ミスシャーロック(Hulu)ネタバレ考察や感想・評判!衣装や設定が話題に!

今回紹介するのは、HuluとHBO Asiaが共同製作し、世界19カ国にて同日放送されたことで話題になったドラマ『ミスシャーロック』についてです。

本作は、全世界の映画・ドラマの中でも最も多く映像化されているキャラクターであるアーサー・コナン・ドイル著の『シャーロック・ホームズ』シリーズの主人公であるシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンを元にして製作された作品です。

シャーロックというと外国の海外ドラマという印象が強いですが、日本でも竹内結子さん主演でドラマ化されてるんですよね。

女性がメインということで話題にもなったと思います。

しかも、主人公のシャーロックとワトソンは女性であるというところが最大の特徴となっています。

では、紹介していきます!

Sponsored Links



ドラマ『ミスシャーロック』(Hulu)ネタバレ考察!

ここでは、ドラマ『ミスシャーロック』(Hulu)のネタバレ考察をしていこうと思います。

まず、あらすじを紹介していきます。

医療ボランティアでシリアに滞在しており、爆撃を受けたため一時帰国した外科医の橘和都(貫地谷しほり)は、空港に迎えに来てくれた恩師が目の前で死ぬのを目撃してしまいます。

彼の死因は身体の中で小型の爆弾が爆発したことによるものでした。

事件の重要参考人として捜査に協力する中で、一人の女性が登場します。

それがシャーロック(竹内結子)と呼ばれる捜査コンサルタントでした。

彼女は何でも正直に口に出してしまい、相手の神経を逆なでする性格のようでしたが、その天才的な洞察力で難解な事件の謎を次々と解いていきます。

和都はそんなシャーロックの洞察力に感服し、ひょんなことから共同生活を送り始めると共に、事件捜査にも協力するようになっていきますが…。

というのがあらすじです。

このドラマ『ミスシャーロック』は、基本的に一話に一つ事件が起こり、それを解決していくという形式になっています。

ここからがネタバレになっていきます。

一話に一つ事件が起こるこのドラマですが、実はすべての事件において真の黒幕がおり、事件を解決するごとに本当の黒幕に向かって近づいていくというストーリーになっています。

しかし、どの犯人も黒幕についてほとんど口を割ることはなく、自力で真相に近づいていきますが、最終的にシャーロックは黒幕にハメられ、ある事件の犯人に仕立て上げられてしまいます。

そして、その最後の事件の内容というのが、日本全土、もしくは世界を震撼させるような内容でした。

ある殺傷能力の高いウイルスが盗まれ、それを極秘開発し、外国のある貧しい村で人体実験をした大臣と帝日化学は中継で謝罪しろと、盗んだ犯人は要求したのでした。

しかし、謝罪がない場合、このウイルスを東京でばらまくというのでした。

東京でそんなウイルスがばらまかれれば、下手をすると世界が終わる…、シャーロックは警察と共に捜査に乗り出しますが、犯人に仕立て上げられるのでした。

シャーロックは、警察から逃げ回りながら真相を解明していきますが、犯人は予想だにしない人物でした。

それは和都と恋仲になっていた戦場カメラマンの守谷透(大谷亮平)でした。

シャーロックはそれを和都に伝えることができないまま、ウイルスがばらまかれるギリギリに犯人へとたどり着きます。

しかし、守谷はなんと自分の身体にウイルスを打ち込み、町へ繰り出すことで感染を広げようとしており、シャーロックはそれを食い止めるため、和都の目の前で彼を殺してしまいます。

シャーロックは、ウイルスの窃盗と殺人の容疑でそこから再び逃げますが、何も知らない和都はシャーロックのことを恨み、復讐しようと策略します。

ですが、その裏にいたのが和都のカウンセリングをしていた入川真理子(斉藤由貴)だったのです。

彼女は、今までの犯人だけでなく、守谷をも操り、犯罪を起こさせていました。

その目的は、自分が大学時代に提唱していた、対話によるアプローチで脳に刺激を与えて犯罪を誘発させる「犯罪誘導理論」を実際の人間で証明することだったのです。

そして、今度は和都にシャーロックを殺させるだけでなく、世界的なテロリストに仕立て上げようと洗脳をかけていたのでした。

テロに使う爆弾のレシピを探しながら、シャーロックを追い詰め、和都にまで手をかける入山でしたが、シャーロックによってレシピはこの世から永遠に葬られます。

シャーロックは、和都を救おうと動き、入山を追い詰めようとします。

ライヘンバッハビルの屋上に逃げた彼女は、奇しくも追いかけてきた和都に銃口を向けられてしまいます。

入山は和都に隣で「あなたならできるわ。」と囁き続け、シャーロックを殺させようとします。

和都は完全な洗脳状態に置かれているため、入川は自分が死なない限り誰も彼女に語り掛けることはできないと言います。

「あんたになら、撃たれてもいい」

とまで言い、銃口を自分の胸に押し付けるシャーロックに、和都は涙を流しますが、身体が言うことを聞かず、逆らうことができません。

そして、シャーロックは衝撃の行動に出ます。

「これで、あんたは自由になれる。」

シャーロックはその言葉と共に、入山と共に屋上から地面へと落下し、死亡しました。

和都は洗脳から解き放たれ、シャーロックを想い涙しながらも、自分の道を進み始めます。

というのがネタバレになっています。

まさかの主人公が死亡して終幕を迎えるという何とも後味の悪い最期を迎えましたが、物語としてはすごくしっかりしており、全ての話において伏線が張られている面白い作品でした。

また、物語の最後、和都が新たな一歩を踏み出そうとしているとき、死んだはずのシャーロックに酷似した足元が和都へ向かっていく描写が描かれ、完結しています。

これは、どういう意味を持っているのでしょうか。

シャーロックの兄である双葉健人が持っていた新聞には、屋上から落下し、女性2人が死亡したと書いてありましたし、毛布を顔までかけられ救急車で運ばれていくシャーロックと思しき女性の姿も本作では描かれています。

つまり、シャーロックは間違いなく死んでいると思われます。

死んだシャーロックが、初めてできた友達・和都の門出を応援し、見守っているという描写だとでもいうのでしょうか。

解釈は人それぞれですが…、ぜひ皆さんも見てみてくださいね。

一話一話ストーリーがしっかりしており、大変見応えのある作品ですよ。

ドラマ『ミスシャーロック』(Hulu)感想や評判はどうなの?

ここでは、ドラマ『ミスシャーロック』(Hulu)の感想や評判を紹介していきます。

まず、Twitterで寄せられた感想を一部紹介していきます。

上記のような感想から、ドラマ『ミスシャーロック』は、大変人気が高く、高評価を集めている名作といっていいでしょう。

Huluに挙がっているドラマの中でも、名作と名高いドラマ『ミスシャーロック』ですが、とにかく主演の二人が美しすぎる、登場人物たちが愛くるしい、素敵で面白い物語、依存性が高いなど、どういう観点から見ても高い評価を得ています。

また、今作の1、2話目は6月5日に金曜ロードショーで地上波初放送が予定されており、話題となっています。

今回の金曜ロードショーを楽しみにしている方もたくさん見受けられます。

ぜひ、この機会に、Huluでしか見れなかった名作ドラマ『ミスシャーロック』を目撃してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

ドラマ『ミスシャーロック』(Hulu)衣装や設定が話題に?

ここでは、ドラマ『ミスシャーロック』(Hulu)の衣装や設定が話題になっていることについて紹介していきます。

まずは衣装についての話題です。

二人について、特にシャーロック役の竹内結子さんについては、ファッション・化粧が話題になっており、好評を博しています。

シャーロックという設定からも、オシャレで洗礼されたイメージが必要で、キャラ設定も美しいものが好きという設定のため、あのような衣装になったのだと想定されます。

真似したい、こういう服着たいという声は大きく、地上波初放送をきっかけにこれも話題に挙がるのではないでしょうか。

次に、設定の話題についてです。

設定については、ドラマ『ミスシャーロック』では、原作とされる『シャーロック・ホームズ』におけるキャラクター設定に少し寄せてあるところ(シャーロックが弦楽器を弾くところ等)などが好評を博しているほか、舞台を東京とし、主人公二人を女性にしてしまう斬新な設定にも話題が集まっています。

ぜひ、衣装・設定にも注目してご覧になってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

ここまで、ドラマ『ミスシャーロック』について、ネタバレ考察、評判や感想、衣装や設定が話題な件に関して紹介してきました。

ぜひ皆さんもこの話題のドラマ『ミスシャーロック』をご覧になってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)