ドクタードリトル(新作映画)ネタバレやあらすじ!ロバートが出演で過去作とどう違う?

映画「ドクター・ドリトル」シリーズのリブート版が2020年3月20日(金)に日本公開されることになりました。

一体どんな作品なのでしょう?

やっぱりエディーマーフィーを思い出しちゃいます。

ここではネタバレ・あらすじやリブート版で何が変わるかなどについて迫っていきたいと思います。

新作(リブート版)のネタバレ・あらすじ

変わり者だけど腕はいい医者兼獣医のジョン・ドリトルは7年前に妻を亡くしてからは世間とは関わらずに、動物たちに囲まれて暮らしていました。

ある日、重い病にかかってしまった若き女王のことを知り、唯一の治療法を見つけるためにドリトル先生は動物たちと共に伝説の島へ向かうことを決意します。

助手の少年・スタビンズ、ドリトル先生が信頼している親友のオウム、ガタイとはうらはらに臆病なゴリラ、おとぼけなアヒル、いつも陽気な白クマ、皮肉屋なダチョウと、キャラの濃い動物たちを引き連れて旅に出るドリトル先生。

旅の途中では眼鏡をかけた忠犬、よくしゃべるキリン、利口で勇気のある狐など変わった生き物たちが次々と登場します。

そして、徐々に明らかになっていくドリトル先生の過去。

さらに国を揺るがしかねないような陰謀もわかり…。

「ドクター・ドリトル」のキャストは?

それでは簡単ではありますがキャストについてご紹介します。

ジョン・ドリトル役 ロバート・ダウニー・Jr.

名前ロバート・ダウニー・Jr.
出身アメリカ合衆国
生年月日1965年4月4日
代表作「アイアンマン」「アベンジャーズ」

本作では「アイアンマン」や「アベンジャーズ」シリーズで知られるロバート・ダウニー・Jr.がドリトル先生に抜擢されました。

父親であるアイルランドおよびユダヤ系の映画監督であるロバート・ダウニー・Srが作成した1970年公開の映画「Pound」で映画に初出演されています。

子役で父親の映画に数本出演した後に1983年公開の映画「ベイビー・イッツ・ユー」にて本格的に俳優デビューを果たしました。

1992年公開の映画『チャーリー』で主役のチャーリー・チャップリンを演じて英国アカデミー賞 主演男優賞を受賞されています。

2000年には人気となったテレビドラマ『アリー my Love』シリーズでゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞、2009年公開の映画「シャーロック・ホームズ」では主役のホームズ役でゴールデングローブ賞 主演男優賞を受賞されました。

2015年には「ハリウッドで最も高額なギャラを獲得する俳優」となりました。

すごいですね!

海賊のラゾーリ役 アントニオ・バンデラス

名前アントニオ・バンデラス
出身スペイン、マラガ
生年月日 1960年8月10日
代表作「デスペラード」

アントニオ・バンデラス演じる海賊ラゾーリはドリトル先生の敵として登場します。

3歳から演劇の学校で演劇やダンスを学び、1982年公開の映画「セクシリア」で映画デビューを果たします。

その後は数多くの映画に出演し、スペインの映画界のトップスターとして君臨していました。

ハリウッドでは主役を演じた「デスペラード」で人気を博し、一躍人気スターとなりました。

2014年スペインの映画界に貢献した人におくられる名誉ゴヤ賞を授与され、2017年にはスペイン映画国民賞を受賞されています。

Sponsored Links

ロバートが出演で過去作とどう違う?

本作は新たにリブート版としてつくられました。

エディ・マーフィーがドリトル先生を演じた過去シリーズの舞台は90年代のサンフランシスコでしたが、今までの設定とは打って変わり本作の舞台はヴィクトリア朝のイギリスとなります。

過去シリーズはかなりのアレンジを加えていたので、むしろ原作の設定に戻った感じですね。

さらに、過去シリーズはコメディ色の強いものでしたが、本作では冒険アドベンチャーものとなっています。

飛び交う大砲の中での航海や、未知なるエリアに現れる恐ろしげな海賊、ドリトル先生と昔なじみと思われる虎との戦いなど、今までヒーローものでアクションのイメージが強いロバート・ダウニー・Jr.にはその設定のほうがハマりますね。

また、動物たちの声も豪華なキャストで固めています。

おとぼけなアヒルの声はアカデミー賞女優として知られるオクタヴィア・スペンサー、臆病者のゴリラの声はラミ・マレック、おしゃべりなキリンの声にはセレーナ・ゴメスなど、俳優として名を馳せる面々が声を演じています。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2020年3月20日(金)の公開の「ドクター・ドリトル」についてご紹介いたしました。

児童文学作品としてうまれ、映像化されてからも愛されている「ドクター・ドリトル」。

今からとても待ち遠しいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)