トップガン マーヴェリック|あらすじネタバレや前作との違いは?登場するバイクや戦闘機も!

伝説の戦闘機パイロット・・・マーヴェリック。

マーヴェリックは、一匹狼的パイロットであり天才的な直観力と技量を持っていた。

彼は “トップガン” の教官として重要なミッションを任命され還ってきた!

伝説のスカイアクション『トップガン”』の、新たなドッグファイトが公開されます。

Sponsored Links

トップガンとは?

米国カリフォルニア州ミラマー海軍航空基地には、戦闘機F-14トムキャットを操る世界最高のパイロットたちを養成する訓練学校があり、通称“トップガン”と呼ばれています。

トップガンは、海軍のエリートパイロット養成校のナンバーワンとして知られています。

1986年に公開されたスカイアクション『トップガン』は、パイロット養成学校のナンバーワンパイロット・マーヴェリックの栄光と挫折、スリルのあるスカイバトル、そして恋を描いて空前の大ヒットを記録し、主人公を演じたトム・クルーズの出世作ともなりました。

続編【トップガン マーヴェリック】は、表舞台から遠ざかっていたマーヴェリック(トム・クルーズ)が、輝かしい功績を打ち立ててきたその腕を見込まれ、エリート・パイロット養成機関“トップガン”の操縦教官として重要なミッションを任命され、還ってきたところから始まります。

タイトルのマーベリックとは『トップガン』でトム・クルーズが演じたピート・ミッシェルのコールサインで、編隊間の交信の際に使う固有のニックネームなのです。

ざっくりあらすじ

現在、『トップガン マーヴェリック』の詳細な情報は分かっていません。

しかし、現時点で判明している情報では前作の主人公であるマーベリックは、かつての相棒グースが遺した息子をはじめとする若きパイロットたちを指導する教官として登場するようです。

かつての相棒グースはマーべリックの無謀な操縦により、事故で亡くなっていました。

グースの息子は父親と同じく、マーベリックと同じ戦闘機に乗るとされています。

トム・クルーズはインタビューで「たくさんの戦闘機が登場する」といった発言をしているので、戦闘機がたくさん出てくる養成学校の青春群像劇が再度繰り広げられるのではないでしょうか?

また、マーベリックが教官として部下とのやり取りの中で生まれる苦難や葛藤が描かれるのではないでしょうか。

Sponsored Links

キャスト

空前の大ヒットを記録した前作に続き、トム・クルーズが主演のほか、「セッション」のマイルズ・テラー、「ノア 約束の舟」などで知られるアカデミー賞女優ジェニファー・コネリー、「ザ・ロック」の名優エド・ハリス、さらに前作でマーヴェリックのライバル“アイスマン”を演じたヴァル・キルマーの再登板も決定し豪華キャストが集結します。

前作との違いは

前作【トップガン】のマーべリックは、野生の勘を頼りにした無鉄砲で型破りな操縦を行う一匹狼的パイロットであり天才的な直観力と技量を持っていました。

しかし無謀な操縦により、相棒グースを失った事で失意のどん底に突き落とされる・・・

周囲の励ましによりトップガンの卒業式に出るが、式の最中に緊急出撃命令が下され敵機と交戦の末撃墜に成功し、自分を取り戻していくという青春映画でもありました。

本作では、表舞台から遠ざかっていた彼が、輝かしい功績を打ち立ててきたその腕を見込まれ“トップガン”の教官として還ってくることなり、前作の戦う立場から操縦教官として教える立場になりました。

登場するバイクや戦闘機も!

トップガンは航空アクションとしてスカイバトルを繰り広げるかっこいい戦闘機が登場します。本作に登場する航空機は全て実機であり、実機の航空アクションシーンはアメリカ海軍の全面協力の元で現用戦闘機を飛ばして撮影されているので、本物の迫力で圧倒されます!またトム・クルーズが乗り回すバイクも話題となりました。

前作「トップガン」で主人公・マーべリックが乗った戦闘機はF-14トムキャットで、見た目がとてもかっこよく、今でも人気の機体となっています。

教官が乗っていた戦闘機は、A4スカイホークで軽快な動きを見せ実戦部隊たちを翻弄する活躍をみせました!

敵機として登場する戦闘機は、Mig-28ですが架空機でありその代わりにノースロップ・F5が撮影で使用されました。

トムクルーズが乗り回していたバイクは「カワサキGPz900R・ニンジャ」で、なんと日本の川崎重工で作られたバイクなのです!

走りっぷりが「まるでニンジャのようだ!」ということからニンジャと呼ばれるようになりました。

2020年の『トップガン マーヴェリック』で活躍する機体は、スーパーホーネットF/A-18E/Fみたいですね。

Eは単座で、Fは複座型になっておりステルス性を向上させるため、旧ホーネットでは曲面形状だったエアインテークが直線的な形状になっているのが特徴です

オートバイはカワサキのH2と判明していますが、さすがに32年前のGPz900Rの続投はなりませんでした。

登場する戦闘機やバイクも時代と共に、変化してきました。

Sponsored Links

まとめ

手に汗握る壮絶なドッグファイトが展開された「トップガン」!

トップガンのエリートパイロット!マーベリックが還ってくる。

伝説のスカイアクションに、新たなドッグファイトが公開されます。

映画「トップガン マーヴェリック」2020年7月10日・日本公開

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)