アンダーワールドシリーズの見る順番と考察・感想!設定や登場人物が複雑すぎる?

月夜をバックにブラックのロングコートとレザースーツの女処刑人!

狙う相手は狼男・・・闇の住人2種族は、今宵も限りない闘いを繰り広げて行くのです。

人気のゴシックホラー・アンダーワールドシリーズは、闇の住人である吸血鬼一族(ヴァンパイア)と、狼男一族(ライカン)の何百年にもわたる闘いを描いたアクション映画です。

アンダーワールドシリーズの見る順番と感想、登場人物を紹介します。

Sponsored Links


美しすぎる処刑人!

主人公のセリーン(ケイト・ベッキンセイル)は、幼い頃狼男に両親を殺されてから吸血鬼の処刑人となり狼一族(ライカン)を狩っています。

セリーンは超人的な身体能力で狼男を狩っていきますが、お互いの能力を発揮した戦闘シーンには迫力があり、美しいヒロインの闘いぶりも本シリーズの見どころとなっています。

ダークな世界観とスタイリッシュアクションに加え、闇の世界に登場する吸血鬼と狼男の闘いを描いた第1作は大ヒットしシリーズ化され、現在まで計5作品が製作されました。

シリーズは、続編ごとにストーリーもアクションもスケールアップされ面白くなっていくのですが、どの作品から見ればいいのかわからない方?の為に順番を解説します。

見る順番と簡単な、あらすじ

シリーズ第1作目・アンダーワールド(2003年)は、現代でのヴァンパイアとライカン(狼男)との闘いを描きながら、両者の争いの歴史を探っていきます。

主人公のセリーンはライカンを追う中で人間のマイケルと出会い、ヴァンパイア側の嘘や裏切りに気づいてしまい、惹かれ合った二人の逃走劇が始まろうとしています。

主役を演じるケイト・ベッキンセイルは2丁拳銃をぶっ放し、ロングコートを翻しながらマトリックス調のスタイリシュな戦いをみせてくれます。

第2作目・アンダーワールド エボリューション(2006年)は、1作目の戦いでセリーンとマイケルはヴァンパイアとライカンの両種族に追われることになり、逃走する2人を最強のヴァンパイアの長老マーカスが追い詰めていきます。

ヴァンパイアの最大の弱点は、太陽の光を浴びると灰になることですがセリーンは味方となったハイブリット種から新たな血をもらい日光を浴びても灰にならない身体を得ます。

前作よりも複雑な要素が減少した分、アクションが多めとなりエンタメ要素充分作です。

第3作目・アンダーワールド ビギンズ(2009年)は、はるか昔のヴァンパイアとライカンが争うようになったきっかけを描き、両者の終わりなき闘いが始まろうとしています。

ヴァンパイアの長老ビクターの娘ソーニャと、ライカンの若者ルシアンは恋に落ちる・・・しかし、異種族同士の恋愛は禁止されていた為ソーニャは掟で殺され、ルシアンの復讐と異種族の新たな争いが描かれます。

狼族のルシアンと、ヴァンパイア族のビクターの最後の戦闘シーンや、レイズなどの登場人物の関係も見どころです。

第4作目・アンダーワールド 覚醒(2012年)の舞台は現代となり、人類はヴァンパイアとライカンの存在に気づき異種族狩り専用の武器を使い、やがてセリーンも捕らえられ研究の為に冷凍状態で監禁されてしまいます。

その12年後に施設は襲撃され、開放されたセリーンは覚醒し自分たちの仲間が人類に狩られている事を知ります。

更に新血種の謎の少女イヴを巡り、人類とヴァンパイアとライカンの三つ巴の戦いが展開されるのでした。

本作の見どころは身体が2倍化した巨大なライカンとセリーンの死闘アクションで、シリーズ最大級の怪物との戦いが描かれます。

第5作目・アンダーワールドブラッド・ウォーズ(2017年)では、セリーンと新血種の少女イヴは両種族に追われる身となり、それぞれが孤独な戦いを続けていました。

だが、ライカン族の新しいリーダー・マリウスがセリーンに奇襲を仕掛けイヴの居場所を聞き出そうとします。

見どころは、北部のヴァンパイア族のアジトにマリウスが攻撃をしてくる戦闘シーンで新たな能力を得て進化したセリーンと、シリーズ最強の敵・マリウスの戦いは実にカッコいいのです。

本作のラストでは新血種の少女・イヴが本格的に戦いに参戦するような終わり方をしています。

設定や登場人物が複雑すぎる?

シリーズのストーリーは、吸血鬼VS狼男という昔から対立しているイメージの中にオリジナリティを持たせるため難解な印象があります。更に、登場人物もどんどん増えてくるので、それぞれの関係性も理解できないまま話は展開していきます。

なので、1作毎にしっかりと観て、少なくても前作もガッチリ予習する事をおすすめです!

シリーズ3作目あたりから全体の流れと筋がわかってきたので、物語の始めを表す3作目“ビギンズ”から観ると複雑なストーリーと登場人物の役割もいくらか理解できます。

本作で本シリーズは最終章のはず!?・・・だったが、続編の計画も!

Sponsored Links

まとめ

タイトな黒のコスチュームに身を包んだ孤高のヒロインは、美しくクールな処刑人。

アンダーワールドシリーズは、ダークな世界観と美しすぎる処刑人の戦いぶりが見どころです。

異種族の抗争を過激でスタイリッシュなアクションで描いた、アンダーワールドシリーズ!   まだまだシリーズは完結していないので続編が楽しみですネ!

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)