『ザ・キング永遠の君主』13話ネタバレや考察・評判!ルナの目的は?もう一人のシンジェは生きている?

12話ではノ尚宮の衝撃の告白がありました。

彼女の他にも大韓民国から大韓帝国へ行った人はいるのでしょうか。

またソリョンの首すじにゴンと同じように稲妻の模様が出ました。

ソリョンはリムの仲間なんでしょうか。

Sponsored Links



『ザ・キング永遠の君主』13話ネタバレは?

ソリョンの目的は?(大韓帝国)

ノ尚宮はテウルに大韓帝国へ来た経緯を話します。

戦争でひとりになったノ尚宮はゴンの祖父によって大韓帝国へ連れてこられたのでした。

一方、ゴンとソリョンはゴンの書斎で対峙します。

2人が話しているとカミナリが鳴ります。

するとソリョンの首筋にあの稲妻の模様が浮かび上がります。

ソリョンは疲れているからとごまかし書斎を出ます。

ノ尚宮の部屋を出たテウルは書斎を出たソリョンと出会います。

テウルはソリョンにク・ウナの名前を出し大韓民国で靴を買ったか尋ねます。

しかしソリョンは否定します。

ソリョンと別れたテウルはゴンにソリョンの事を報告します。

ゴンはソリョンがリム側についたことを確信します。

病院ではウンソプが寝ていました。

そこへ謎の人物がウンソプを襲おうとします。

しかしそのことに気づいていたウンソプはゴンと近衛隊を呼び犯人を捕まえます。

スクチンの告白(大韓帝国)

ソリョンはリムと本屋であった時の事を想い出していました。

リムは別世界の事をソリョンに説明します。

ソリョンはそれが本当だと証明するためにまずは自分を大韓民国へ連れて行けといいます。

テウルはゴンに黙って自分が監禁されていた場所を探しに行きます。

護衛についたのは、大韓帝国のチャンミでした。

ゴンのもとにノ尚宮がやってきます。

ノ尚宮は逆賊の密偵であるパク・スクチンのことを報告します。

ゴンはスクチンが燃やしていた写真にシンジェが写っているのを見つけます。

ゴンに会いたがっているスクチンに会いに行きます。

スクチンはシンジェのために、ゴンを毒殺するための毒を自分で飲んだと話します。

そしてシンジェを頼むとお願いします。

ルナの目的は?(大韓民国)

ルナはテウルとして生活していました。

父親はテウルがルナに変わっていることに気づいていません。

チョンヘはシンジェの母親を見かけます。

強引にチョンヘはシンジェの母親を食事に誘います。

そして事故で寝たきりだったシンジェがいま警察官であることを知り驚きます。

ゴンたちは大韓民国へ移動します。

テウルは真っ先に父親に会いに行きます。

そして父親の様子からルナが自分として生活していたことに気づきます。

テウルはルナを探します。

一方シンジェはテウルのフリをしているルナを見かけます。

声をかけるシンジェにルナは突然キスをします。

シンジェは驚きルナを引き剥がします。

その時ルナの電話が鳴ります。

ルナはちょっと待っててといいその場を去ります。

その場を離れて歩くとシンジェは今度はテウルを見つけます。

テウルはシンジェの様子で、シンジェがルナに会ったことに気づきます。

テウルはルナに電話をします。

ルナはテウルにまだ会うべきではないといい電話を切ります。

ソリョンの失脚(大韓帝国)

ゴンの元にKUグループの会長代理がやってきます。

そしてソリョンが盗聴していた証拠のUSBを渡します。

会長代理はソリョンの元にいた男性でした。

ニュースではソリョンが宮殿を盗聴していたことが報じられます。

ソリョンはこのニュースで失脚します。

ウナの行方は?(大韓民国)

テウルはゴンに洋服をプレゼントします。

それは黒い上着でした。

ゴンはその洋服に見覚えがありますが思い出せません。

ゴンと別れたテウルはシンジェと共にク・ウナの家に行きます。

しかしウナはしばらく帰ってないようでした。

テウルはソリョンはウナを殺すはずだと言います。

その時シンジェに電話がかかってきます。

シンジェを襲った人物が過去にヤンソンケアセンターで強盗をしていたということでした。

ヤンソンケアセンターは、大韓民国のリムが死んだ場所です。

テウルとシンジェはヤンソンケアセンターに向かいます。

センターの職員はテウルに病室に入ることを禁じます。

遅れてシンジェがやってくるとその顔をみて職員は驚きます。

2人は職員のIDカードを奪いウナを探します。

シンジェは鍵のかかった部屋を見つけます。

そして職員のIDカードを使いその部屋に入ります。

テウルは霊安室でウナの死体を見つけます。

幼いゴンを救ったのは?(大韓民国)

ゴンはホテルでテウルのプレゼントの洋服を着ています。

ヨンは出かけていました。

その時テウルが訪ねてきます。

しかしテウルはゴンをみてなにも言いません。

ゴンはテウルではなくルナだと気づきます。

そしてその洋服をどこでみたのかも。

その洋服は幼い頃に自分を助けてくれた人と同じものでした。

ゴンは幼い自分を救ったのは自分だというこということに気づきました。

しかしゴンは意識を失い倒れてしまいます。

『ザ・キング永遠の君主』13話感想は?

幼いゴンを救ったのはゴン自身だったんですね。

つまり別世界だけでなく時空を行き来することもできるということですよね。

また稲妻の模様の秘密はなんなんでしょうか。

もしかしたら別世界の自分の生存が関係しているのでしょうか。

そうなるとシンジェが入った部屋には大韓民国のシンジェがいるのでしょうか。

あとルナの目的はなんなんでしょうか。

リムの命令でルナが動くとは考えにくいです。

そうすると自分の判断でゴンを眠らせたのでしょうか。

父親と話すルナを見ているとそんな悪い子だとは思えません。

ただ次回予告でルナがテウルを刺すシーンがあります。

次回どうなっちゃうんでしょうか!

Sponsored Links

まとめ

ここまで『ザ・キング永遠の君主』13話をお送りしました。

あと3話ですがまだまだ謎だらけです。

次回が楽しみすぎます!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)