでいました。

そして父親の姿を密かに見ていました。

シンジェはケアセンターで眠る意識不明の本当のシンジェと母親を合わせます。

母親は意識不明のシンジェをみてとり乱します。

シンジェは自分を責める母親の元を去ります。

しかしそんなシンジェを母親は追いかけて抱きしめます。

そして「あなたも私の息子だ」と泣きます。

リムの最後(大韓帝国)

ゴンはヨンを連れて宮殿に向かいます。

ヨンは幼いゴンを守り、撃たれてしまいます。

その隙にリムが2つに割れていない完全体の笛を手に取りその場を去ります。

ゴンはその後を追いかけます。

一方、2つの世界を繋ぐ空間には、テウルとリムがいました。

自分が持つ2つに割れた笛が無くなったのをみて、リムは自分が完全体の笛を手に入れたことを確信します。

竹林まで逃げたリムの前にゴンが現れます。

ゴンは自分はこの国の皇帝だと名乗ります。

リムは目の前に現れた男が幼いゴンの成長した姿だと悟ります。

ゴンはリムを斬首刑にするといい剣で切りつけます。

リムを倒したゴンは完全体の笛を手にします。

その時テウルと一緒にいるリムがチリとなって消えます。

テウルはゴンがリムを倒したことを知ります。

ヨーヨーの少年は雑踏を歩いています。

その姿は少年から青年に何度も入れ替わります。

少年は「切れなかった。芽が出た。扉は閉ざされ記憶だけが残るだろう。切るべきか。見守るべきか。」と呟きます。

ジョンヘの過去が?(大韓帝国)

リムのいなくなった世界の1994年。

ジョンヘ夫が殺されたことを車椅子の義理の兄に話します。

義理の兄は、大韓民国のリムです。

ジョンヘは義理の兄をセンターに入院させ息子のジフンと2人で暮らします。

ルナとシンジェの過去が?(大韓帝国)

橋の上で母親が幼い少年と無理心中をしようとしてます。

その少年はシンジェでした。

そこに車が通りかかります。

そして中から男たちが出てきて母親を止めます。

何が合ったのかと母親に聞く男性は、ジョンシンでした。

ジョンシンは2人にお茶でもしにいこうと優しく言います。

学生のソリョンは店の売上を盗もうとする少女を捕まえます。

しかしソリョンの母親はそんな少女にごはんを食べさせお金を渡します。

その少女に名前を聞くと「ルナ」と答えます。

ソリョンはそんな母親を見て「お人好しね」と呆れます。

テウルを探すゴン(大韓民国)

テウルは竹林で倒れていました。

意識を取り戻したテウルは今が2020年の4月25日だと知ります。

その後日常を生きるテウルでしたが、そこにはゴンもシンジェもいませんでした。

ある日テウルは軍服を着たゴンを見かけます。

しかし胸にはイジフンの名前がありました。

ジフンはテウルを見ずにそのまま立ち去ります。

一方、ゴンは笛を使いテウルを探します。

いろんな世界に現れてその世界のテウルに会います。

その世界でテウルは軍人だったり女優だったりします。

しかしゴンを知っているテウルになかなか会えません。

ある日テウルが家に帰っているとナリから電話がきます。

父親が馬を買ったということです。

そしてその馬を馬主がそこにいると言います。

テウルはもしやと思い車を走らせます。

家に帰ったテウルの目の前にゴンがいました。

ゴンはテウルが自分の知っているテウルだと分かると抱きしめます。

ゴンとテウルは?

ゴンとテウルは週末になると笛を使いいろんな世界でデートを楽しみました。

大韓民国では、幼いシンジェの事故を防ぎます。

次に会ったシンジェは父親の事業を継ぎ経営者になっていました。

ウンソプは、国家情報院になりナリと付き合っています。

大韓帝国では、議員になったソリョンは脱税の罪で捕まっていました。

そのソリョンに刑事になったルナが面会に来ます。

ルナはソリョンのことを「お姉ちゃん」と呼びソリョンはルナを「クソギョン」と呼びます。

刑事になったルナを同じく刑事のシンジェが呼び止めます。

シンジェはルナの誕生日にプレゼントを買ってやると言います。

ある日ゴンとテウルは過去に戻りデートを楽しみます。

手を繋ぐ2人はこの幸せが永遠に続きますようにと願います。

『ザ・キング永遠の君主』16話感想は?

ついに最終回です。

最後はゴンとテウルが幸せそうでよかったです。

またリムが倒されたことで、それぞれの過去が変わりましたね。

テウルに一途だったシンジェが大韓帝国でルナと幸せそうなのが微笑ましかったです。

またルナはソリョンの家の養女になったのでしょうか。

反対にソリョンは総理ではなく脱税の罪で捕まっていました。

ちなみに面会の時の看守は、ソリョンの秘書の人でしたね。

おおよそハッピーエンドで良かったのですが、ひとつ気になることがあります。

結局あのヨーヨーの少年って誰だったんでしょうか。

セリフからするとテウルの記憶を残したのは、この少年だった気がします。

また最後に「切るべきか。見守るべきか。」と呟きます。

笛の化身?とも思ったんですが、もしかしたら神様的な存在なのかもしれません。

もしかしてこのあたりを語るスピンオフがあるかもしれませんね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで『ザ・キング永遠の君主」16話最終回をお送りしました。

2つの世界を行き来するパラレルワールドを舞台にしたラブストーリーです。

ラブストーリーが好きな方だけでなく、ファンタジーが好きな方にもおすすめのドラマです!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)