ピッチブラックとリディックの関係やネタバレも!続編4作目の最新情報は?

ピッチブラックとは「真っ暗闇」という意味・・・未知の惑星のピッチブラック。

その暗闇に潜むのは、凶暴な肉食エイリアン!

映画『ピッチブラック』は、未知の惑星に不時着した生存者たちのギャラクシー・サバイバルが描かれます。

ピッチブラックとリディックの関係とは?

Sponsored Links


凶悪犯とギャラクシー・サバイバル

第1作目『ピッチブラック』の舞台となるのは荒涼たる未知の惑星・・・そんな星に旅客を乗せた宇宙船が故障で不時着します。

乗客の多くは死亡し、生き残った少数の人間は三つの太陽がある夜のない灼熱の星で護送中の凶悪犯と共に過酷なサバイバルを強いられます。

しかしその星の地下には肉食のエイリアンが住みついており光を浴びると死ぬが、もうすぐこの惑星には22年に一度の完全な闇の日“ピッチブラック”の世界が訪れるのです。

漆黒の闇は光を嫌うエイリアンの支配する世界となり、肉に飢えたクリチャーの群れが人間に襲いかかってくるのです。

生存者の中にはスキンヘッドで殺人犯のリディック(ヴィン・ディーゼル)がおり、彼らはこの危機を乗り切るために凶悪な殺人犯にも関わらず、リディックを頼る事になります。

目の手術をし暗闇でも特殊な視覚を持つリディックの目はダークな世界でも威力を発揮し、闇を支配するエイリアンと互角に戦えるのです。

他にも生存者の中には訳あり人間もいて、彼らの謎を解き明かしながら暗闇の中でクリチャーと死闘を繰り広げる事になっていくのです。

本作は、まだ無名時代のヴィン・ディーゼルがムキムキで強いアンチヒーローを務めたSFモンスタームービーで、世界中のSFファンやアクションファンをも夢中にさせました。

ピッチブラックとリディックの関係

シリーズ1作目となった『ピッチブラック』は、暗闇とともに忍び寄る死の恐怖を描き、SF映画ながらその存在感と役どころからヴィン・ディーゼルの出世作となり、映画もスマッシュヒットとなりました。

2004年には続編となる『リディック』と、2013年にはシリーズ第3作目となる『リディック ギャラクシー・バトル』も公開され、シリーズ毎にスケール感もアップされてきました。

第1作目の『ピッチブラック』で、やや脇役的な存在だったヴィン・ディーゼルが演じた殺人犯・リディックを完全に単独の主人公にしたのが第2作目の『リディック』です。

シリーズ第2作目・リディック

『ピッチブラック』から5年後の設定で、汚名を着せられた脱獄囚リディックは雪に閉ざされた極寒の第6惑星に身を潜めていました。

ところが、そこへ賞金稼ぎチームがやって来て友人がチームを差し向けた事を知ります。

自分に賞金首をかけた友人に裏切られた思いリディックは真相を確かめるべく、エレメンタル族が住むへリオン第1惑星へと向かいます。

そこで彼は、エレメンタル族の預言者エアリオンから、宇宙の侵略者ネクロモンガー帝国の軍団がヘリオンへと迫っていることを知らされます。

ネクロモンガーとは邪悪な民族で、共存共栄の世界を否定し絶対的な宗教で宇宙を支配するために、行く先々の惑星を次々と侵略し歯向かう者は容赦なく抹殺してきたのです。

第2作目では、襲い来るネクロモンガー軍団に戦いを挑むリディックの戦いが描かれます。

内容は前作のモンスターパニック的なSFアクションから一転し、壮大なスペースサーガに変更され絢爛豪華な美術セットや衣装のデザインも登場します。
特にネクロモンガー帝国の建築物は中世の様式と未来のハイテクを融合したような独特の造りが魅力となっています。

キャスト

デリックを演じたヴィン・ディーゼルは、当初俳優を目指すも役を得ることができずにいましたが、自らが製作した短編映画がスティーヴン・スピルバーグ監督の目にとまり、それを機会に『プライベート・ライアン』の兵士役に抜擢されました。

これが俳優としてのスタートチャンスとなり、リディック役から『ワイルドスピード』のドミニク役にも発展し、一躍アクションスターの仲間入りを果たしました。

続編4作目の最新情報は?

第3作目の『リディック ギャラクシー・バトル』は、その身に賭けられた懸賞金は“宇宙一”という銀河最凶の極悪人・リディックが部下の裏切りによって見知らぬ惑星へ置き去りにされ腕利きの賞金稼ぎや凶悪な生命体の大群の急襲を受けながら、辺境の惑星からの脱出を図る姿を描き、大ヒットを記録しました。

第3作のラストでもお話はまだまだ続くという感じで終わりましたが、第4作目はどうなるのでしょうか?

4作目は『Furya』(仮タイトル)という企画で進行中と伝えられています。

ヴィン・ディーゼルといえばドル箱の『ワイルド・スピード』シリーズがあるので、そちらの予定表次第ともいえます。

『ワイルド・スピード』のドミニク、『リディック』のアンチヒーロー・リディック、そして『トリプルX』のザンダーなど、それぞれのシリーズでの顔がしっかりとできる作品に期待したいところです。

Sponsored Links

まとめ

『ピッチブラック』は、2000年に公開されたアメリカのSFホラーアクションです。

まだ無名時代のヴィン・ディーゼルの出世作ともなり、シリーズ化されました。

2004年には続編である『リディック』が、2013年にはシリーズ第3作目となる『リディック ギャラクシー・バトル』も公開されました。

シリーズ第4作目に期待です!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)