梨泰院クラス(9話)ネタバレあらすじ!イソがチャンガにスカウトされピンチ?セロンへの愛はどうなる?

セロイはタンバムを続けるためにビルを購入し、店存続の危機を脱しました。

しかし、デヒに呼び出されたイソはなんの話をしたのでしょうか。

では、第9話のあらすじをご紹介します。

Sponsored Links

『梨泰院クラス 9話』のあらすじは?

チャンガの企業セミナーを主催したチャン・デヒ(ユ・ジェミョン)は、この日、壇上に立ち飲食店の経営について熱弁をふるっていました。

セミナーに参加していたチョ・イソ(キム・ダミ)は、デヒが語った”競争”を取り上げ「小さな1軒の居酒屋が、今のチャンガに勝つことは可能か。」と質問をぶつけます。

その質問に対し、デヒは好意を見せるも自身が居る限り不可能であると断言し、セミナーを切り上げたのです。

セミナー終了後、デヒはパク・セロイ(パク・ソジュン)の強さの源である人とのつながりを崩そうと、帰ろうとするイソを会長室に呼び出し食事に誘います。

食事が終わった後、デヒは「チャンガに来ないか」と誘いますが、イソはその提案を迷うことなく断るのです。

理由を問われたイソは正直にセロイであると告げると、デヒは1年の仲なら薄っぺらい情でしかないと否定しますが、デヒの提案もセロイが理由だと反論するのです。

さらに「タンバムを大きくする自信があります。もしその過程で社長ではなく私が見えたなら、その時また提案してください。」と自信ありげに言うと、デヒは笑いました。

タンバムの法人化

イ・ホジン(イ・デービット)から、税金対策を助言されたセロイはタンバムを法人化することを決め、イソ達に報告し、会社の名前を決めることが必要だとアイデアを募りました。

様々なアイデアが出る中で、チェ・スングォン ( リュ・ギョンス )が『梨泰院クラス』と提案しますが、イソ達はダサいと否定します。

しかし、セロイはキャッチーで良いと賛同し、自由のイメージがあって梨泰院に合っているとイソ達を説得します。

「何を言おうが決めているのでしょう」と不満を漏らすイソですが、セロイから反対するのであれば合わせると言われ、態度を変え賛成します。

しかし、会社名に地名が入ると小さく思われると助言すると、マ・ヒョニ(イ・ジェヨン)がイニシャルにしてはと提案し、『株式会社IC』として設立することが決定しました。

セロイの想いとイソの想い

ある日、ゲイバーのオーナーであるソク・チョン( ホン・ソクチョン )がタンバムを訪れ、移転してから売り上げに悩んでいるセロイに常連をつけることが大事だと助言をしました。

そこにタンバムの常連になったキム・スンリョ( キム・ミギョン )も現れ、相変わらず客が少ないタンバムを見て、どこの店も閉まっていて真っ暗な街では続かないと、早く売って移転することを勧めます。

その言葉にセロイは、空洞化した街を再生すると意思を伝え、翌日から経理団で経営している店を訪れ、看板の修理や、改装の手伝いを始めます。

そんなセロイを発見したイソ達は、行動に理解ができずセロイに理由を問います。

それに対してセロイは、タンバムが生き残るためには街を再生しないと意味がないと説明するが、イソは合わないと呆れます。

それを見ていたチャン・グンス(キム・ドンヒ)は仲間だったら、マネージャーで株主でもあるイソを納得させるべきだとセロイに抗議しました。

セロイとスアの関係

その夜スアと食事に行ったセロイは、グンスの言う通りだと反省します。

イソ達と口論しているところを見ていたスアは、セロイとの間にある障害が増えたと言い、「チャンガの人間じゃなければどうなっていたかな。」と2人の関係性についてセロイに問いかけます。

セロイは、チャンガにいてもいなくても2人の関係はスアが決めることだと返しますが、スアはそれに不満を抱き、告白もしてもらっていないと文句を言いセロイを責めます。

そんなスアに、セロイはすかさず「拘置場で好きだと言ったし、バス停でも告白した。人生をかけた告白だった。」とスアに伝え、さらに「負担に思わず聞いて。いつでもお前次第だ。」と言いました。

その言葉にスアは呆れながらも、「私は金持ちの人が好き」と答えると、セロイは「俺はビルのオーナーだー。そう簡単にはなれない」と自信げにアピールしました。

そんなセロイを見てスアは、嬉しそうに笑いました。

デヒのさらなる妨害、しかし・・・

翌日、チャンガの会長室には、タンバムに食材を納品しているオ・ビョンホン(ユン・ギョンホ)が訪れており、タンバムとの契約を切り、チャンガと独占契約を結ぶよう提案されます。

その提案を拒否するビョンホンに、デヒは情で仕事をするべきではないとさらに説得しますが、ビョンホンは「今はそうでも10年後には成長しているのでは?利益を見越した未来への投資です。」と固い意志を示します。

断られたデヒは、子供を話に持ち出し、よく考えろとビョンホンに言い、帰らせます。

しかし、ビョンホンは子供は親の背中を見て育つと言い、10年前のグンウォンが起こした轢き逃げ事件を担当した刑事であることを打ち明け、「娘に情けない背中を見せるのは1度で十分です。」と告げ退室しました。

イソの策

その夜、キム室長からデヒがイソを欲しがっていると聞いたチャン・グンウォン(アン・ボヒョン)が、イソに会うためにタンバムを訪れました。

イソはセロイに許可を得ると、グンウォンを連れ、近くのカフェへ移動します。

グンウォンにスカウト提案書を渡されたイソは、内容を確認し「悪くない」と感想を漏らし、グンウォンを驚かせます。

提示額がタンバムから得ている金額より少ないことを聞いたグンウォンは、イソに希望金額を聞くも、イソは2億は欲しいと突きつけます。

驚きつつも、グンウォンは2億5000万ウォンにすると言い切り、誰に付くかで人生の難易度が変わると選択を迫ります。

イソはグンウォンの言葉に乗り、セロイの悪口を言い、株がなければ店を辞めていたとグンウォンの意見に賛同し、スカウトを受け入れます。

話がひと段落したところでイソは、「セロイはなぜ常務を敵視するんですか?」と切り出し、セロイとの関係をグンウォンに尋ねました。

その問いに言葉を濁すグンウォンにイソは、「そうだ思い出した。警察で話していましたよね。セロイの父親が常務のせいで死んだって…それが事実なら、凄い方なんですね。」とグンウォンを称え始めます。

負い目を感じていたグンウォンは、イソが善悪の区別がないと聞き、セロイの父親を轢き殺したのは自分であると全てを打ち明けます。

グンウォンが全て話し終えると、イソは話を止めスマホを手にして、音声メモに録音したグンウォンの自白の音声を再生します。

「何のつもりだ」と怒るグンウォンに、「私は社長を死ぬほど愛している。だどけ社長の頭の中にはチャン家のことばかり、嫉妬しちゃうわけよ。ウジ虫みたいなヤツらめ。」とイソは悪態を吐きます。

その言葉に逆上したグンウォンはイソに掴みかかろうとしますが、イソは熱いコーヒをグンウォンの顔にぶっかけ、「だから、私が全員ぶっ潰してやる」と宣言しました。

Sponsored Links

『梨泰院クラス 9話』の感想

梨泰院から経理団へ移転して売り上げが落ち込んだタンバムですが、法人化されました!

フランチャイズ化への第1歩を踏んだタンバムが、セロイの宣言通りに進んでいる姿に嬉しくなりました。

やはりデヒからスカウトされたイソでしたが、迷うことなく断る姿はセロイへの愛を感じましたね。

そして、スカウトされることを利用してグンウォンから罪を自白させるイソは、やはり天才です。

チャンガを崩すために必要だったグンウォンの罪を手に入れて、次はどうなるのでしょうか。次の話が気になって仕方がありません。

Sponsored Links

まとめ

デヒからの妨害を受けながらも着実に進んでいるセロイたち、第9話はいかがでしたでしょうか。

大きい切り札を手に入れたセロイ達がどうなっていくのか、第10話をお楽しみに!!!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)