ワンダーウーマン1984でクリスパイン(スティーブ)が生き返る理由は?味方なのか?

アメコミ界に君臨する最強の女性ヒーロー・ワンダーウーマン!!

鎧に身を包み、剣と盾、真実の投げ縄を携えて颯爽と戦うシーンに痺れた人は数知れず。

2020年にアメリカ公開を控える『ワンダーウーマン1984』

公開前にとても気になる情報をまとめてみました!

ワンダーウーマンとは

この投稿をInstagramで見る

Looking at the rest of the week like…

Wonder Woman(@wonderwoman)がシェアした投稿 –

2017年に公開された『ワンダーウーマン』は1917年の第一次世界大戦中の時代を舞台にした作品です。

女性だけが住む島セミッシラで育ったアマゾン族の王女ダイアナは、偶然にも外の世界からやってきたスティーブ・トレバーと出会い、戦争を終結させるために旅立ちます。

強靭な肉体と高い戦闘能力を持ち、同じDCコミックのスーパーヒーローであるスーパーマンと勝るとも劣らない強さを誇ります。

これまで、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』、『ワンダーウーマン』、『ジャスティス・リーグ』に登場しており、主役としてには2作目にあたる『ワンダーウーマン1984』が4作目の登場になります。

演じるのはガル・ガドット。並外れた美貌と長身を持つ彼女はまさにワンダーウーマンそのものです。

スティーブ・トレバーとは

映画『ワンダーウーマン』に登場するアメリカのパイロットで、セミッシラに不時着したところをダイアナによって救われます。

ドイツの新兵器による大量虐殺を防ぐためダイアナの協力を得て、敵地へと赴きます。

ダイアナに比べて戦闘能力は高くありませんが、外の世界の知識や経験をダイアナに教え、惹かれあっていきます。

最後には自らを犠牲にして亡くなってしまいます。

彼の死はダイアナにとって大きな衝撃となり、彼女のその後にも影響を与えています。

しかし、続編の『ワンダーウーマン1984』ではスティーブの生きている姿が確認されています。

演じるのは俳優クリス・パインです。

Sponsored Links

スティーブはなぜ生き返った?

この投稿をInstagramで見る

#WonderWoman is a symbol of grace and courage.

Wonder Woman(@wonderwomanfilm)がシェアした投稿 –

自らの命を犠牲に窮地を救ったスティーブですが、70年後の世界にあたる『ワンダーウーマン1984』でその姿が確認されています。

仮に前作で一命を取り留めていたとしても、70年も経っているのに前作の若い姿のままなのはあまりにも不自然ですよね。

再登場すると思わせておいて実はただの回想シーンに出るだけ……ということもなく、監督やキャストからは明確にスティーブが再登場することを示唆されています。

しかしなぜ登場するのか、なぜ生き返ったのかについては語られず、疑問が残りますね。

ちなみに演じたクリスによると、本作のスティーブは前作に比べて「立場が逆転している。混乱している状態」と語っています。

たしかに前作の『ワンダーウーマン』では外の世界に初めてやってきたダイアナが困惑するようなことはあっても、スティーブは一貫して助言を与えサポートする役割を果たしていました。

スーパーパワーを持たない彼が飛行機の爆発に巻き込まれて生存していたとも思えませんし、脱出できる算段があったのならダイアナを安心させるためにもそれを伝えたように思います。

おそらく前作では間違いなく死んでしまったものの、何らかの力によって生き返ったということなのでしょうね。

その理由はわかりませんが、やはりダイアナに関連するのではないでしょうか……!?
この謎にも注目していきたいですね!

スティーブはダイアナの敵?味方?

この投稿をInstagramで見る

Check out the new character posters from #WW84 – in theaters June 5.

Wonder Woman(@wonderwomanfilm)がシェアした投稿 –

生前のスティーブは言うまでもなくダイアナの味方です。お互いに恩と縁があるロマンスの相手でした。

『ワンダーウーマン1984』でスティーブが復活することはストーリー上でも大きな要素のうちのひとつとなるでしょう。

もし彼の復活が誰か人の手によるものだったとするなら、その人物が誰かによってスティーブの立場も大きく変わるのではないでしょうか。

たとえばダイアナと敵対する本作のヴィラン・チーターが、ダイアナの弱点になるだろうスティーブを復活させた、とか。

場合によってはダイアナの敵としてスティーブが立ちふさがる可能性もあるかもしれません。

現在公開されている予告編をみる限りでは、ダイアナとスティーブは親しそうに見えますし、前作同様に味方のように見えますが……。

まだまだ謎が多い状況ですが、それだけにスティーブの再登場は劇中で大きな意味を持っていそうですよね。

Sponsored Links

スティーブ演じるクリス・パイン

最後にせっかくなので、演じるクリス・パインについてもご紹介です!

1980年8月26日生まれの俳優で、『スタートレック』シリーズ、『ブラック&ホワイト』、『エージェント:ライアン』などの作品に出演しています。

アクション映画への出演が多いのですが、彼の肉体を見ればそれも納得ですね。

俳優一家の生まれで、『スタートレック』シリーズでの主演で人気を博したスターで、大変モテるようで女性関係の噂も多いなど話題になる俳優です。

これまで力強いヒーローやリーダー役が多かった彼が、『ワンダーウーマン』シリーズでスティーブ・トレバーを演じています。

もちろんスティーブも頼りになる男ではありますが、主役のダイアナが規格外の強さを持っているため、どちらかというとサポート役に近い立場ですね。

他のキャストと同様、『ワンダーウーマン1984』でも続投が決まっています。

前作とはまた少し違った立場のスティーブを、クリスがどんなふうに演じるのかも楽しみですね!

まとめ

前作『ワンダーウーマン』で亡くなったスティーブ・トレバー。

2020年公開予定の『ワンダーウーマン1984』では70年経っているにも関わらず、当時の姿で再登場します。

なぜ復活したのか、ダイアナにどんな影響を与えるのか……個人的にはダイアナと恋仲として活躍してくれることを望みますが……

日本公開が待ち遠しいですね!!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)