ワンダーウーマン1984のネタバレあらすじ!スティーブの生き返り理由やチーターの女優は?

粘土から生まれた?女性ヒーロー・・・ワンダーウーマン。

ワンダーウーマンは赤と青と金のコスチュームに身を包んだ、最強美女戦士!

その強さはスーパーマンにも引けを取らない! いや・・・それ以上かも!? 

ワンダーウーマン第二弾のあらすじや、死んだはず?スティーブの生き返りを解説します。

Sponsored Links


ワンダーウーマンの誕生

ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナは、3000年間女性のみが暮らすアマゾン族が住むパラダイス島で王女として育ち、長らくは「粘土から生まれた」という設定でした。

しかし・・・実はダイアナは、母ヒッポリタと神ゼウスの間に生まれた子で、ゼウスの妻である女神ヘラの怒りを避けるために偽りの出生譚が語られたということが、後に明らかにされました。

ワンダーウーマンは粘土からの誕生ではなく、神ゼウスの子だったのです!

彼女はとにかく強い、強すぎる! 飛んでくる銃弾を弾き飛ばし、戦車を軽く持ち上げ、あらゆる武術を身に着けた不死身のウーマン!

アメリカのエンターテイメント誌「Entertainment Weekly」の特集「最強スーパーヒーロー50選」では、アイアンマンやスパイダーマンなど並み居る男性スーパーヒーローを抑え、ワンダーウーマンがダントツの一位を獲得するほどの人気を誇っています。

まさに彼女は史上最強の、ワンダー(驚異)なウーマンなんです!

ざっくりあらすじ

前作『ワンダーウーマン』の1917年という時代設定から60年以上の時代が経過した本作は、前作からの続編というよりも新章ともいえる単独ストーリーになるようです。

本作の舞台は1984年・・・欲望が溢れる資本主義のアメリカ。

ダイアナは、最愛の恋人スティーブを失い・・・一人孤独と向き合っていた

そんなある日、悲しみに暮れるダイアナの前に死んだはずのスティーブが現れる!?

再会を喜ぶダイアナ・・・でもそれが、世界の破滅の始まりとなる・・・。

予告編冒頭には・・・1984年・欲望の時代へようこそ!と大きく表示されます。

そこから、新たな敵である謎の実業家マックス・ロードが現れる!

「誰よりも幸せになりたいか? 私が叶えてみせよう」と、大衆を扇動する男の正体は?

そして、ダイアナを待ち受ける最大の敵・チーターとは!?

予告編のラストでは、額のティアラを外しトレードマークの赤青コスチュームではなく、全く新しい「黄金聖闘士」?みたいなゴールドスーツに身を包んだワンダーウーマンの姿もあり、大きな期待が膨らむ予告編となっています。

スティーブの生き返り理由

前作では、女性だけのアマゾン族が住むパラダイス島に”スティーブ・トレバー”が乗る飛行機が迷い込み墜落し、初めて男性を見た王女ダイアナは恋に落ち、彼が元の世界に戻る手助けをするという内容でした・・・しかしラストでは、スティーブは自らが犠牲となり死亡。

ところが、ダイアナの前に死んだはずの恋人・スティーブが現れる!?

前作で平和のために命を落としたはずのスティーブ・トレバー大尉が、何故70年近く経った劇中でも、当時と同じ姿のままなのか?

なぜ、スティーブは復活したのか? 飛行機が爆発した際に、脱出したのでしょうか?

爆発する前に脱出したとしても、あれから70年近く経過しているのに歳をとっていないようにも見えます? なぜ年老いていないのか??

まだ、本作のあらすじの詳細は明らかになっていませんが・・・マーベルのキャラクターでは死んだはずのキャラクターがよく復活してますネ・・・このパターン??

監督のパティ・ジェンキンスは、一連の謎について「言えません」と述べています。

主演ガル・ガドットと監督パティ・ジェンキンスが続投

前作『ワンダーウーマン』で、オープニング興収&全世界興収で女性監督作品No.1の記録を叩き出したパティ・ジェンキンス監督が再びメガホンを採ります。

再度ワンダーウーマンを演じるのは2009年『ワイルド・スピード MAX』で映画デビューを飾り、『ワンダーウーマン』の世界的大ヒットから一躍時の人となったガル・ガドット。

ガル・ガドットはアクションを見事に繰り広げるしなやかな肉体とその美貌から、女優のみならずファッションアイコンとしても世界から注目を浴びています。

チーターの女優は?

本作ではトレバー大尉、ヒッポリタ、アンティオペは前作から同じ俳優が続投します。

今回新たな顔ぶれとして注目したいのは、チーターを演じるクリスティン・ウィグです。

クリスティン・ウィグは、アメリカの女優でコメディエンヌとしても活躍しています

クリスティンは、2005年から7年間出演した「サタデー・ナイト・ライブ」でブレイクし、それ以降はテレビ番組や映画で活躍するようになりました。

現在は40代ですが美人で綺麗!実にチャーミングで、大人な雰囲気がとてもいいです!

クリスティン演じるチーターは、ワンダーウーマンの最も強大な宿敵であり、作品初期から多数の「ワンダーウーマン」作品に登場するスーパーヴィランです。

チーターに変身したバーバラ・ミネルヴァは、元は熱心なイギリス人考古学者でした。

アフリカの秘境を探検していたとき、チーターの神を呼び出す儀式に遭遇し、人間離れしたパワーと不死身の身体を手に入れようと生け贄の為に仲間だった博士を殺害、その血を飲んで「チーター」に変身を遂げます。

チーターに変身した彼女は、スーパーヒューマンレベルの能力を発揮することができ、するどいツメやキバで戦い、目的の為なら手段を厭わない凶暴性をもっています。

悪役チーターが、どんなコスチュームで登場するのか楽しみですネ!

Sponsored Links

まとめ

アメコミ界・最強美女戦士・・・ワンダーウーマン!

今回の舞台は、欲望の時代1984年!

悲しみに暮れるダイアナの前に、死んだはずのスティーブが現れる?

更に、ダイアナを待ち受ける最大の敵とは…ワンダーで新たな戦いが始まります!

映画『ワンダーウーマン1984』2020年6月5日全米公開(日本公開日は未定)

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)